絶望魔法少女 ~堕ちゆく少女の果て~/エロゲー レビュー

<パッケージ>

<商品概要>

ブランド: HERENCIA
定価: ¥2,800 (税込¥3,024)
発売日: 2016/09/30
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 変身ヒロイン堕落ADV
JANコード: 4995669150608
品番: HER-006
原画: 七G
シナリオ: 亮精類、クイシ

<ストーリー>

桃城桜はある日、幼なじみたちと学園から帰っている最中、化物に襲われてしまう。
しかし寸前のところで、ティオ と名乗る不思議な生物に救われる。

「化物を倒すために、魔法少女になってほしい」

ティオの導きにより魔法少女となった桜は、皆の平和を守るため戦いへ身を投じることを決意する。
――それが、仕組まれた罠だとも知らずに。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
キュウべぇが残した爪痕(影響力)の大きさってほんとハンパねぇな
最近の魔法少女凌辱系の大半が「騙し打ち」前提なのほんと凄いと思います。よほどあれのインパクトが強かったんでしょうね。まぁそうでなくても「騙して悪いが」は昔からよくあるアレなんですけどね、それに「小さいマスコットキャラ」も魔法少女系にはつきものでした。それのイメージを前提から揺るがせたQBはほんと凄いですね。

まぁそれはさておき、魔法少女ものですが相手は怪物と人間で半々くらいでしょうか。BGVに悲壮感が出ている感じがして個人的にはグッドでした。最終的には悪堕ちまでしちゃったり。
往々にして「魔法少女系エロゲー」によくある展開だったのは否めませんが、そこまで似通っているという訳でもなく・・・
魔法少女ものが出過ぎてシチュに関しては飽和状態となっているので、後は中身で勝負なんでしょうね。
「気持ちよくなっちゃダメなのに気持ちよくなっちゃう」系じゃないのは凄いです。ヒロインが痛めつけられていることが多いのでリョナ要素が強めかな、いや強いですね。オーガのシーンとかほんと死んじゃうんじゃないかと思うくらいです。BGVが迫真すぎて辛い。

<オススメ度>
・エロ
 快楽で堕とされるというよりは、「心を摘む戦い」的な心を折りに行く感じが強いです。タイトル通りと言えますね。
最初から快楽で、ではなくまず痛みで心を折り、そこに快楽で付け込むというスタイルです。普通の魔法少女ものよりハードです。
展開そのものは他の魔法少女ものと大差はありませんが、この一点においては自己を確立している気がしますね。
リョナ要素好きな人にはおすすめです、まぁ流血とかくらいで折ったり切ったりとかはないんですけど、ヒロインの声が悲痛すぎて聞いているこっちも「可哀想」と思えるくらいです。

あ、シチュエーションで個人的にかなり好きなのが、某エイリアンのフェイスをハグしてくるあいつみたいなので顔と股間を塞がれて犯されるってのがありまして、それがとてもエロかったです。「逃げられない快楽」的なのに弱いんですよね私。
・その他特記事項
これまで書いている通り、明確にリョナ要素こそありませんが見ていて痛々しい描写は多々あります。それもこれも「絶望」のためと思えば納得できますが「ヒロインには徹頭徹尾快楽堕ちであってほしい」という方は気を付けた方がいいかなと思います。

<サンプルCG>
zetubou1

zetubou2

zetubou3

zetubou4

zetubou5

<総評>
総評としては「まさに魔法少女に絶望を与え、堕とすゲーム」です。堕とす方法は色々なゲームで様々あると思いますが、このゲームにおいては「痛みと快楽」です。これは間違いないでしょう。アメとムチ的な?
的確に心を折りに行く外道スタイルはまさにQBの再来と言えるものではないでしょうか。ほんとアイツが残した爪痕大きいな。

<リンク>
絶望魔法少女 〜堕ちゆく少女の果て〜

絶望魔法少女 ~堕ちゆく少女の果て~