宇宙海賊サラ/エロゲー レビュー

<パッケージ>

宇宙海賊サラ

<商品概要>
ブランド: Black Lilith
定価: ¥2,000 (税込¥2,160)
発売日: 2007/08/31
メディア: CD-ROM
ジャンル: 容赦なし女海賊陵辱ADV
JANコード: 4545291000781
品番: LBK-00036
原画: 瀬浦沙悟
シナリオ: 松本竜、そのだまさき、栗栖
監督: 笹@

サブジャンル : アドベンチャー、アダルトアニメ化
カテゴリ: SF、凌辱、戦うヒロイン、ふたなり


戦乱吹き荒れる銀河帝国に舞う最凶の海賊騎士サラ! 野望に染まる群雄割拠の銀河に、サラを破滅へ導くドス黒い罠が張り巡らされる。白銀の騎士シリアが、退廃の限りを尽くす大貴族たちが、闇の奴隷商人・悪魔の双子が銀河に交錯する時、サラに絶対絶命の窮地が訪れる!!

■容赦なし女海賊陵辱アドベンチャー!
銀河の闇に暗躍する人身売買ネットワークを支配するギーレンの双子が容赦なき非道の責めでサラを、シリアを徹底調教。サラと双子の野望が交錯する!!
調教に屈するのが先か、財宝を奪うのが先か!? 海賊騎士サラ決死の逆転劇なるか!!

■『羞恥』『快楽』『改造』三本柱の調教システム!
調教男爵サディステック双子が海賊騎士を鬼畜商品化!! 施された調教メニューによって変転するサラの過酷な運命は如何に……!?
乳エロス絵師・瀬浦沙悟氏が描く130枚を超えるCG&ビジュアル差分は必見のエロさ☆

<ストーリー>
残虐非道、生血を啜る恐怖の女海賊と呼ばれるサラ・スコーピオンと、正義の騎士、白銀のシリア・フォン・ベルンシュタイン。
対極の存在である二人だが、初めての対面を果たしたその時、シリアはサラが光子障壁<フォトン・シールド>を扱える事を知る。
シリアはなぜ女海賊であるサラが、光子障壁<フォトン・シールド>を扱えるのか興味を持つ。なぜなら光子障壁<フォトン・シールド>は、騎士…つまり銀河帝国皇帝を守護する帝国騎士にしか扱えない力だったからだ。
白銀のシリアは、サラに対抗するべく、帯剣していた、どんなものも切り裂くと言われる光剣<フォトン・ソード>を抜いた。
光剣<フォトン・ソード>は、光子障壁<フォトン・シールド>を突き破る事ができる唯一の武器なのだ。
けれどサラは笑みを浮かべると、シリアと同様に腰の柄を手に取る。するとシリア同様、柄から光りの刀身が発生し、光剣<フォトン・ソード>が現れた。
光剣<フォトン・ソード>の剣戟を防げるのは光剣<フォトン・ソード>のみ。
兵士たちが固唾を呑んで見守る中、二人の騎士の戦いが始まろうとしていた……!

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 黒Lilithはもっとふたなりメインのエロゲー作って、どうぞ(提案)
 ということで、BlackLilithでも割と有名なゲームです。そして珍しくふたなり要素が強めのゲームでもある。ふたなりばっかりという訳ではないのですが、ここまでふたなり要素が前面に出るゲームもLilithでは割と珍しいんですよね。だからこそ年数が過ぎた今でもエロいと感じることが出来る訳でして。
 原画さんが瀬浦沙悟さんということで、おっぱいに関してもふたなりに関しても、ついでにモンスター姦についてもかなり合致したエロさがあるんですよね。同人誌でも割とそういうシチュエーションで描いている人なので自然であると言いますか。
 
 その人気さ故かアニメ化もされた訳ですが、声優さんはゲーム版とアニメ版でちょいちょい違うんですよね、メインであるサラは同じですが、シリア・フォン・ベルシュタインはゲーム版は逢川奈々さん、アニメ版は伊坂ななさんですし。ギーレン姉妹については、ゲーム版は両方とも金田まひるさんですがアニメ版では姉は五行なずなさん、妹は杏花さんです(ぶっちゃけその花シリーズのイメージが強かったので、こういう作品でも声を当てているとは正直思いませんでしたw)

 まぁアニメ化されるだけあって、元のゲームもエロさは折り紙付きです。胸や股間をこれでもかと調教しますし改造もします。徹底的に快楽を教え込み堕落させるのでとてもエロかったですね。ついでにメインの調教役(悪役)がちょっとレズっぽい姉妹ということで「疑似百合展開」も楽しめちゃったり。実際チ○ポで犯されることの多いこの作品ですが、半分くらいはこの姉妹が絡んでくるものですからね。まぁ姉妹からしたらまさに「おもちゃ」ではあるんでしょうけど。

<オススメ度>
・エロ
 シーン数は16、うち半数はふたなりが絡むシーンがあります。内容は「レイプ、逆レイプ、強制射精、搾精」なんかがありますね。特にシリアと一緒に貴族連中に強制的にふたなりチ○ポを搾られるシーンは現在までのLilith系列シーンの中でも上位に来るほどのエロさを持っている、とふたなりスキーな自分の贔屓目ではそう思っています(信憑性ゼロ)
 もちろんふたなりだけじゃなくて、ノーマルなセックスシーンや触手プレイ、モンスター姦などもあります。でもこの作品はやっぱり「おっぱい」と「ふたなり」が見どころかなぁ。
 ちなみに強制搾精のシーン、二人とも16回ずつ搾られています。テクノブレイク不可避。

<サンプルCG>
sara1

sara2

sara3

sara4

sara5

sara6

sara7

sara8

sara9

<総評>
 総評としては「ふたなり好きであればまずプレイして欲しい作品の一つ。単純な調教モノのゲームとしても良いものだった」です。
 正直アニメとは別物(主にビジュアル面)だと思っているので、それぞれに良さが立っている感じがします。原作の方がいい、アニメの方が動きがあってエロい、とは言わず「両方違うエロさがあって良い」ですね。
 最初から最後までたっぷりふたなり、という訳ではありませんが、それでもエロかったです・・・(恍惚)

<リンク>
宇宙海賊サラ

宇宙海賊サラ

宇宙海賊サラ