想聖天使クロスエモーション/エロゲー レビュー

<パッケージ>

公式サイトはこちら

<商品概要>
ブランド: TOUCHABLE
定価: ¥7,800 (税込¥8,424)
発売日: 2016/03/25
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 触手淫辱バトルADV
JANコード: 4935066305225
原画: スミスミ
シナリオ: 黒井弘騎
音楽: HT-Sound
カテゴリ: 戦うヒロイン、触手、凌辱

<ストーリー>
精神寄生体・イド により欲望の枷を外され、欲望のままに暴走する怪物・イドム。
人類にとって脅威となるイドムに対抗するため作り上げられたのは、精神力を力の源とする変身システム “EM(エモーショナル)アームズ” だった。

その最大の特徴は、装着者とそれを取り巻く人々すべての “想い” をパワーソースとして活用すること。
これにより、EMアームズは理論上は無限の力を発揮する最強無敵の変身システム――の、はずだった……。

EMアームズの適合者として選ばれた 2人の少女、天野奈々子 と 四封堂葵 は、
想聖天使クロスエモーション に変身し、イドム相手に華麗な勝利を重ねてきた。

その活躍は様々なメディアを通じて届けられ、人々は彼女たちに大きな声援を送り続けていた。
無敵の救世主に対する人々の信頼、そして可憐な変身ヒロインたちに対する多大な熱意により、
EMアームズは最大級のポテンシャルを発揮していた。

だが、たった一度の敗北、そして凌辱が、彼女たちの未来に大きな影を落とす。

人々から向けられる疑念や不信、そして何より良からぬ欲望の感情はシステムに深刻な影響を与え、
EMアームズは無敵の鎧ではなく、戦闘中にも関わらず欲情してしまう淫らな枷へと変えられてしまったのだ。

だが、それでも少女は戦わざるをえない。
イドムたちの触手に、粘液に、そして暴走した欲望にその身を晒しながらも――
恥ずかしすぎる痴態を衆目に晒し、戦いの最中に人々の淫辣な想いをぶつけられても――

淫らに発情した肉体を必死に奮い立たせ、
想聖天使クロスエモーションは、今日も正義のために戦い続ける――!

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
まず初めに、このゲームはただの選択肢を選んでいくAVGではなく、それに戦闘ゲーム要素もプラスされたものとなっています。
敵戦闘では、こちらは絶頂させられないようにしつつ敵を倒していくという感じですね。しっかりと救済要素もあります。このゲームでは「戦闘難易度変更、戦闘スキップ」があります。
この戦闘も結構エロ要素が強く、色々なバッドステータスを受けたり、何度もイカされたりと、わざと負けさせたくなるくらいです。かなりエロいです。(こういうエロい戦闘があらゆる同人エロRPGに搭載されていたらなぁ・・・なんて)
また「開発度」も見ることが出来ます、割とRPG系よりのゲームと言えるのではないでしょうか。
ちなみに結構ヤられた後の戦闘画像がこちらです。
kurosu1

こちらクリア後なので「開発度自由、無限絶頂モード」を使っています。ちょっとしたエロ攻撃でイキまくりになるので最早手も足も出ません。だがそれがいい。
後はエロシーンに「ふたなり」シチュがあります。やったぜ(対人、触手があります)

<オススメ度>
・エロ
 エロ戦闘要素もありながら、その後の敗北シーンも割と充実しており、結構エロいですね。
 ただボリュームがあるかと言われると、シーン数37、そのうち数シーンは戦闘後敗北、また「浄化」というシーンになります。よって純粋なエロイベントシーンは凌辱系からすると並程度だと言えますね。
 シーン内の密度は結構あるので、物足りないということはないんじゃないかなと思います。(個人的感想です)
・ストーリー
 よくある変身ヒロインものです。正直そこに真新しさがあるかと言われると微妙なので、エロの濃さで勝負という感じなのですかね?周りの人間が主人公がヤられてる時に結構ゲスい感じなので、ヒロイン完堕ちもあります。典型的なヒロピンものということですね。ヒロピン好きならアリです。
・その他特記事項
 戦闘要素とエロステータスを搭載しており、ちょっとしたRPGの様相を呈しています。またそのへんの「RPGにエロイベント乗っけただけ」の量産よりもよっぽどエロRPGしてますし、エロいです。声が付いていなかったとしてもプレイしてたと思います。
立ち絵にアーマーブレイク、エロバッドステータス、戦闘中のエロ攻撃、敗北エロイベント・・・完璧ですね。
欲を出すなら開発度をもっと細分化して「口、乳房、乳首、膣、膣奥、クリトリス(ふたなりになったらち○ぽ)、アナル」くらいして、それに付随する見た目の変更差分とかやったら神ゲーになってたんじゃないでしょうかね。ちょっと惜しい感じです(口惜しいという意味で)

<サンプルCG>
kurosu2

kurosu3

kurosu4

kurosu5

kurosu6

<総評>
総評としては「戦闘エロもある内容の濃いアドベンチャー」です。このゲームは怪物、機械、人間と様々なものにヤられるので結構ボリュームはありますし、エロさも十分でした。
立ち絵差分が豊富だったら・・・エロステータスがもっと充実していたら・・・なんて思うこともありますが、そんな神ゲーは後のお楽しみに待つことにしましょう、という感じです。
<リンク>
想聖天使クロスエモーション 初回版

想聖天使クロスエモーション

想聖天使クロスエモーション

[TOUCHABLE] 想聖天使クロスエモーション