修羅の痴漢道/エロゲー レビュー

<パッケージ>
修羅の痴漢道

公式サイトはこちら

<商品概要>

ブランド: BISHOP
定価: ¥8,800 (税込¥9,504)
発売日: 2016/09/23
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 快楽堕ち痴 漢ADV
JANコード: 4527928000470
品番: BSP-048
原画: 水島☆多也、深泥正、玄野トモアキ
シナリオ: 麿、酒巻雨竜、大津菜美、紺乃瑞樹、勝山龍太郎、ZEQU
アーティスト: 青葉りんご
作詞/作曲: 天乃啓示
カテゴリ: 電車

<ストーリー>

女が淫らにイキよがる痴態に執心し、痴漢の技術を磨いて数多くの女を絶頂に導いてきた主人公。
しかしそのどれもが思い描いていた理想には届かず、自分の痴漢に壁を感じていた。

そんなある日、事故で頭を強く打ったことが先天的にあった脳の腫瘍に影響を及ぼし、
主人公は “他人の思考を読む” ことが出来るようになる。
そして同時に医師から、腫瘍を放置しておくと危険だという警告も受ける。
しかし彼は成功率の低い手術に賭けるより、残された時間で能力を活かし、理想の痴態を見つけ出そうと決意を固める。

駅に戻ってきた主人公は、さっそく能力を使って痴漢を開始。
快感を求める女の心の声、そして胸に秘めていた欲望を暴き出しながらの痴漢によって、女をこれまで以上の絶頂へ導くことに成功する。

この能力を使って強い欲望を秘めた女を見つけ、それを引き出してよがらせてやれば、きっと自分が求めていたものが見つけられる。
そう確信して、主人公はさらなる獲物を求め、痴漢活動を再開するのだった――

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>

 BISHOPの痴漢ゲーです。でもびっくりするくらい堂々と行っているので、むしろ「公開レ○プ」とか「公然の和姦」とか言った方がいいレベルです。それなりのドキドキなスリル感はありませんでしたね。
 セックスされている女性たちは皆可愛い感じでグッドでした、抜きゲーにはもってこいという感じですね。
 BGV再生回想、各イベント回想などなど、実用性に特化しているのはさすがと言えます。

<オススメ度>
・エロ
 気の弱い女、強い女なんか関係なくいやらしく喘がせて、気持ちよくして露出セックスを行う感じです。女性側に嫌悪感が無いと言えばウソになるのですが、どんどんその嫌悪感を削り取られていく様を見ることが出来ます。
 シーン数はさすがです、一人当たり15シーンで、1回あたりの絶頂・射精回数もまぁ多いです。女の子たちはイキまくりですし、主人公のほうも絶倫です。濃いエロシーンが数多くあるのは抜きゲーとして最高ですね。
 
・その他特記事項
 回想関連の手の届き方が素晴らしいです。BGVが聞ける抜きゲーって割と少ないんですよね、あるやつはあるんですけど。
にしてもこの世界の貞操観念というか、公然わいせつ罪が無い世界なんでしょうか・・・w
となりのおっさん、やるべきことは凝視じゃねぇぞと。まぁ邪魔とか3Pとかは無いので女性は独り占めです。これもなんだかんだ嬉しい要素(もちろん見せつけるなどの行為はありました。)

<サンプルCG>
syuratika1

syuratika2

syuratika3

syuratika4

syuratika5

syuratika6

syuratika7

syuratika8

syuratika9

syuratika10

syuratika11

syuratika12

syuratika13

syuratika14

syuratika15

<総評>
 総評としては「痴漢行為を楽しめるかと言われるとそうでもないが、女性の痴態を楽しむゲーム」だと言えますね。
 足がかりこそ痴漢行為ではありますが、エスカレートして行くにつれ、「秘する行為」であるはずの痴漢を堂々と行い、あまつさえ一般市民に分かるようにセックスしているとあれば、これはもう公開露出セックスではないでしょうか。まぁ痴 漢の定義なんて人それぞれだと思いますけどね。
 どちらにせよ、女性がイキまくり、精液で白濁に塗れる姿を見られるゲームではあるので良いものでした。

<リンク>
修羅の痴漢道

修羅の痴漢道 

修羅の痴漢道