ネコノヒメ/エロゲー レビュー

<パッケージ>
ネコノヒメ

ネコノヒメ

1,555円

<商品概要>
ブランド: Lilith
定価: ¥2,000 (税込¥2,160)
発売日: 2006/09/01
メディア: CD-ROM
ジャンル: ネコっ娘イチャつきADV
JANコード: 4545291000545
品番: LBL-00015
原画: 止田卓史
シナリオ: 栗栖
監督: 栗栖、EDEN

<ストーリー>
ある日の夜、主人公の武家美央(たけいえよしひさ)は雨の中倒れている仔猫を見つけた。仔猫はとても弱っている様子で、主人公は次の日まで生きていたら医者に連れて行ってやろうと、仔猫を拾って帰る。そして、その晩主人公は仔猫と一緒に布団に入った。すると……
次の朝、仔猫の姿はなく代わりに全裸の美少女が寝ていることに主人公は驚く。そして一人慌てていると、美少女が目を覚まし、あろうことか主人公に襲いかかり、血をすすり始めたのだ。慌てて突き放す主人公。だが、今度は布団へと押し倒され、強引にも男女の営みな展開になってしまう。その行為が、美少女――媛にとっての初体験となるのだった。
なんと媛の正体は人間ではなく、拾ってきた猫で、猫獣人(びょうのけものびと)という種族のお姫様だった。猫獣人は人間の血や精液を糧としていて、特に精液が一番の栄養源だと言う。そして今、猫獣人は存亡の機に立たされていて、とにかく子供が欲しいという状況らしい。だが困った事に猫獣人は初体験の相手でしか妊娠しない…つまり媛は、主人公以外では妊娠しない身体になってしまったのだ。主人公は姫をそんな身体にしてしまった責任を感じ、行く当てがないという媛を家に居候させることに…。

こうして始まった人間とネコノヒメの奇妙な同棲生活。果たして二人はちゃんと結ばれるのか!?
そして、毎日のように媛に精液をおねだりされる主人公の身体は持つのだろうか!?


■ネコ娘が住み着きました!
ハイパーワガママプリンセス、ネコ媛様との同居生活!?

■お食事は精液です!
メス奴隷に調教したわけではありませんが、もののけだけに人間の精、つまり精液がお食事です☆
たまに血も吸いますが(危険)、やっぱり主人公の精液が一番の栄養源みたいです。

■精液は口か膣で食べるみたいです!
口内膣内射精は当たり前!?
口でもいいはずが、膣出しが多い気がします。
栄養補給はできますが、子宮をザーメン漬けにすると子宝に恵まれそうで大変デンジャラス!?

■媛さまは猫獣人のお姫さまでした!
媛さまの処女を奪ってしまった主人公! 猫獣人は処女を奪った相手としか妊娠できないと聞いてさあ大変!! 責任重大な主人公の運命は如何に。

■食事の方法はいろいろ!? バリエーション豊富なHシーン!
挟めてない微乳パイズリ!?(食事と関係ないのでは!?)、手コキにアナルセックス&顔射!?(食事に関係あるのか!? 口内射精に舌上射精、フィニッシュは中出しetc……!!
110枚以上のCG&ビジュアル差分からなる媛さまの妖艶誘惑なエッチシーンは必見です!!

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 10年前はLilithもこんなゲームを作っていたんだなぁとしみじみ
 もうちょっと後に出てくるような「萌えエロ抜きゲー」「純愛であるけど同時に抜きも担保しているようなゲーム」ではなく、「純粋な純愛ゲー」です。純粋に「萌え」のみを追求したような設定、容姿、あと声優さん(夏野こおりさんです)。
 ストーリーもほんと普通にラブコメしていて、ほんと今のLilithからは想像もつかないくらい感じです。

 もちろん時代が時代のため、今のように「猫耳娘とは」みたいな設定を活かした感じはありません。眼はネコ眼ではないし、舌はザラザラしているというような設定もないし、本当に単純に「美少女+猫耳猫しっぽ」という感じで、それもまた時代を感じさせます。
 
 シーン数も今からすると多くは無いし、エロも厚いかと言われるとまぁそうでもないのですが「なんか良い」んですよね。今は中々無い「萌え」がこれにはあるような気がします。
 ちなみにヒロインの媛ちゃんは某賢狼のような「廓(くるわ)言葉(花魁言葉・吉原言葉とも)」を使います。これまためっちゃ可愛いんですよね。(時期的に原作が刊行され、ちょっとしたくらいなので影響を受けているのかなーとか思いつつ)
 どうしようもないくらいこっちにベタ惚れなのも高ポイント。
 
 そしてなんだかんだストーリーが熱い!主人公は近所の道場で武道を習っており、またその描写が頻繁にあります。それを使う描写も終盤にありますし、ほんと「普通のエロゲー」を地で行っているんですよね。だからこそ良い。

 「えっLilithって孕ませと対魔忍だけじゃねぇのか!」とか「最近ソシャゲーに魂売ってるよな!」とか思う人もいるでしょうが、昔も良いゲーム作ってたんですよ。というか今の技術とエロスとでまたこういう甘々でラブラブなラブコメ作ってくれないかなぁ。出来ればエロよりも恋愛とかラブコメが先行するような奴で。

<オススメ度>
・エロ
 シーン数は8、尺はそこそこです。最近のLilithのように、ラブイチャ系ヒロインでも淫語連発、アヘ顔を晒したり大量の精液に塗れたり・・・ということがありません。誤解を恐れずに言うなら「ちょっと前のNorn」のような感じです。神様とかとラブイチャしてた頃ですね。
 なので「エロだけを期待してプレイする」のは正直お勧めしません、何故かと言えば「今のLilith的なエロさは無い」からです。多少精力も強いですし、女の子も複数回イキはしますがやはり今の激しいエロと比べるとしょっぱいです。
 かえってこういう系の方がいい、という方もいるかもしれませんけどね。何より声が夏野こおりさんですからね。ていうかほんと声変わらんなぁ声優ってすごい。

<サンプルCG>
nekonohime1

nekonohime2

nekonohime3

nekonohime4

nekonohime5


<総評>
 総評としては「今のLilithにはあまり見られない『ラブコメと萌え』が楽しめるゲーム」です。ところで「萌え」ってもう死語なんですかね、最近聞かない。
 今は「萌え」より「かわ(可愛い)」とか「さいかわ(最高に可愛い)」とか、そっちのほうが多いですよね。「○○たん萌え」から「○○ちゃんさいかわ」的な。
 でもこのゲームに相応しいと思う言葉はやっぱり「萌え」なんですよね。なんでだろう。

<リンク>
ネコノヒメ

ネコノヒメ

ネコノヒメ