賢者の贈り妹/エロゲー レビュー

<パッケージ>

※DL版販売です。

賢者の贈り妹

<商品概要>
ブランド: 脳内彼女
定価: ¥5,500 (税込¥5,940)
発売日: 2015/12/25
メディア: DVD-ROM
ジャンル: お兄ちゃんが賢者になるため妹が自分の体をプレゼントするAVG
JANコード: 4571231460773
品番: base-077
原画: あげきち、ぎうにう
シナリオ: 西田一、蒼夜
アーティスト: 湊月あいり with Atsushi
作詞/作曲: 湊月あいり/Kan詰め
サブジャンル : アドベンチャー
カテゴリ: 妹、近親モノ、ラブコメ


賢者を目指そうとしたら賢者タイムを与えられました……
前作 『な妹き!』 に続き、今作も男の娘不在の正統派(?)な妹モノ!
色欲を捨てて良いお兄ちゃんになろうと考えたのに、兄の心 妹知らずな 4人がエッチな誘惑を敢行!
自責と親愛に駆られる妹たちと、断れないお兄ちゃんの淫らな日常が始まることに !?


<ストーリー>
■□■ストーリー■□■
お兄ちゃんはエロ本を捨てた。
パソコンのデータからも、怪しいDVDも、成年マークのついた漫画も、
さらに怪しいブックマークも全て消した。エロゲは全部売りに行った。
それもこれも、自分の趣味が妹にキモがられたことにショックを受けてのことだった。
真面目になろう。オタクな趣味も捨てよう。
妹たちのために俺は真面目なお兄ちゃんになるのだ!

その一方、お兄ちゃんの決意を知らない妹たちは心を痛めていた。
ちょっとからかっただけなのに、予想以上に兄を傷つけてしまったことに罪悪感を覚える妹たち。
こうなったら、自分たちがエロ本の代わりをするしかない!

そんなお兄ちゃんに、勘違いした妹たちの性的なプレゼントが迫る!
果たしてお兄ちゃんは賢者になるのか?


■□■登場キャラクター■□■
【頼りがいのある大物な妹】
●安里 仁葉 (CV:渋谷ひめ)
兄への呼び方:兄上

性格は豪快な武芸者。趣味で合気道をやっている。
長女だけあって、器が大きく何事も受け入れ動じない。
家族との関係に悩むこともあるが、一度決めたら後を振り返らず進む。
学園では女騎士とあだ名される。本人はエロい意味で例えられていると自覚しつつまったく気にしてない。
兄を慰めるためならばと容易に身体を捧げる。
エロ本を捨てる行為に関しては責任を感じて、
真面目にお兄ちゃんに機嫌をなおしてもらおうとするため性奉仕に励む。
生来の思い切りの良い性格が手伝って、必要以上にエロくなってしまうこともしばしば。

「兄上、私を使え!」

【見た目ビッチな気安い妹】
●安里 杏莉 (CV:藤邑鈴香)
兄への呼び方:賢一、お兄ちゃん

兄との関係は、妹というより友人に近い気安い関係。
遊んでいる感じのギャルっぽさはあるが非常に家庭的で真面目。
交友関係は広く浅く、学園でも目立つ女子。
金はモデルのバイトで稼いでいる。
人気はあるらしくけっこうな収入があるがすべて家庭に入れている。
家事も出来て、人望もある優等生。
まったく欠点がないので、兄としては引け目を感じているところ。
基本的に妹と兄はエッチすべきではないと思っているので、妹たちが身体を捧げることは反対だが、
長姉である仁葉が音頭をとっているため止められない。
兄を慰める行為には乗り気ではなかったが、自分が身を乗り出すことで解決しようと躍起になっている。
そのため仁葉とは競争になってしまっている。

「賢一って、意識しすぎじゃないの?」

【腹黒いゴスロリ妹】
●安里 沙羅 (CV:八ッ橋きなこ)
兄への呼び方:お兄さま

知識欲旺盛な毒舌系妹。
幼い頃から病弱で二十歳になるまでは生きられないと医者から宣告されたが今では回復している。
それまで行動を抑えられていた反動か、性格や趣味嗜好が少々歪んでしまっている。
知識量は深く、読書家。兄と長女に対しての突っ込みは容赦ないが、四女の咲はけっこう可愛がっている。
自分の趣味でゴスロリっぽい服をきている。
兄を丁寧語でやんわりとけなす。
立ち回りが上手く、優等生の仮面を被った腹黒キャラ。

「お兄さま、馬鹿めと言ってさしあげますわ」

【反抗期で生意気な妹】
●安里 咲 (CV:相模恋)
兄への呼び方:兄貴

みんなのマスコット的存在。
大人びた姉達に囲まれ自分もいつかはお姉ちゃんたちみたいに!と夢見るが
まだまだ子供っぽいところが抜けきれない。
子供っぽいところを溺愛している兄に対しては、反抗期をむかえつつある。
性的なものに潔癖。
エロコンテンツを隠し持っていた兄を激しく非難したのだが、
後にそれが間違いだと気づいて少し反省しているため未だに兄とは距離感がとりにくい。
悪いとは思っているが素直に謝れない状態が続いている。
姉達が身体を捧げるつもりなら、自分が防波堤になろうと頑張る。

「フケツフケツ!そんなの絶対許さないから!!」

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 お兄ちゃんはシスコン、妹たちはブラコン、これほど美しい家族愛は他にあるだろうか、いや無い!反語!
 作中において「エロいもの持ってるのは普通の趣味じゃない」と言われました。まぁ普通の趣味ではないかもしれません。だが、それでいい!(立木風)
 さておき、脳内彼女の妹とのイチャコラゲーです。最近脳内彼女を知った人は多分「えっ!脳内彼女って男の娘系ゲーム作ってるメーカーじゃねぇの!?」とか言う人も居るかもしれませんが、元々は「妹萌え」を押し出した作品の多いメーカーだったんですよ?妹絶対至上主義とか、そういう感じのタイトルです。
 という訳で、こと「妹萌え」に関しては一家言持ちであろう脳内彼女なので、やはり妹ゲーに関しては良いですね。
武闘派で正統な感じの妹
ギャルっぽい見た目とは裏腹に乙女で、お兄ちゃん呼びするギャップ萌えな妹
物静かでクール、でも腹黒ドSで、でもやっぱりお兄ちゃん好きな妹
ナマイキだけどなんだかんだお兄ちゃんの事を嫌いになれない感じの妹
一口に妹と言ってもこれだけのバリエーションがあり、かつ全員がブラコンという夢のような設定。
それでいて「近親相姦」ネタにありがちな家族との確執とかそういうものもきっちり入れて起伏を作っています。夢で終わらせない。
まぁこれに関しては賛否ありそうですね、あるとリアリティが増しますが、そもそも二次元でエロゲーなのでそこのリアリティは必要かどうか、ということもありますし・・・私はどちらでもおいしくイケるんですけど、無い方がいい感。

<オススメ度>
・エロ
 シーン数は32、ヒロインごとにシーン数でバラツキがあります。ですが「エロシーンの尺」に関してはそこまで差異はありませんし、何より「明確な男女の絡みの無いシーン」も含めての数なので、そこまで気にするほどではないですね。
 またシーン内でも選択肢があります、中出し外出しではなくガチでストーリー分岐に絡む方の奴です。割と珍しい気がします。これに関しても良し悪しですかねー、ただ一方で「兄として、このまま妹の快楽に溺れていいのかどうか」みたいな葛藤を上手く表現出来ている気もしているので、そういう意味では成功しているのではないでしょうか。

 エロシーンそのものに関しても、本番と前戯その他の割合が半々くらいということで、本番ばっかりのバランスを期待していると注文と違うということになるかもしれません。一方「妹とよりイチャイチャしたい、妹を責めたり妹に責められたい」という方にはベストオーダーではないでしょうか。

・ストーリー
 妹の為ならとその身を粉にし働き、尽くすその姿、さらに改心してキレイさっぱりと生き方を改めるその姿、エロゲーとか抜きにしても普通に尊敬します。まぁその後の行動はアレなんですけど。
 もうちょっとだけ女性に免疫があって、もうちょっとだけ心が強かったらまだ助かっていたんでしょうが・・・w合掌。
 そして仁葉のラスボス感が凄い、姉っぽいですが妹です。
 

<サンプルCG>

<総評>
 総評としては「色々な属性の妹萌えが詰まっているゲーム」です。シンプルイズベスト。
 声優さんに関してですが、普段あまり聞かない名前の声優さんが多くてちょっと不安だったんですが、他のゲームだとメイン張ってたりとか、結構色々な作品に出演されてたりとかして自分の見聞の狭さを恥じる思いです。有名声優とかしか知らなくてごめん。

<リンク>
賢者の贈り妹 

賢者の贈り妹

賢者の贈り妹