カーラ The Blood Lord/エロゲー レビュー

<パッケージ>
カーラ The Blood Lord

<商品概要>
ブランド: Anime Lilith
定価: ¥3,200 (税込¥3,456)
発売日: 2012/06/01
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 吸血女王洗脳動画ADV
JANコード: 4545291003423
品番: LPK-10008
原画: カガミ
シナリオ: 栗栖、ナオト0083(サブシナリオ)
音楽: 溝口哲也
アーティスト: 舞子
監督: 笹山逸刀斎
作詞/作曲: 六弦A助(六弦アリス)

サブジャンル : アドベンチャー、アニメーション
カテゴリ: 吸血鬼、戦うヒロイン、催眠・操り


■吸血女王洗脳動画アドベンチャー!
 ヒロイン洗脳攻略分岐を搭載! 本丸カーラをメス豚に堕落させて復讐の地獄を見せるためには彼女を護衛する強力なヒロインたちを先に陥落させる必要があります。
 プレーヤーは主人公グラムとなってカーラに仕える褐色の吸血鬼騎士マリカか、人の身で魔を狩る吸血鬼ハンター東のどちらを攻略するか選択するなど、様々な場面で選択肢をチョイス、そして様々なエンディングが発生します!

■『蟲』の禁呪によって、気高きヒロインたちに凄惨な洗脳調教を施してゆく♪
 グラムはヒロインたちの体に密かに蟲を侵入させ、彼女たちが知らずに日常を過ごしていく中で凄惨な洗脳調教を施してゆく。最強の吸血女王を守る強力なヒロインたちが蟲による洗脳支配に堕とされてゆき、ついにカーラの高貴な肢体に邪悪な復讐の魔の手が迫る……!?

■アニメモード/CGモードに切り替え可能!!
 過激Hシーンを動画で楽しんだり、いつも通りじっくり美麗CGで楽しんだり。
 あなたのお好みでコンフィグ切替可能!!
 さらに深化を図るアフターエフェクトアニメーション! 
 アニメモード独自の演出により、エロス重視で美麗に、過激濃厚に動く!!!

■CAST
 吸血鬼の女王 : カーラ・クロムウェル  ももぞの薫
 カーラの腹心 : マリカ・クリシュナ  御苑生メイ
 吸血鬼ハンター : 神村東  中野志乃
 結界師 : 上原北絵  雨津さえ

<ストーリー>

人と吸血鬼の暗闘も過去となり、美しき吸血鬼の女王・カーラの親政のもと、人との融和が成されようようとしていた。
そんな中、人を家畜と見下し、人との融和に強硬に反対するカーラの伯父である主人公・グラムは、
禁じられた 人を商品とした闇ビジネスに手を染めていた事が発覚し、カーラの手によって粛清されてしまう。
辛くも一命を取り留めたグラムは自らの身体を “蟲” で蝕みながらも、カーラへの復讐と復権を企み、人と吸血鬼との歴史的融和が締結されようとする運命の地、日本へ潜入する!

“蟲” の禁呪によってカーラに与する気高きヒロインたちを陥れようとするグラム。
グラムはヒロインたちの身体に密かに蟲を侵入させ、彼女たちが知らずに日常を過ごしていく中で凄惨な洗脳調教を施してゆく。
最強の吸血女王を守る強力なヒロインたちが蟲による洗脳支配に堕とされてゆき、ついにカーラの高貴な肢体に邪悪な復讐の魔の手が迫る……!?

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 やっぱ人体改造系のエロゲーを・・・最高やな!
 特にクリトリス肥大化とかそういうの好みです。ただし二次元に限る。
 人間より強い存在を薬とか催眠とかで屈服させるお話です。こちらのゲームは「アニメーション」が付いていますが、ついていないシーンの方が多いのでアニメーション目当てでプレイするなら他の作品の方がいいかもしれませんね。
 とにかくLilith系エロゲーのいいところとしては「これでもかと射精され、イカされ、白濁に塗れ堕ちていく描写」ですよね。Black系列だけかと思いきや、純愛系でもこういう感じになっててちょっと面白い。
 1にも2にも「実用性」に特化したようなエロがウリのLilith系列ゲームですが、今回も御多分に漏れずエロいです。またこの作品は、極度の快楽で堕とすだけでなく、薬やらで精神をぐずぐずにして堕とす方向でもあるので「凛々しい女性たちが薬物で強制的に堕とされるのが見たい」という人にはうってつけでしょう。
 Lilithのエロへの方向性としては「今まで感じたことのない快楽で堕とす」のは共通としても「改造・洗脳による精神からの攻略」「直接的な快楽の暴力による屈服」かの二種類のスタート地点があると思っています。前者は特に「BlackLilith」系列に多く、後者は「Lilith」系列に多いと言えるかもしれません。ぶっちゃけ道中とゴール地点が同じ「快楽堕ち」なので、キャラや声優が違えど辿る道が似通ることは多いんですよね。だから差別化が難しい。

 ただ今回は特に私が良いなと思った点として「着衣状態でのセックス」があるんじゃないかなぁと思います。メインのカーラはともかくとして、東あたりの「ジーンズを着た状態でチャックだけを下してその隙間から挿入する」とか、ちょっとフェチズム感じました。他にも「股間部分だけを破いてセックス」とか「エロい水着の上からクリトリスをムチで叩く」とかの「着衣とエロを絡めたシーン」が多くて個人的にとても良かったです。
単純な着エロとはまた違うのかもしれませんけどね、というか着エロの定義がまだちょっと分からない俺。
 

<オススメ度>
・エロ
 シーン数は26、うち5シーンにおいてアニメーションが完備されています。ただピストンとかが声に比べてゆっくりだったりする部 分もあるので、あまり期待しないほうがいいかもしれません。
 ヒロイン皆巨乳でお姉さんっぽくてカタブツって感じの女性ばかりです、そんなのがゲーム進めるにつれて顔とか身体を汁でぐちゃぐちゃにしながら喘ぎまくるっていうのがもうエロいですね。後半の堕ち切ったシーンよりも、前半中盤の堕ちる手前で抗っているくらいのシーンのほうが実用性があるような気がします。
 そして何より「クリトリス改造」これです。これがまたエロい。別に私がふたなり好きでとかそういうのも無い訳じゃないんですけどね?でもやっぱ暴力的な快楽と人体改造は付き物でして。
 何度もイカされて小指大まで大きくなったクリトリスをこれでもかとしごかれて絶頂するカーラがこの作品の中でもトップクラスにエロいです。  

・その他特記事項
 ほんと1シーン1カットだけですが、スカトロシーンがあります。カーラの尊厳を破壊するために部下の前で強制的にクソを出させられるという感じです。ぶっちゃけ白濁でそこまで見えてないのと、それ以上の描写が無いので苦手だったとしても問題は無いような気がします。
 

<サンプルCG>

<総評>
 総評としては「凛々しい女性たちが極度の快楽によって強制的に堕とされて行くゲーム」です。「イキたくないのにイク」というのは最早Lilithの十八番ですね。
 ただアニメーションを謳っている割にそこまでのリソースが割かれていないのでちょっと残念。実際はアニメーション無くでも十分エロいんですけどね。

<リンク>
カーラ The Blood Lord

カーラ The Blood Lord

カーラ The Blood Lord 通常版