カノジョ*ステップ /エロゲー レビュー

<パッケージ>

<商品概要>
ブランド: SMEE
定価: ¥9,250 (税込¥9,990)
発売日: 2016/09/30
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 学園恋愛ADV
JANコード: 4573211465013
原画: カノジョ*ステップ制作部
シナリオ: カノジョ*ステップ制作部
アーティスト: 佐々木詩織
作詞/作曲: 永原さくら/ウミガメ

<ストーリー>
季節は春。

もう何度目か忘れてしまった引っ越しを経て、俺はこの度、婆ちゃんのやっている民宿に住むことになった。
窓を開ければ田んぼが広がり、裏口を出ると そこは山とも言える深い雑木林。
当然周囲にコンビニはなく、虫が苦手な俺にとって ここは間違いなく田舎と呼ばれる秘境だった。

一緒に越してきた姉さんによれば、引っ越しは今回で最後。
学園もこの町で卒業し、その後家を出るならそれも自由。
つまり、今まで諦めていた恋をするチャンスが巡ってきた。

「恋は受け身じゃ始まらない」

俺はこの田舎町で、人生初の恋をする。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
いやーいいゲームだった、主にギャグとイチャイチャが。
最初は物語冒頭で「石関工業」というところが開発に出てきて云々ということで「あっこれが物語のメインになるのかな」とか思っていたら速攻で解決し、普通に日常が始まってしまい「これ物語に起伏とかあんのかなぁ」とか考えていました。実際は1日ごとに小さなストーリーが展開し、解決し、個別に入ってからはそれらの積み重ねが大きなメインストリームになっている、とそんな感じの構成でしたね。椎名先輩で言うなら「その立場と性格」みたいなのを攻略段階で小出しにしつつ、メインルートに入ったらそれらを物語の焦点にする、みたいな感じです。作り方が上手というか丁寧と言うか、実際はどうか分かりませんが私はそう思いましたね。

あとギャグパートの勢いで笑わせるスタイル、嫌いじゃないわ!初手鳥取県disは初代デジモン映画の「鳥取にパソコンなんてある訳ないじゃん!」あたりから来ているんだろうなぁとか、主人公の祖母であるウメおばあちゃんがあまりにもアグレッシブすぎて印象に残りまくるとかあります。
個人的には「精子観察キット」のあたりが大好きです。腹抱えて笑いました。サブキャラがギャグ一辺倒になるってのはよくあることですが、メインキャラも絡んで行くあたりがSMEEクオリティですね。全員良いキャラしてました。

まぁあと個人的に気になるだろうところが「エロ」だと思うんですが、これも個人的には満足できる感じですかね。個別ヒロイン各4シーン、初めてのシーンはちょい薄め、2-3で濃くなってきて4シーン目でドエロ全開みたいな感じでした。椎名先輩可愛すぎんよ。

<オススメ度>
・エロ
 他のゲームと違い、淫語を隠すことはありませんでした。まぁ現実にピー音とか聞こえてくる訳ないしな!文量はそこまで無いですが発言自体はあります。 
 個人的には、好きになったヒロインがエロエロになっていくのでエロさはかなりあると思いましたね。そりゃ抜きゲーには負けるかもしれませんけど、普通の純愛ゲーの範囲内からすると結構エロいんじゃないでしょうか(それでも最近はゆずとかクロシェとかの影響か知りませんけど、結構エロシーンに力を入れる純愛ゲー多いですから、実際はなんとも言えませんけどね。)
 シーン数はぶっちゃけ普通です、アフターにもう一個か二個くらい欲しかったなぁという感じ。
・ストーリー
 まさに「カノジョを作るためのステップをしていく」ストーリーです。終始主人公がメインになります。それはヒロイン個別に入ってもそう変わりませんでしたね、主人公がヒロインのために頑張り、ヒロインがそれに応えていくという感もありました。この点においては他のゲームとちょっと違うのかもしれませんね、普通個別に入ると視点は一気にヒロイン側に持っていかれることもあるので。
 軽い伏線関連が回収されているのかいないのか、ということについてはちょっと気になるかもしれません。全部まるっきり攻略中に解決して完全ハッピーエンドになるという感じではなく、エピローグでサラっと「そうなりました」くらいの勢いで回収されます。
ギャグに関しても、多少の強引さは勢いで乗り切ってしまうので「これで本当にいいのか?」と言われたら「これでいいのだ」とかいう感じです。いいのかそれで・・・w
 教室内で鍋パやり始めたきっかけとか、そういうどうでもいい伏線も回収して欲しかったな、というのは正直な感想です。
・その他特記事項
 一応メインヒロイン以外に一人ルートがあります、ヒロイン選択画面で???を追うといいでしょう。
個人的には作中で出てきたキャラ全員のサブルートがあったらすげぇなーと思ったんですけどね。そういうと私は割と「StrawberryNauts」に心酔してますね・・・wまぁ主人公はエロいことをしたいのではなく彼女欲しいで行動しているから、それをやるとただのサルになってしまうということなんでしょう。それはそれでいいと思います。

<サンプルCG>
kanosute1

kanosute2

kanosute3

kanosute4

kanosute5

kanosute6

kanosute7

kanosute8

kanosute9

kanosute10

kanosute11

kanosute12

<総評>
 総評としては「笑えるラブイチャエロゲーをやりたければどうぞ」という感じです。
この三者が同居しているゲームって早々無いんですよね、私の笑いの琴線とこのゲームの下品だったり勢いで笑わせてくるギャグが奇跡的に合ってしまったということもあるんでしょうけど。
 ちなみに公式などにあるキャラ紹介、参考になるようで参考になりません。いい意味で期待を裏切りますねほんとw
私は椎名先輩の面倒な感じ(もっと私に構いなさいよ的な感じ)がたまらなく好きですが、他のキャラも含め、登場人物が皆一癖ある魅力的なキャラで構成されているというのも良作と言えそうな要因のひとつでしょうね。

<リンク>

カノジョ*ステップ 

カノジョ*ステップ