女装学園(妊)/エロゲー レビュー

<パッケージ>
女装学園(妊)


※ダウンロード販売です。

<商品概要>

問題は付いてるか付いていないかじゃない、ペロペロしたいか否かだ!
男の娘ワールドを開拓し続ける無二のエロゲーブランド・脳内彼女!
その最新作は、一見普通の男女共学の学園に見える “男子校” を舞台とした純愛ADV。
今まで女の子だと思っていた憧れのあの子もその子も、全員が全員 “男の娘” だったという衝撃の事実ッ!!
果たして主人公はつまらない常識を捨てて、彼女たちを愛し、愛されることができるのか !?
いざ、合言葉は 「男の娘は妊娠できるんだよ?」。

<ストーリー>
ごく普通の学園に通っていると信じて疑わなかった。
いつもの日常、いつもの景色
だけどそんな常識は学園長の一言で唐突に崩れ去った。

「実は我が校は男子校です!」

可愛いと評判の部活の後輩も
美人だけど怖い感じの不良の先輩も
そして……告白してくれたあの子も……
みんなみんな女の子じゃなくて、男の娘だった!

■□■ストーリー■□■
それは唐突に告白された。
近づくことも出来なかった。遠くから見ていることしかできなかった。
そんなクラスメイトのお嬢様、高幡葵。彼女は仰ぎ見ることしかできない高嶺の花。

『好きです、付き合ってください!』

夕暮れの教室に、振り絞ったような声が響く。
まさか、自分が告白されるなんて……
確かに最近やたらと学園内でカップルが出来上がっているが……まさか自分にお鉢が回ってくるなんて……
でも、俺がモテるわけがない。よって、これは罰ゲームに違いない!
混乱した主人公は逃走、そしてあくる日の朝、
朝礼の場で学園長から唐突に告げられる真実。

「実は、わが校は男子校です!!」

それはありえない一言だった。
可愛いと評判の部活の後輩も、
美人だけど怖い感じの不良の先輩も、
そして……告白してくれたあの子も……
全部全部、彼女ではなく彼氏だった!

これは男の娘が妊娠する可能性が存在する、ありえるかもしれない未来のお話です!!

■□■登場キャラクター■□■
【純粋培養のお嬢様男の娘】
●高幡 葵 (CV:蒼衣ハル)
主人公のクラスメイト。
世間から隔離され完全に男の娘として育てられているため、
男の娘と男は結婚して子供を産むものと認識している。
主人公の理想の女の子だったが男の娘であったことが判明。
以降、主人公は好きだけど男の娘というジレンマに葛藤していくことに。
一方の葵は自分の常識に絶対的な自信をもっているため、
主人公の葛藤に配慮することなく、積極的に迫っていく。

【ちょっと不良な年上幼なじみ男の娘】
●住山 暁 (CV:唯香)
先輩の不良っぽい男の娘。
実は主人公の幼なじみ。
かつて主人公にとって男の憧れのような頼れる兄貴分だったのだが
今はすっかり女の子らしくなっているので主人公は複雑。
男の心を残している暁は女装に関してはかなり不本意。
学費免除など優遇されるためイヤイヤ女装している。
今回のカミングアウト事件でようやく自分の正体を告げることが出来てほっとしている。
昔と変わらない男子として近づいていくのだが腕組みされたりすると、
主人公はかなり女の子として意識してしまう。
最終的に自分が男の娘であることを自覚して男姉ちゃん(おねえちゃん)として覚醒。
主人公の下半身のお世話をしようとして乗り込んでくることに。

【後輩の女装ビッチ】
●瀧口 伊月 (CV:椎那天)
後輩のビッチキャラ。
女の子っぽいと苛められて不遇の幼少期をおくるが、
自分にある天性の男ころがしの才能に気づき、ある日覚醒。
過去の惨めな自分に復讐するかのように今を楽しんでいる。
男の娘としての容姿を巧みに使って人生を楽に渡っていくのが目的。
主人公とは同じ茶道部に所属。
真面目に部活などする気はなく、いつも不真面目な態度を主人公に叱られているが
まったく気にしていない。

>>レビューの

※注 女装非処女です。

<実際にプレイしてみての感想>
 学園長「実は・・・この学校は・・・男子校なのです!」
 主人公「はああああああああ!?」
 学生B「それじゃお前ら・・・男と付き合って」
 学生D「男じゃない!男の娘だ!」
 学生E「お前らが動揺するのも分かるが・・・これはこれで素晴らしいものなんだよ!」
 学生D「そうだ、俺たちは新しい恋愛をしているんだよ!」

 この流れほんとすき、頭おかしくなりそう

 前作、またその前は、なんだかんだ言って「主人公だけが狂人扱い」みたいなもんでした。狂人とは違うけど世間一般からしたらそうで、それ故に画面のこちら側の男の娘スキー達が静かに同意をしてたもんです。
 それがなんだこの世界は!登場する奴らが大体俺たちじゃねぇか!俺も行かせろようおおおおおおおおおおおおおお!
 
 まぁなんだかんだ言えば「理想郷」ですよね。
 ということで脳内彼女の男の娘シリーズ第3弾にして色々世界線の変わった世界でのお話です。

 もう三作目ということで色々はっちゃけてますね、あいつもこいつもノンケじゃなくなって、女装非処女ビッチとかいう新しい用語まで生み出して(でもなんだかんだ女装して男を食う男の娘ネタってそこそこありましたよね、でも処女ってなんだよ(哲学))、さらにはかつて男だったキャラが、男の娘として転生しているという衝撃的事実!
Ω<男は潜在的に誰でも男の娘になれるんだよ! な、なんだってー!!!>ΩΩ Ω

 まぁ一見するとバカゲーではあるのですが、内容はすっごい恋愛ゲーしてるのがまたいいですね、普段の会話も小気味よいテンポで進みますし、エロシーンはしっかりとエロいですし(女装とか男の娘とか関係なくエロいシーンが多数あります)

  前作のレビューで「バイブル」とか「入門書」とか書きましたが、ある意味こちらの方が「入門書」としては正しいかもしれません、何故なら「男の娘についての基本的説明(脳内彼女Ver.)」が作中にあるからですね。

 今まで自分の正体を隠して男女として学業の場で共同生活をしていたのが、もし「男子校だった」とカミングアウトされたら・・・?という題材だけでもう面白いので、男の娘をよく知らなくても、耐性が無くても、気になるならいっぺんプレイしてみることをオススメします。純粋培養の男の娘だけじゃなくて、そんな自分に違和感があるキャラも攻略出来て楽しかったです。

<オススメ度>
・エロ
 「そうです。知ってますか健人さん?一般的な女性よりも、男の娘のほうが、オチ○ポ扱いは慣れているんですよ?」 ←この言葉狂おしいほどエロい。まぁそら自分にナニ付いてるからそうだろうよ。
 こういう感じのフレーズがところどころに出てくるのですが、なんとなく理解して納得してしまう自分が怖い。

 シーン数は22、一人当たり7シーンにハーレムが1シーンですね。もちろんボテ腹シーンや逆フェラシーンも完備、ただなぜか逆手コキは無いんですよねぇ・・・あってもいいと思うんですよね逆手コキ。普段から自分のを扱いているからツボとか分かるんだぜ的に逆にご奉仕してあげるような体でシーン入れてもいいと思うんですよね。
 というかいっそ吹っ切れるのであれば「手コキ、フェラ、オナホコキ、ローターバイブなどのおもちゃ責め、前立腺責め」とかいろいろあるので、抜きゲー特化にするなら是非この方向性でもオナシャス!センセンシャル!
 
 ちなみに原画はいつものあおぺんさんではありませんが、違和感なく男の娘も描けていると思います。ていうか尻がむっちりしすぎてエロい!ほんといいとこどりだな男の娘って。
 
・ストーリー
 この世界はおかしい(いい意味で)。何より既に「男の娘から生まれた男の娘」が存在しているという圧倒的事実に草を禁じ得ないんですがそれは・・・
 もう(女いら)ないじゃん・・・
 全体的に「ノーマルだった主人公」と「ノーマルではないそれ以外のセカイ」との対比、ギャップを楽しめる良いストーリーでした。
 笑い(主にシュールですけど)とかもあって中々普通に面白いという事実。
・その他特記事項
「ぼくたちは男と男の娘は恋愛できると、何度も言い続けるAVG」
次は世界の中心で叫びそうですね。嫌いじゃないわ!

<サンプルCG>

<総評>
 総評としては「前々作がバイブル、前作が入門書ならば今作品は・・・ずばり『指南書』だ!この機会に君も是非こちらの世界においでよ!」です。おいでよ(念押し)
 個人的には暁(アキ)が一番見ていて面白いし、エロかったしで最高だったかなと思います。純粋培養の男の娘たちなどと違って「その変化の過程」が見える分、余計にそう思えるんだと思いますね。そして「男姉ちゃん」の響きがヤバイ。頭おかしくなりそう。
 
 これまでの作品ではあまり出てこなかったタイプの男の娘が二人もいるので、新鮮な気持ちで楽しめると思いますね。

 余談ですけど葉月って白○のシャルに似ていますよね・・・赤と緑のオッドアイってだけじゃなくてその後の変化も含めてあのミコさまによく似ています。覚醒の時の眼の色だけ違いますけどね。
 

<リンク>
女装学園(妊)

女装学園(妊)

女装学園(妊)