女装山脈/エロゲー レビュー

<パッケージ>
女装山脈

<商品概要>
ブランド: 脳内彼女
定価: ¥3,800 (税込¥4,104)
発売日: 2011/06/17
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 男と男の娘はHできるんだよADV
JANコード: 4571231460445
品番: base-044
原画: あおぎりぺんた
シナリオ: 西田一、芳井一

サブジャンル : アドベンチャー
カテゴリ: 田舎、女装、男の娘、ラブコメ


トンネルを抜けるとそこは女装の村だった!
ヒロインは純度100%の “男の娘” のみ!
脳内彼女が打ち出す最新作は、閉鎖的な山奥の村で男の娘たちに囲まれ、誘われ、エッチして妊娠までさせてしまう、男の娘スキー垂涎の恋愛ADV。
完全に女の子として育てられたヒロインたちは、神の使いだと信じる主人公に積極的なご奉仕と誘惑を仕掛け、その純潔(?)を捧げることに。
最初は本能と理性のせめぎ合いに苦悩する主人公も、段々とヒロインたちの魅力に気付き溺れていく。

この村では男と男の娘の間に子供ができるのは当たり前!
「キミたちが何を言っているのかわからないよ」 という人も、本作をプレーして “男の娘”の魅力に目覚めようッ!!

<ストーリー>
文明の及ばぬ山間にある小さな村。
数百年前、その村では疫病で多くの若い男子が亡くなり、絶滅の危機に瀕した。
それ以来、疫神が若者の魂を持っていかないように、男の子が女子の格好で過ごす習慣ができるようになる。
そして現代。
なおもその因習は受け継がれ、ヒロインたちは女の子として成長し、男としての自覚を教えられず生きていた。

そんな村に迷い込んだ主人公は、ヒロインたちが初めて見る下界の男。
女の子たちは初めて見る男に興味津々で、積極的にアピールしていく。
さらに村人たちは主人公を伝説の神の御使いだと信じ込んでしまい、主人公は厚遇で村に迎えられることに。
帰ろうにも、道が雨で崩れてしまい通行することは出来ない。
主人公は村での滞在と、いっそのこと女の子と結ばれて永住してみてはと勧められるのだった。

女の子が苦手でまともに喋ることもできないシャイな主人公だが、この村の女の子たちは不思議と自然に接することが出来る。
この村で嫁さんをもらって、骨を埋めるのもいいかもしれない……
しかし、それは大いなる幻想にすぎなかったのだ。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 早々にキノコ食って死んだヤツwwwww
 →俺です(真顔)
正直biim兄貴ネタとこっちでどっちを最初に書くか悩んだのは内緒。
 
 と言うわけで「女装男の娘ゲー」です。わしの性癖は108式まであるぞ。
 まず「男の娘」とは何かについて説明しよう。「男の娘」とは、性別的には男でありながら、性格や立ち居振る舞いなどの基本的生活動作のほとんどを「女性のように」過ごす生物である。また「孕める」(小嘘)。
 とまぁネタはさておき「ふたなりとの違い」についても少し説明しましょうか。ふたなりのみ、また男の娘のみが好きな人からすると「テメぇそれらは別モンだっつってんだろうが!」とキレられるかもしれませんが、私としては「非して似ているもの」だと考えているので、私見を交えて説明していきます。
 まず前提条件として「似ているとした場合の男の娘・ふたなりの容姿条件」を設定しておきましょう。これをしておかないと、両方で齟齬が発生する恐れがありますのでね。
 
 1.身体が全体的に女性的、または女性である(ふたなりは基本「女に男のものが付いている」と設定します。逆は俺も無理)

 2.男性器が付いている(基本ふたなり側は「クリトリス」が成長した状態である、という感じでクリトリスの代替品としてついていることが多い。睾丸については付いていても、付いていなくてもどちらでもいい、射精できるということが重要。)

 3.可愛いこと(容姿的にね、ただ『ショタ』と男の娘についての差別化は基本難しい。個人の定義によるんじゃないかな?)

という感じで、これらの設定「以外」のふたなり、男の娘は基本的に「全く違うもの」でしょう。例えば男の娘側なら「シーメール(SheMale、彼女はメイル=男ということ)」は男の娘とは違います。まず「ゴツい」、女性的な丸みがあまりありません、あとシーメールとした場合、3次元の人間を指すことが多い気がします。男の娘は幻想だからね、しょうがないね。
 またふたなり側でも「巨根」や「大人のお姉さん、おばさんキャラ」にチ○コがついている場合は、可愛いというよりかはキレイ系とか、やはりゴツイ感じがしますよね。あと巨根も可愛いかと言われると微妙。凶悪ですし。

 という前提条件のもと(めっちゃ制約加えてますけど)「ふたなりと男の娘がなぜ似ていると言えるのか」について簡単に説明します。
 まず「容姿(ルックス)が女性のため、基本的に性的に女性として扱えることが多い」ことですね。ふたなり側は言わずもがな可愛い女性です。一方男の娘は男ではありますが、見た目においては「可愛い女性」であります。中性的じゃないんです、女性的なんです。中性的と言われるとまた「カマっぽい」感じがして「男の娘」とは一線を引きますね。例えばですが、エロゲーキャラによく出てくる親友ポジに多いです。あのポジションは「ガッツきすぎて嫌われる系男子」か「中性的な見た目の男子」が選ばれることが多いですよね。どちらも主人公と対比するため、便利枠などですけど。

 次に一気にエロ話になりますが「未知の快感に翻弄される描写が多い」ことでしょう。ふたなりは基本「そうされてしまうこと」が多いので、男性器の愛撫や射精という未知の快楽に翻弄される描写が多いです。
 一方男の娘は「なんだかんだ男なんだからそんなことはないだろう」と思われがちですが、基本ケツを差し出すので、こちらも未知の快楽に翻弄されることが多いです。アナニーしてるなんてキャラも居るかもしれませんが、それでも生のチ○コを挿入されると「何これぇっ・・・!こんなの知らないぃっ・・・ぃひぃっ!」的な感じになりますよね?ね?(威圧)
 
 最後に「どちらも倒錯的である」ということでしょう。ここで「倒錯」とは何か、よく使われるが具体的な意味知らないというみなさんのためにまずは意味を説明しましょう。
 「倒錯とは、 社会的な規範から外れた行動や嗜好を示すことである」ということ。まぁつまり「現実的でないものにこそエロがある」ということです。
 つまりここで私は「現実にふたなりや男の娘は存在しない」と、まぁ言ってしまえばそういうことを言ってしまう訳なんです。ここでツッコミが入るでしょう「Xtubeとかでアナニーしてイキまくる配信主とか結構おるで」と。まぁ現実にそういう人は居ます。顔出ししてまさに晒しながら射精かます人もいます。そう言われるとこちらも余り反駁は出来ないのですが。でもそういう人って朝起きてから夜寝るまで、家を出てから帰るまで、ずっとそういう「立ち居振る舞い」をするんでしょうかと。確かに身体はもうケツイキしか出来ない「男の娘ボディ」だとしてもですよ?女装して出かけて、まるで女性のようにとまでいくんでしょうか?いや分かりませんけどね。そんな人が「身の回りに居ない」ので。
 とここで重要ワード、そう「身の回りに居ない」んです。そんな人、画面の向こう側なんですよ、三次元であろうと。オフ会の話を出されるとまた困るのですが・・・まぁそういう意味で「全く現実的でないからこそのエロス」が双方にはある、ということです。

 簡単に言っちまえば女の子もしくは女の子風の男の子が容赦なく射精させられちゃうその姿に性的興奮を覚える倒錯者なんですけどね。
 でもなんだかんだ自分とそのキャラを重ねたりとかしない・・・?しないか。

 あっやっべゲームに全く触れてない。
 「身体は男、心は女」な男の娘たちとイチャコラして最終的に子作りするファンタジーなストーリーがウリのゲームですね。子宮ってなんだよ(哲学)
 ヒロイン(?)達は見た目も心も乙女です。違うのは下腹部だけ。胸も貧乳だと思えばもはやふたなりとの違いは微々たるものです。違うものってわかってるんですけど、入口は「ふたなりに似てるなぁ」だったんでその名残かなぁ・・・。
 正直言って説明するのが難しいんですよね男の娘。「男性として自分を自覚している方」かしていない方でもだいぶ違うのですが、どちらにせよ「特殊なエロス」があるというのはマジです。ほんと不思議なジャンルです。

 まさに「二次元が産んだ怪物」です。この形容しがたい何か、こそが男の娘の魅力かもね。女の子みたいなのに男の子、男の子の身体なのにそれ以外の一切が女の子である・・・と。
 二次元ならそれが可能ですからねぇ、貧乳女性を描き、股間だけをおにんにん化するだけで男の娘の完成ですし。ショタとも何となく違いますし・・・。あかん混乱してきた。ここまでにしておこう。
 
 
<オススメ度>
・エロ
 シーン数はハーレム含めて28です。シチュエーションとしては普通のエロゲーにあるようなものばかりですね。フェラ手コキセックス孕ませ・・・うん何もおかしくはない。また「男の娘側のアナルを責める描写」とか「逆フェラチオ」もあります。浪漫。
 でもって声優さんは普通に女性なので、やっぱ二次元におけるふたなりと男の娘との差異って余りないですね。両方ともイク姿は可愛いし、射精する時も男性みたいに声を出さないとかじゃなくてめっちゃ喘ぎながらイクし。ただ前立腺刺激されてところてんイキするのは男の娘だけの特権ですね。これは外せない。
 ヒロイン達も可愛いのですが、やはりそれを支えたのが声、そして「ビジュアル」でしょうね。あおぎりぺんたさんのこの絵がほんとに良かったです。君も目覚めるよ。
 
・ストーリー
 とある村に傷心のまま迷い込んだ元ノーマルのお話。アーマー○コアじゃないよ。
 相手が「男性」である以外は普通に恋愛ゲームしてるのがまた面白いですね。
・その他特記事項
 まぁ突き詰めれば男と男なのでぶっちゃけ「ゲイ」です。ただそれを悟らせることなく「男と女」のようにしたのが男の娘ジャンルというものです。
 でも苦手なら苦手のままでもいいでしょう。ふたなり好きというならおすすめしますけどね。
 「こんなに可愛い子が女の子のはずがない!」っていうフレーズがありましたけど、そういうのである程度免疫を持っているというのであれば、それでもおすすめしますよ。えぇ。君もこっちの世界に来ないかい?

<サンプルCG>

<総評>
 総評としては「男の娘ゲームとしてはある意味バイブル的存在、ここからすべてが始ま(間違)った」ですかね。
 フェラ音声も喘ぎ声も、全部女性です。イク時は喘ぎながら射精します。しかも可愛いです。だが男だ。
 それでも良いならば君も今日から男の娘スキーだ!

 最後に、作中でもよく見られる気がする「男の娘だからこそ良い」というワードをひとつ
「私も男の娘ですから、お○んちんの気持ちいところはよくしっているんですよ?ほら・・・ここでしょ?」
 このワードにこそ、男の娘のいいところが詰まっているでしょう、分かる人いるかなぁ・・・w

<リンク>
女装山脈

女装山脈【萌えゲーアワード2011 話題賞金賞受賞】

女装山脈