JKギャル淫交日記 ~JKビッチ三人娘のエッチな日常生活~ /エロゲー レビュー

<パッケージ>

<商品概要>
ブランド: PacoPacoSoft+
定価: ¥5,800 (税込¥6,264)
発売日: 2016/09/30
メディア: DVD-ROM
ジャンル: JKビッチパコパコ発情ダイアリーADV
JANコード: 4995669914002
品番: PAC-001
原画: ほ~さく
シナリオ: Ke-mura、小沢裕樹


非処女率100% ビッチもの特化ブランド
『PacoPacoSoft+』第一弾!

「ぱこぱこそふと」がお送りするビッチの金字塔である
『JKビッチ三人娘! 特濃はめぱこダイアリー 』と
『JKビッチ三人娘! 特濃はめぱこダイアリー 2』に
『JKビッチ西沢雫のエンコー100万円計画♪』を
追加した特別なパック版が登場!

とにかく『ビッチなJKのエッチな日常』を詰め込んだ作品です。
三人それぞれの個性を存分に出したエロシーンは
あなたの精液タンクを空っぽにすること間違いなし!

これを買わずにビッチゲーは語れません。


>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
ですってよ奥さん、これをやらないとダメらしいですわよ
実際のゲーム内容は「2作品の詰め合わせに新作を足した」もので、既に既存の作品二つを持っている人にとってはちょっと手を出しにくいんじゃないでしょうか・・・おそらく後で単体で出てくるんでしょうけど。
私はどれももっていなかったので、こういうオールインワン系は嬉しいですけどね。

まぁそれはともかく、内容については本当にただ「ヤるだけ」のゲームです。1年を通してのビッチ3人を追った作品となっています。そのためシーズンを通しての行事に絡めたセックスなんかがありますね。水着とかサンタコスとか巫女さんとか。そういう意味ではお得であると言えますね。
3人とも嗜好は違えど根底にあるのは「セックス大好き」という思考なので、なんとなく安心して見れますね。ストーリー的には起伏も何もあったもんじゃないですw
基本乱交、複数プレイが当たり前なので、その手のセックスが好きな人にはおすすめできます。

<オススメ度>
・エロ
 処女だろうとビッチだろうと、エロい時はエロいしエロくなければエロくありません。「ビッチだからエロい」のか「エロいからビッチなのか」とか、二次元においてのエロってそういうものじゃありませんか。
 まぁそれはともかく、CGやボイスなどはきっちりエロかったですね。金を積まれればSにもなりますしMにもなりますし、猫にもなればAVにも出演したりと、割と自由にシチュエーションを設定している感じがします。それだけ性に大らかということなんでしょうかね。ビッチのことは分かりませんけど。
・ストーリー
 基本ヤるだけのゲームなのでストーリーはあってないようなものです。新作である雫メインのシナリオは一応目標はありますが、それも結局ヤるための口実みたいなものなので、特に気にする必要はありませんでした。
・その他特記事項
新生というからどんなものかと思いきや、実際は既存作品の焼き直しが含まれているんですよね。良いとか悪いとかじゃなくて、新生と言うからにはきっちり新作を出すべきじゃないかと思いました。レーベルを分ける必要性はあったんですかね?

<サンプルCG>
jkbitch1

jkbitch2

jkbitch3

jkbitch4

jkbitch5

jkbitch6

jkbitch7

jkbitch8

jkbitch9

jkbitch10

<総評>
総評としては「ビッチなJKを堪能したいならこの一本買っとけなゲーム」です。既に出ている「ダイアリーシリーズ」を持っているなら、雫が好きならプレイしてもいいんじゃないかなと思います。
 この三人は特に「売女」という意味でのビッチを体現していますね・・・一途な恋愛ゲーも好きですし凌辱も好きですけど、これはどちらに入るんですかね?「性」に一途というなら前者であるし、「複数人に犯される」というなら後者ですし。
まぁエロければなんでもいいな!(暴論)

<リンク>
JKギャル淫交日記〜JKビッチ三人娘のエッチな日常生活〜

JKギャル淫交日記 ~JKビッチ三人娘のエッチな日常生活~