漂流艦獄クロノス/エロゲー レビュー

<パッケージ>
漂流艦獄クロノス

<商品概要>
ブランド: Black Lilith
定価: ¥2,600 (税込¥2,808)
発売日: 2014/03/29
メディア: DVD-ROM
ジャンル: 漂流艦獄異種姦凌辱ADV
JANコード: 4545291005007
品番: LBK-00065
原画: ブッチャーU
シナリオ: フレーム
音楽: 溝口哲也

サブジャンル : アドベンチャー
カテゴリ: SF、女兵士、獣系、凌辱


■LiLITH×ブッチャーU 異種姦凌辱作品が誕生!
シナリオにフレーム、原画にブッチャーUを起用し、強力エロススタッフ陣で贈るブラックリリスのスペースファンタジーを舞台にした新たな異種姦凌辱作品が誕生!

■宇宙を彷徨う工作艦クロノス、その中では……
魔の宙域と忌み嫌われているフォレストベルトで80年前に行方不明になった工作艦クロノスが発見される。エミナ達は自身が乗る戦艦の故障を直すためにクロノスを探索するが……
彼女たちを待っていたのは悲劇であった。仲間を一人、また一人と失っていく中無事にクロノスから脱出できるのか。

■クロノスの中で襲い掛かるエイリアンの数々!
クロノスにいるエイリアンは無数にはびこりヒロイン達に襲いかかる。エイリアン達に凌辱され、次々と彼らの苗床にされアクメを晒す!エイリアン特有のエロシチュエーションも満載!

■様々なエイリアンが登場!
・生命力は弱いが小さい体で女性だと股間や胸などの性器に張り付き犯したり、男性は寄生され操り人形のようにされるエイリアン幼体。
・幼体以上の能力を持つ人型成体エイリアン。女性を執拗に激しく犯しつくし、犯した女性に卵を産み付け仲間を何匹も増やす。
・姿を変えた異種型エイリアン。その能力は成体エイリアン以上で女性への責め方も代わり、飲み込みや拘束責めなどの生殖行為をする。
・全てのエイリアンのマザーとなる未知の生物が工作艦クロノスのどこかに生存しているらしい。

■スタッフ
企画/原作 :EDEN、ブッチャーU
原画 :ブッチャーU
シナリオ :フレーム
監督 :EDEN

■キャスト
エミナ・トリスタン:赤司弓妃
クレア・バランタイン:藤堂みさき
シルビア・カーベイ:鶴屋春人
ソワレ・サーペント:紘川琴音
マヌエラ・サント:手塚りょうこ

<ストーリー>
宇宙船・クロノスに巣食う異形のエイリアンたち!
人類が宇宙に進出し、各惑星に住んでいる時代。
そこでは宇宙海賊との激戦が苛烈になっていた。

太陽系外縁部でも、宇宙軍艦隊の司令官・エミナが海賊たちと戦っていたが、敵の増援に追われ、魔の宙域フォレストベルトへ逃げ込むことに。
魔の宙域には、80年前に姿をくらました 工作艦クロノス があった。
エミナたちはクロノスを探索するが…… 待ち受けていたのは 今までに見たこともない生物たち。
そして、大量に闇に潜む生物たちから肉体・精神的に与えられる屈辱、恥辱。 ……そこは “凌辱艦獄” であった。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 エイリアンかなと思いきやデッドスペースだった。
 見てくれは「フェイスハガー」みたいなのとか居るんですけど、環境といい人型といいデッドスペースの方を思い出しました。そう考えるとデッドスペースのほうもフェイスハガーみたいなの居たし多分そうだろうと思えてくる不思議。
 ということで漂流していた宇宙船を探索してたらやべぇの見つけちゃった、という感じのストーリーです。まるでUSGイシムラみたいだぁ・・・(直喩)
 内容は至って普通(?)のエイリアン異種姦ものです。フェイスハガー体による卵の植え付けから始まり、進化するエイリアンに種付けされまくり、最終的には苗床になるというもの。裏で手を引いているのがエイリアンそのものではなく別の存在、というのもある意味定番ですね。
 この作品は「丸呑み」はもちろん「拘束」とか「身動きできない状態での種付け行為」っていうのがミソになってくる作品だと思います。快楽で腰を抜かさせてからの凌辱!というのもありますが、基本はこの逃走不可状態からの、という感じですね。

 フェイスハガーと聞いて、その進化形のチェストバスターを思い出す人も居るかもしれませんが、きっちり出産によって生まれてくるのである意味本家より良心的ですね、良心的ってなんだよ(哲学)
 
 という訳で安心してエイリアン異種姦を楽しめる作品ですね、ブッチャーUとエイリアンってなんかセットになってますよね。
 
<オススメ度>
・エロ
 シーン数は18、まあ普通ですね。中身は対エイリアンが8割、対人間が2割というところ。シーン傾向に関しては顔や頭からバックリ行く感じのシーンと、足元から拘束しにかかる系、後は普通に捕まえて身動きを取れないところからの種付け、という感じです。
 個人的には巨大生物との種付けよりも、小型の生物(蟲とかじゃなくてフェイスハガー系)にいいようにされる方がなんか好きなんですよね。翻弄されるのがエロいというか。最小限の労力で最大限の効果というか。
 また今回の声優さんは全体的に可愛い感じの声が多いかな?という感じです。普段は凛々しいけど、快楽堕ちした後は可愛い声で喘ぐ人が多いです。
 丸呑み、とか苗床、とか種付け、とか、そういう言葉にエロスを覚える人にはおすすめ出来ると思います。

<サンプルCG>

<総評>
 総評としては「エロいデッドスペースとか多分こんな感じで繁殖するんだろうなぁ」という感じです。エイリアンでもいいですけどね。
 これまで散々例として出してきた「デッドスペース」ってそもそも何よ、って人もいるかもしれないので簡単に説明しておきますと
 
   「惑星採掘船の『USGイシムラ』からの連絡が途絶えた、至急調査と修理を頼みたい」ということでイシムラに向かうことになった主人公のエンジニア「アイザック」が、その船に巣くう「ネクロモーフ」と呼ばれる化け物相手に奮闘しながら、何故こうなったのかの原因を突き止めるために戦うお話のゲーム

 ですかね。大体合ってる。イシムラには彼女もいて安否が気になったので志願したんじゃなかったかな。ちなみに日本では販売されなかったほどのグロテスク表現をふんだんに使用したゲームとなっているので、安易に調べると後悔するよ!ゲームとしてはかなり面白いです。バイオ4をリスペクトしたということもあってシューティング要素が強いのも特徴、ちなみにTPSです。

 いつかVRの「DEADSPACE」が出たらいいなぁ、リアルに死人が出そう(ショック的な意味で)

<リンク>
漂流艦獄クロノス

漂流艦獄クロノス

漂流艦獄クロノス