発情インフレーション ~気になるあの子の淫れスイッチ~/エロゲー レビュー

<パッケージ>

公式サイトはこちら

<商品概要>
ブランド: seal-tutu
定価: ¥5,370 (税込¥5,800)
発売日: 2016/08/26
メディア: DVD-ROM
ジャンル: ADV
JANコード: 4520424254323
品番: tutu-002
原画: moric、ベコ太郎、みこ、みやびたつと
シナリオ: 御導はるか、朝凪軽、池かなた、なたけ

<ストーリー>
―― セックスイッチ ――
“対象を発情させ、性感を高めたりすることの出来るスイッチ。
  これをマスターすれば、女の子を意のままに操れるっ!”

童貞で彼女ができる見込みすら無いがゆえに、胡散臭い謳い文句を本気で信じた少年が 1人…… 風間颯太。
学園で変態と忌み嫌われる少年。 繰り返すが、童貞である。
そんな彼には、どうしても叶えたい野望があった。

「セックスがしたい!」

そして、自分を馬鹿にしてきた女子たちを屈服させ “肉奴隷” にしたい!

そんな ある夏休み、
彼は雑誌広告で見つけた指南書を信じ、ダッチワイフの あけみ と共に鍛錬を重ねていた。

新学期になり、例の技の習得にも手応えを感じ始めていた彼は、学園へと赴く……
果たして彼は無事童貞を卒業し、肉奴隷の主として華々しい学園ライフを送ることが出来るのか !?

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
ストーリーから分かる通り、女の子をエロエロにしてヤっちまおうってのが全開のエロゲーです。
それ故にストーリーはとりあえず置いといて、エロについて語りましょう。
それぞれ4人のヒロインのHシーン数は大体13、一部ヒロインで3Pがあるので大体ですがこれだけあります。
そのほとんどが本番でした、内容は大体1回射精したら終了でした。
シーンによってはアニメーションありで、臨場感が増します。
またこのゲーム、主人公とのラブイチャはメインではあるんですが、一部ヒロインは他の男に犯されることもありました。
寝取られというよりかは便器化で、心は渡してはいないようでしたけど、それでも苦手って方がいるかもしれないので一応。
声優さんに関しては有名どころはいませんが、聞くに堪えないなんて人はいないので安心です。

<オススメ度>
・エロ
まぁまぁいいんじゃないでしょうか。ラブイチャだけを期待して買うと思わぬダメージを食らいますので注意。
CGは新しい絵師さんを使っているということもあり、そこは好みが分かれそうなところ。

・ストーリー
あっても無くてもいいんじゃないかな、という感じ。
いや抜きゲーだしね?

・その他特記事項
なんだかんだ肉奴隷化をするためのゲームなので調教系がメインテーマかな。
注文した商品と違うって感じる可能性もあるので、しっかり確認はしよう。

<サンプルCG>

hatuhure1

hatuhure2

hatuhure3

hatuhure4

hatuhure5

hatuhure6

hatuhure7

hatuhure8

<総評>
今回の総評としては「シーン数は多いので外れることはないんじゃないかなぁ」です。
確かに調教メインであったり、一部他の男に犯させたりするところがあったりなど、正直言って
「そっちかぁ・・・」となることがあるかもしれない、とは思いました。
ですが従順になることを結果的にラブイチャと取れるなら!このゲームもありじゃないかな、ということですね。
何よりシーン数は多かったので、個人的には良かったです。
各ヒロインきっと好みのシーンはあるでしょう。私は七花がよかったですね。

以上です!

<リンク>

げっちゅ屋はこちら

DMMはこちら(ダウンロード販売)