アマカノ ~Second Season~/エロゲー レビュー

<パッケージ>

<商品概要>
ブランド: あざらしそふと
定価: ¥8,800 (税込¥9,504)
発売日: 2015/12/25
メディア: DVD-ROM
ジャンル: いっぱいに甘えたい彼女と俺の純愛学園ADV
JANコード: 4995669616005
品番: AZA-003
原画: ピロ水、茜屋(SD原画)
シナリオ: 龍岳来
アーティスト: Duca
作詞/作曲: ANZIE(Peak A Soul+)


好評だったデビュー作 『アマカノ』 のコンセプトをそのままに、冬の温泉街を舞台とした あまあまエピソード登場!
ピロ水氏が描くヒロインたちは、目パチ・口パクが搭載されて ますます魅力的に。
多彩な衣装、純愛だけどエロいエッチシーン、期間内に自分から告白できるシステムも継続。
さらにエンディング後に特殊エッチが楽しめる後日談エピソードの収録 & エッチシーンあり追加エピソードの配信も決定!
プレー後は公式HPのチェックをお忘れなく!

<ストーリー>
11月末、すでに夜間瀬町は深い雪に覆われていた。
新たな生活をするために雪国へやってきた主人公は、もの静かな旅館・縁嬉 でお世話になることに。

優しく可愛らしくも小悪魔な、同居人の車椅子の少女。
引っ込み思案でおどおどしながらも懸命な、図書委員の同級生。
明るく誰からも信頼されている、銀髪碧眼の学生会長。

そんな少女たちとの出会いと、穏やかで優しい町と新しい生活は、主人公を雪国に馴染ませていく。

だが、この町に馴染まない一人の女の子との出会い。
主人公と同じ日に転入してきた彼女を、“楽しくさせたい”。 その気持ちが主人公の青春を動かしていく。

この場所にいること。 隣の誰かを愛おしく思えること。
そんな雪国生活を今、始めよう。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
甘あああああああああああああああああああああああああああああいッ!説明不要ッ!
いや説明はしますけどね。ダダ甘ラブイチャゲームの続編です。舞台は前作と同じ「夜間瀬町」、ところどころに前作との繋がりを感じさせるシーンがありますが、やっていなくても特に問題はないです。(前作キャラはちょいちょい出てきます)

やはりこのゲームを語る上で欠かせないのが「感情の段階的変化」「ラブイチャなエッチ」「主人公が割とアグレッシブ」でしょうか。
「感情の段階的変化」については、各キャラとの進行度がグラフとして表示されます。
amakano21
こんな感じです、穂波とかもう「ギーッ!」って感じでツンケンしてます(ツンデレ的にもオールオッケー)
これは特定のヒロインと仲を深めていくにつれてどんどんパーセンテージが上がっていきます(残念ながらハーレムはないので多重攻略は難しいです。日数制限もあるっぽいですし目標は絞りましょう。) 

amakano22
これが「穂波へ告白可能段階」までいった状態です。この状態になると選択画面で告白コマンドが出てきます。ちなみにこの段階のまま期限に到達すると「相手からの告白」になります。男なら黙って告白する方だろ!って人も、そうでない人にも安心の設計ですね。

また告白してセックスしてはい終了なんてことはもちろんありません(むしろそれをやるのはエロ漫画くらいですか)
告白して100%で終了どころか、その後も順調に伸びていきます。通勤ラッシュ時の乗車率くらい伸びていきます。

amakano23
こんな感じ、もちろんこれに応じてどんどんラブイチャ度は高まります。ほなみんは可愛いなぁ

 次に「ラブイチャなエッチ」です。CGは後ほどまとめて掲載しますが、「さりげなく頭の後ろに回される手」とか行為中キス多くね?とか「抱っこ系の体位が多め」であるとか、色々なシーンでただのエロじゃない感じを出してくれます。これに関しては他のメーカーよりも抜きんでて上位に居ますね。前作よりも強化されていると思います。
もちろんエロシーンだけじゃなくて、日常パートもかなりラブラブです。あるシーンを超えてからのほなみんとかもう本当に吹っ切れてますからね。デレ期に入ったツンデレは強い(ツンデレの比率的には1:9とか2:8くらいのデレの多さだと思いますけどね)

 最後に「主人公のアグレッシブ」さがハンパないです。ラノベの主人公よりもアグレッシブなんじゃねぇかな。色々な女の子にアプローチを掛けるだけでなく、結構察しも良く、行動するときは自分からしますしほんと行動的です。「告白する」の選択肢があるのもそれに由来してますね。しかも付き合う前も結構アグレッシブなのですが、付き合ってからのほうが「好きな人のために」と振り切ることが有ります。全校生徒(好きな人含む)に全校放送で告白かまして、しかもその後教師の追跡を振り切りバックレ、さらにそのまま公園でセックス。すげぇな(真顔)

 とまぁ「ただのラブイチャ」で終わらないゲームです。主人公がイケメ~ンで行動力あるってのも良いですよね。「なんでこの主人公が好かれているのか分からない」系の主人公よりよっぽどいいです。本人に「好かれよう」という自覚はないんですけどね、それがまた惹きつけるんでしょう。

<オススメ度>
・エロ
 シーン数はなんと一人6シーン、さらにアペンドで追加(8シーン異常)になります。普通のエロゲー(純愛系)からすると破格の数になるんじゃないでしょうか。ゆずソフトやクロシェットのゲームも、なんだかんだ全体ではシーン数多いですが、一人当たりとなると5シーンくらいが限度でしょう(ゆずはサノバでヒロインが一人限界突破していますが、あれはグランドルート込みの数なので・・・)
 シーンの尺も、主人公が性剛なおかげか結構あります、一発2発は当たり前、後半シーンでは何発ヤってんねんと言いたくなるほどヒロインを白濁に染め上げます。BGVこそ付いていませんが、ボイス自体が結構長めに撮られており、また喘ぎも多めにありますので「お前セックス中なのに喋ってばっかりだな」とはなりません。
 ヒロイン数は前作よりも増えてるのでその分一人当たりの数を減らしてくるかな、と考えた人、残念!寧ろ増やしてくるレベルの情熱があざらしそふとさんにはありますね。

・ストーリー
 なんだかんだ雪国における日常のシナリオなので起伏こそないかな、と思っていましたけど実際はラブイチャが多くてあまり気になりませんでしたね。まぁ主人公がアグレッシブな性格である、ということにかこつけて「作為的に起伏を作り出している」感も無い訳じゃないんですけど。(作品にメリハリを出すならヒロインのピンチ→主人公の救出は外せませんからね)特に目が付くほどのものではありませんでした。
 また会話のテンポが個人的に気に入ってます。主人公やヒロインの察しが良いというのもあるんでしょうけど、そこまで冗長的にならずに済んでいます。これが鈍感難聴系なら雪が解けた辺りでやっと告白に移るんじゃないでしょうか。その点この主人公はきっちりクリスマスまでに済ませますからね。その点のテンポも個人的には高評価の一因です。かったるいシナリオなんて退屈なだけですからね。
・その他特記事項
 このゲームは「アペンドDLC」要素があります。ゲーム内からネクストンパスポート経由でDL可能なので是非後日談としてプレイしてみてください。きっちりエロシーンもありますので楽しめると思います。ほにゃみ可愛いよほにゃみ。デレっぷりが一番ギャップあるのは穂波なんじゃないですかね、スタート地点がマイナスってのがもうずるい気がしますけど。落差300%以上ですよ。波奈束さんも良い演技してますよね、超可愛いです。好きです(直球)

<サンプルCG>
amakano24

amakano25

amakano26

amakano27

amakano28

amakano29

amakano210

amakano211

amakano212

amakano213

amakano214

amakano215

amakano216

amakano217

amakano218

amakano219

amakano220

<総評>
 総評としては「エロ要素が多い、シナリオはラブイチャ重視で良いしテンポも良い、ヒロインみんな可愛いしエロCGはとにかくエロいゲーム」です。ぶっちゃけ「致命的にゲームのコンセプトと合わない」という人以外にはおすすめできます。
 ピロ水さんだからキャラが可愛いんですよね、可愛すぎて逆に抜けなくなるレベルでもあるんですけど(こういうことってありますよね。ない?)
 ただ一点、この一点だけは低い評価を・・・それは「なぜ皆陰毛の色が黒なんだ」と、せめて髪の色と同じにするくらいのことはして欲しかったですね。これだけはちょっと残念、涙香の陰毛とか絶対白いでしょ(ド変態)
 後はまぁ概ね高評価ということでひとつ。主題歌Ducaさんですし(大好きです)
 ゆずソフトやクロシェット、後うずまきさんとか8月とかと並んで「エロゲー初心者にオススメできるメーカー」にそろそろ入るんじゃないでしょうか、それとも入ってるのかな?

<リンク>
アマカノ ~Second Season~ 

アマカノ 〜Second Season〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※名前、メールアドレス、ウェブサイト未記入でもコメントは可能です。
また反映には時間がかかることがあり、承認されない限り表示されません。