吸血鬼に犯されまくった婚約者が挙句に自身も吸血鬼化して攻める側になる話<三毛蔵亭>/同人誌 レビュー

<作品概要>

吸血鬼に犯されまくった婚約者が挙句に自身も吸血鬼化して攻める側になる話
吸血鬼に犯されまくった婚約者が挙句に自身も吸血鬼化して攻める側になる話

<内容について>

枚数:43ページ

<作品の属性について>

この作品には
・輪姦
・ふたなり女性×女性
・女性の魔物化
・TS(男性→女性)

が含まれていました。メインは輪姦ですが、全体的に属性盛りだくさんです。姉弟近親相姦逆レイプもありました。
また一部男性にとってタマヒュンなシーンがあったのでご注意下さい。

寝取られ相手である男性と転化したヒロインとのシーンはありませんでした。

<作品の見どころ>

個人的にエロいなぁと思ったのは「吸血鬼になる前の輪姦シーン」ですかね。
ヒロインの身体つきや、鼻水や精液などでぐちゃぐちゃになっているのがエロくて良かったです。

▲大きな胸が男性たちのグラインドでぶるんぶるんと揺れている

▲食いしばる表情がエロい

<シーンの内容詳細>


・酒場に一人訪れる男、昔話を語り出す……
・目の前で輪姦される婚約者、恐怖心で見ていることしか出来ない
・ボスの女吸血鬼が登場、ふたなり化し婚約者を犯しだす
・割って入ろうとする弟、その目の前で『転化』させられる姉
・姉に犯される弟、さらに弟までも吸血鬼化し女性の身体に……
・男を後目に乱交を楽しむ姉弟たち、そして……