けもののおとなりさん/同人誌 レビュー

<作品表紙>

けもののおとなりさん

<商品概要>

お隣に住んでいるむちむちなメスケモ人妻さんとの濃厚エッチ。
隣の部屋から聞こえる辛そうな声に誘われ…

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「お隣に住むケモ母娘、どうやら発情期かつ未亡人だったようで・・・」というお話です。
いわゆる「大学生の猛る性欲を欲求不満な人妻にぶつける!」のケモ版のような感じです。
ふわふわもふもふな毛並みと、優しそうな表情と性格、そして発情期で性欲が抑えられない状態・・・
もうエロくない訳が無いくらいの好条件ですね!

ヒロインである咲さんがケモ度の高いキャラであること以外はオーソドックスな人妻モノと言えます。
が、このケモ要素、特に「発情期」という要素がこの作品のエロを加速させていましたね。
通常であれば初手発情というシチュを作るのは難しいですが、この要素があるおかげで「最初からクライマックス!」
という感じで「上も下もぐちょぐちょ、即挿入でもすんなり受け入れてくれる」ということが可能になる訳です。
その上「未亡人かつ経産婦」ということで、そこにあるのは純粋な性欲のみ、と言う感じで滅茶苦茶エロかったです。
相手がヤりたい盛りの大学生ってのもありがちですが良い感じでした。

・イラストについて

咲さんが滅茶苦茶エロくて可愛いです。
巨乳はばるんばるんしていますし、結合部はぐっちょぐちょですし、
何より発情期でありながら「自分のエロさを恥じているところ」が最高に可愛いです。
抑えたいのに抗えないという感じ、そしてエッチなことをされると
容易に流されてヒートアップしてしまうところも含めて可愛かったですね。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「合計26ページ、うちエロシーンのあるページは13」ということで、同人誌としては平均的なボリュームに収まっているという感じでした。
実用性に関してですが、まず「ケモ要素」自体がちょっと難易度が高いということもあって敬遠する方も多いと思います。
ただこの作品に関しては、ケモ要素は見た目だけであること、獣特有の要素はそこまで無いということもあってかなり初心者向けだと言えます。
例えばデジモンにおける「レナモン」や、ポケモンにおける「バシャーモ、サーナイト」くらいのキャラのエロが平気、イケるという方であれば十分エロいと感じられる作品ではないでしょうか。

この表紙やサンプルを見て少しでも「おっエロいな」と感じたら十分イケます、
慣れてくるとマイリトルポニーのエロくらいは割と直ぐにイケるようになります。
(特に日本人の方が描いている場合、可愛めにデフォルメされることも多いので基本合うと思いますね)

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

上に挙げているように「咲さん可愛い」と言う点でしょう。
貞淑な妻らしく発情している自分を恥じている姿もいじらしいですし、
それでも生まれ持つ性欲に逆らえず、
控えめに「・・・だらしない身体のおばさんだけどいいの?」と求めてくるのもエロいですし、
吹っ切れた後に滅茶苦茶エロくなるのも最高です。
エロシーンにその可愛さが凝縮されているのがまた素敵でした。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

特に悪い点はありませんでしたね。
ただ強いて言うなら、もっと咲さんの痴態を見たかったなぁという感じです。
例えば、咲さんの眼前にチンポを差し出して咥えさせたりとか、
雌犬らしく後ろから突かれて屈服しちゃったりとか、そういう感じ。
もっと色々見たくなるという意味で良い作品でした。

<サンプルCG>

<リンク>

けもののおとなりさん