堕落天/同人誌 レビュー

<作品表紙>

堕落天

堕落天

604円

<商品概要>

可憐な少女が悪の道に堕ち、淫らな肉欲の奴隷と化す…
悪堕ち・洗脳系ならではのインモラルなシチュエーションが盛り沢山!

淫猥な拘束具での強制洗脳や淫語たっぷりの搾精ピストンがリビドーを掻き立てる!
性癖に特化した合同誌だからこそ生み出せる特濃エロスをご堪能頂けます。

お好きな方ならどストライク間違いなし、そうでなくとも目覚めてしまうかも?
悪堕ち洗脳作家陣の矜持が濃縮された、匂い立つエロスを是非ともご堪能下さいませ。

執筆者

ちもさく 送り萬都 BeLu ぉとぉ

合計34P

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「それぞれ4人の執筆者による、各ヒロインの洗脳悪堕ち記録を描いた合同誌」となっております。
内容としては、ちもさくさん→送り萬都さん→BeLuさん→おとぉさんの順番に、大体一人当たり8ページの長さで短編が作られていました。

で、「合同誌のメリット・デメリット」として、それぞれ
メリット:色々な筆者さんによる、特定のジャンルに偏った作品を見ることが出来る
デメリット:それ故に「特定の作者さんの作品」ばかりを見られる訳ではない
というものがあると考えています。
もし「おとぉさん(もしくは他作者さん)のストーリーだけ見たい!」といった場合、この作品はあまりおすすめ出来ないです。
なんせ8ページですからね。見開き4ページはかなり少ないです。

では「内容はどうか?」という点についてですが、それぞれ
「悪の組織に捕まったヒロインが、洗脳改造、肉体改造などを施されてしまう・・・」
というコンセプト順守となっており、四者四様の悪堕ち姿を見ることが出来ます。
エロい事はエロいのですが、実用性を問われると「正直微妙」という感じでした。やはり短い・・・。
ワンカットワンカットでエロいシーンはあるものの、
それが継続するわけではない(いわゆる「即堕ち二コマシリーズ的なもの」)ので微妙、と言う感じですね。

ただやはりメリットは「色々な洗脳悪堕ちが見られる」と言う点に尽きると思うので、好きな人にはいいんじゃないでしょうか。

・イラストについて

一部ヒロインには「膨乳化」「乳首ピアス」などの肉体への改造も含め、かなり「変化」を意識していましたね。

特にちもさくさんのパートでは、既に洗脳の終了したヒロインがエロい表情をしながら壊された経緯を説明したり、
おとぉさんのパートでは「変身ヒロインの衣装変化、額のハートマークが割れる」みたいな、
分かりやすい変化も含めて「堕ちたんだな」というのが分かるので、
それはそれでエロいと思いました。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「ページ数は34、うち表紙2ページ、それぞれ執筆者に8ページずつで32」という感じでした。ボリュームとしてはかなり少な目になっています。
内容のうち「悪堕ち前と悪堕ち後の変化」が楽しめるのは二人で、「悪堕ち後の堕ちっぷり」を楽しめるのが二人、と言う感じでした。
どちらも悪堕ちとしては良い部分を抜き出しているので、悪堕ち好きには堪らないんじゃないかと思います。

一方「実用性・抜き目的」で、と言う方にはちょっとおすすめ出来ませんね、前述したとおりボリュームが少ないので。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

やはり「悪堕ち後がエロい!」という点に尽きるでしょう。
個人的には、おとぉさんの「肉体改造からの洗脳悪堕ち」という完璧な流れが素敵だと思いました。
元々そこそこ巨乳だったヒロインをさらに膨乳化させ、さらに乳首を肥大化、そしてそれを維持させるかのような乳首丸出しのコスチューム・・・
その後の特殊ヘッドギアによる強制洗脳シーンも「絶対に負けない→ぐおおおおおっ♥」という即堕ちの流れが良かったです。

明確なエロシーンはその8ページのうち2ページくらいしかないのですが、それでも十分エロいと感じることができるあたりはさすがだなぁという感じですね。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

全体を通しての「ボリューム不足感」は否めませんね。
合同誌という体を取った以上致し方ないのかもしれませんね、こういうのは。

<サンプルCG>

<リンク>

堕落天

堕落天