サキュバスプリズン~淫魔の巣食う一軒家~/同人RPG レビュー

<作品表紙>

サキュバスプリズン~淫魔の巣食う一軒家~

※ボイス追加パッチ(単体では動作しません)
サキュバスプリズン ボイスプラス

<商品概要>

◆ゲーム紹介◆

刻一刻と迫る、サキュバスによる死の搾精の時間。

戦う?イかせる?説得する?立ち向かう?

不可能です。

あなたは無力な人間として、サキュバスに捉えられ、精を吸い尽くされる時を待つだけの存在。
圧倒的な悪魔の力の前に、普通の人間であるあなたに、抵抗する術はありません。

それでも…逃げるというなら話は別。
ただの食事である取るに足らない人間。
わざわざ拘束する必要など一切ない。
その隙をついて、あなたはこの悪魔の住む家から脱出しましょう。

大胆かつ、慎重に…部屋を抜け出し、脱出の為の手がかりを探し、
時には淫魔の視線から身を隠し、また時には、あえて淫魔の前で真意を隠し嘘をつき、
恐怖に怯えながらも、ひたすら先に進み続けなければいけません。

全ては、この地獄のような淫魔の家から抜け出す為に。生きる為に。

どこで見つかるか、誰に見つかるか、どう見つかるか、
何を持っているか…淫魔達の気分次第で、どう「料理」されるかは変わる。
それでも等しく待っている事は…餌としての無惨な最後だけ。

欺き、潜み、這いずり回り、最後の時が来る前に…弱者の意地で、抜け出そう。

◆特徴◆

三匹の淫魔の住む家から時間内に脱出する、アクティブ潜逃RPG。

ゲーム内の時間でリアルタイムに動く、淫魔達に逃げようとしている事を悟られないよう、
上手に立ち回りながら、3匹の淫魔達が住む家の秘密を調べ、
脱出の手がかりを掴み、無事に脱出、生還して下さい。

見つかってしまえば…容赦無く弄ばれて、搾精、吸精、エナジードレイン。
…そして最後には、死が待っています。

スニーキングと探索がメインのAVG要素の高いゲームです。
基本的に戦闘要素はありません。

◆仕様◆

ウディタを使用したRPGになります。

マルチエンディング式、どこでもセーブ機能「クイックセーブ」搭載。
一度見たシーンのスキップ、回想モード有り。
(全セーブデータを共有するため、プレイ中に一度見たCGやシーンは補完されます。)
文章オート送り、メッセージウィンドウ消去、メッセージスキップ機能つき。

シナリオ:とき
メイン原画:とき、しき、人外モドキ
ゲストキャラ原画:クール教信者、ひねもすのたり、薄稀、みつまたうさぎ

基本CG数、約25枚。
シーン数、およそ30以上。

◆おまけ◆

おまけとして、以前に期間限定で公開していたサキュバスHゲーム
「サキュバスによる性奴隷監禁生活から僕はあれこれ頑張って死ぬ前に脱出したい。」
を同封させて頂いております。
サキュバスプリズンの原点となった簡易的な脱出ゲームです。
こちらに関してはサポート等は行いませんが、
サキュバスプリズンの前日譚の様な気持ちで楽しんで頂ければ幸いです。

<実際にプレイしてみての感想>

・作品について

・作品全体について

この作品は「どうあがいても、搾精」な対サキュバス脱出ゲームとなっております。ちなみにウディタ製。
この作品のシステムを一言で表すならば「搾精されて死んで時間を戻して脱出への道を探す」というものです。
主人公は特殊なアイテムを拾ったことで「死んでも特定の時間に生き返ることができる」ようになります。
その過程で色々なサキュバスに搾られたり、殺されたりしながら脱出の道を探すわけですね。

難易度は個人的に「結構高い」と思いました。
実際「ヒントを見てやっと脱出の糸口が見つけられる」くらいにはトゥルーエンドへの道は険しかったですね。
ですがそれでも脱出した時の喜びは一入・・・と思いきや、最後の最後でプレイヤー自身がある意味では裏切られる衝撃の展開でした。

またこの作品のエロシーンはなんと「CGが動く」んです。
おっぱいが揺れたり、手コキでシコシコされたり、騎乗位の状態で思いっきり腰を叩き付けられたりと
「ただのテキストとCGのエロシーン」以上にエロくて良かったですね。
(ムービーとはちょっと違い、あくまでモーションコミックのようなものですのでそこは注意)

・システムとエロ要素の関係について

この作品でのエロシーンは「突発的に起こる遭遇もの」「起こるべくして起こるイベントもの」の二種類に分かれています。
前者は、脱出中不意に「サキュバス三姉妹の居る部屋に入ってしまった!」とか
「廊下を歩いていたらばったり鉢合わせしてしまった!」といった時に発生します。
この時、プレイヤーは何らかの「QTE要素」で回避することも出来れば、問答無用で搾り殺されてしまう場合もあります。

一方後者の場合、大体プレイヤーが「これ行ったら死ぬだろうなぁ・・・」と感付くような場合に発生します。
主人公は「行動力・精神力」というパラメータを持ちますが、これが潤沢にあるときは、その先の部屋の「気配」を感じることができます。
それでもなお突っ込むと搾り殺されたり、あるいは上記のQTEが発生して難を逃れられることもあります。

またある程度脱出が進むと「地下」が開放され、そこで「悪魔召喚」が行えるようになります。
主人公は様々なアイテムを触媒とし、精液を掛け合わせることでサキュバスを召還出来るのですが、基本的に「最終的に死ぬ、もしくは連れ去られるイベント」のため、攻略そのものには関係していません。
エロシーンのためだけのものなので後者になる訳ですね。

ちなみにコマンドが直接エロシーンに絡むものは存在しません、セクハラなどはもってのほかです。
文字通り「ワンチャンス」のため、二度以上エロシーンを跨げませんね。エロシーン=死=死に戻りだと考えると良いでしょう。
一部エロシーンでは「死に戻りすら発動しないバッドエンド」もあるので、クイックセーブやセーブデータ分けはしっかりしないといけませんね。

・エロの内容について

巨乳、貧乳、お姉さん、ロリ、通常の肌色に悪魔っぽい肌色、色々なサキュバスが存在します。
それに伴い「搾精方法」も変わってきますね。
例えば表紙の3人であっても、キスでエナジードレインしてきたり、パイズリしたり、だいしゅきホールドしてきたり、騎乗位だったり・・・
まさに多種多様と言えます。
さらに召喚によるサキュバスたちは基本ワンシーンのみのため、よりニッチな要素が入ってきますね。
催眠、洗脳、丸呑み、幼児退行・・・ロリサキュバスに甘く蕩けさせられながらの手コキとかかなり業が深いですね。

上記からも分かるように、この作品のエロは「逆転一切無しのオール搾精」です。
好きな人にはおすすめですね。

・イラストについて

この作品では色々な方が原画を担当されています。
しきさん、ときさん、人外モドキさん、クール教信者さん、みつまたうさぎさんなど、この界隈で有名な方ばかりの参戦なので、気に入るサキュバスもきっといるでしょう。
というかみつまたうさぎさんのサキュバスに関しては、まんま「この方」の参戦になっています。

そして何より、エロシーンが動くという事もあって「ぷにぷに感」が素晴らしいです。
ロリでも巨乳でも関係なく凄いぷにっぷにのむちむちです。

・操作感やユーザビリティについて

操作感としては一般的なRPGと同様です、コンフィグでダッシュのボタンは変えておくといいでしょうね。
セーブも「クイックセーブ・ロード」「オートセーブ」、そして「セーブ分け可能なセーブ」の三種類もあるため、上手く使い分けて楽に攻略していきましょう。
何度も死に過ぎてテキスト飛ばしが面倒、と言う方は「Zキー+スペースキー連打」で割とサクサク飛ばせるため、おすすめです。

脱出ゲームにおける「ユーザビリティ」を考えた時に、やはり「謎解きの難易度」という問題が出てくると思います。
ゲーム内ヒントもあるため楽かな?と思いきや、ヒントはやはりヒントでしかなく「最後までの答えは出てこない」です。
ある程度の閃きも必要と言えるでしょうね。

ただクリアまで漕ぎ着けた感想としては「ヒントはかなり有り難い」ため、分からない人はとりあえず何度も死んでヒントを全て引き出すのがいいでしょう。

またこの作品は「クリアしても回想全開放はありません」ので、そこは注意です。

・プレイ時間やエロなど作品のボリュームについて

プレイ時間としては、初見で最後までクリアするまでに大体「6時間」ほどかかっているんでしょうね。難易度は通常です。
ゲーム内時間は数分から数十分ですが、死に戻りの回数が多い、イベントシーンの回数が多いといった理由で時間が結構食われていました。

ボリュームは結構ありますね。回想シーンには「メインキャラの3人と召喚サキュバス合わせて31個」あるため、かなり楽しめると思います。
実用性も、女性上位の搾精が大好きであればおすすめ出来るエロさでした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・作品全体を見て

「死に戻りとフラグの維持が良かった」ですね。
この作品では死に戻りした際、死ぬ直前または最初からを選択することが可能なのですが、どちらを選んでも「書類関連のフラグが消えない」んですね。
脱出用のアイテムによっては、それらの冊子を見ないと取る選択肢が出てこないものなどもあるので、ここが簡略化されているのは凄い助かりました。
これがあるおかげで、突き詰めるとクリアまでのゲーム内時間が「8分」とかになるレベルです。ここまで漕ぎ着けるのに5時間以上かかってるのに・・・w

謎解き自体の難易度はそこそこありますが、謎を解いていくという部分に関してはかなり優しめに出来ています。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

謎解き脱出ゲーム部分を見ても、エロシーン部分を見てもかなり高レベルなゲームで個人的にはかなり満足できました。
ただ一点あるとすれば「クリア後の回想全開放は欲しかったなぁ」というところですね。
召喚サキュバスたちは特定の召喚をすればエロシーンは見れますが、
メイン3人に関しては「場所、時間帯」によって内容が変わってくるため、どこでどのシーンがというのが分かりにくいです。
どうせならクリア後に回想にヒントでも追加してくれたら良かったですね。

<サンプルCG>

<リンク>

サキュバスプリズン~淫魔の巣食う一軒家~

サキュバスプリズン〜淫魔の巣食う一軒家〜

※ボイス追加パッチ(単体では動作しません)

サキュバスプリズン ボイスプラス

サキュバスプリズン ボイスプラス

<※ネタバレ注意 攻略>

攻略はこちら