幻影のゴーストビル/同人RPG レビュー&攻略

<パッケージ>
幻影のゴーストビル

<商品概要>
■あらすじ
「アカリちゃん、やっぱり奥に進むのやめておこうよ……」
「ごめんね、ユウカ。付き合わせちゃって……でも、うちの生徒が入っていったのを見過ごせないよ」
同校の生徒がビルに入っていく姿を見かけ、追いかけるアカリとユウカ。
ビル内には不気味な気配が漂っており、霊が出ると噂されていた。
生徒を見つけるべく、奥に進むアカリたちだったが、
途中、入り口は封鎖され、さらに二人は離ればなれになってしまう……

■ゲームの特徴
主人公の目的は、親友であるユウカを探し出すこと。そして、共にビルから脱出する事。
ビルの中を徘徊する幽霊や憑依された人々。彼らは主人公の存在を察知して襲い掛かってきます。
フラッシュライトを使用することで、霊たちをひるませたり、視界を広げて探索を優位に進めることができるでしょう。
霊たちに捕まると、主人公は容赦のない陵辱を受けることに……

■ジャンル:サバイバルホラーRPG
■プレイ時間目安:5時間以上
■シチュエーション
主に、憑依された人々や、霊に憑依される事による快楽堕ちが中心となっています
※ふたなり、ボテ腹表現が含まれていますので、苦手な方は注意してください
・陵辱、輪姦
・拘束
・膨乳化・搾乳
・ボテ腹、快楽出産
・百合、レズ
・触手
・奴隷堕ち
・ふたなり化
など

■シナリオ協力
ハジメ マコト(Original field )様 http://originalfield.verse.jp/

■キャラクターデザイン・イベントCG
サムーれ様

■ゲームキャラドットグラフィック
Vibrato様

■開発ブログ
http://levelichi.blog.fc2.com/

■注意事項
・不具合の修正、バージョンアップなどで内容を差し替える可能性があります。
再ダウンロードできるように、会員登録してからの購入を推奨します。

・ホラー的な表現が含まれていますので、苦手な方は注意してください。
(CG内に直接的な残虐表現はありません)

・体験版のセーブデータは引き継いでも、製品版では動作保証外となりますのでご注意ください。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 ユウカちゃん良い性格してんな(クリア後エクストラシナリオを見ながら)
 ということで、ホラー風見下ろし方3D探索ゲームです。戦闘要素もぼちぼちあります。
 基本は各地を探索し、フラグを回収しながらボスを倒し、エンディングを目指すというもの。特定のシーンで一旦バッドっぽい感じになりますがルートとしては合っているのでそのまま続けましょう。
 戦闘システムは基本拾った武器(耐久値あり)で攻撃したり、特定のアイテムを使って戦闘から離脱しやすくしたり、どちらも選べます。私のお勧めは逃げ一択ですけどね。回復が勿体ないです。

 特筆すべき点としては「実は探索しやすいゲーム」ということでしょうか。一見すると真っ暗だし迷いやすそうだし敵うろうろしすぎだし・・・ついでにレベリング要素一切無いので、終始主人公は脆いです。
 ということで難易度が高いかな?と思われる方もいるかもしれません。事実序盤は特に色々枯渇しているので面倒なこともあるでしょう。
 攻略するときに是非マスターしたい操作として「ライトの逐次点灯、消灯」「釣り逃げ」があります。前者はその通り「ライトをつけっぱなしにしない」ということです。これは単純な「節電」以上の効果を持ちます。特定の敵は「光を感知」します。そのため付けっぱなし状態だと割と遠くからでも気づかれます。が、これを消しながら歩く、もしくは必要な時に点灯をするだけで敵の感知が鈍くなります。ただこれを意識してか、後半は暗い状態でも感知する敵が出てくるため、場合によりけりです。
 バッテリーも電池も有限であるため、こういう動作はしっかりとしたほうが後々楽ですね。

 またもう一つの「釣り逃げ」ですが、早い話が「フェイント」ですね。これをしっかりとすると戦闘も回避出来ますし、それによって物資が蓄えられ、いざという時の強制戦闘に備えることが出来ます。
 やり方は簡単。敵は「ブロック単位での移動」、こちらも「ブロック単位での移動」、そしてエンカウント判定は「ある程度両者が重なった状態」。つまり「見てから回避余裕でした」が出来る訳です。
 これに関してはマウス操作よりもキー操作のほうが楽かもしれませんが、私は終始マウス一個でクリアまで漕ぎ着けたのであまり気にする必要はないかもしれません、やり易い方でプレイしましょう。

 後の詳しい攻略については追記で。

<オススメ度>
・エロ
 シーン数は12、ですが1シーンあたりの尺が結構長く、そして濃いですね。
 シチュエーションは基本「操られ」的な感じが多いですね。またふたなりとか人体改造、拘束や触手など割と色々ヤります。ホラーパワーには参ったな!
 シーン回想はその敵にやられることで登録されます。セーブは結構こまめに行われるので、初見の敵にはまず突撃して即諦めるってことをやってもいいです。(その後セーブ地点で即復活可能です。)
・ゲーム性
 基本は探索ゲー、各地にあるアイテムを回収しつつ、扉を開けつつ、最奥のボスを倒すことで次に進めるというもの。かなり単純で、マウスだけでも遊べるということもあるのでかなり楽しいゲームです。
 一見ホラーですが、グロテスクなものや、見た目エグいものはほとんどありません。ちょっと厳しい見た目の敵も居ないこともないですが、普通のRPGのモブみたいなものだと思えば大丈夫ですね。正直ホラーという感じはしませんでした。

 またこのゲーム、物資が限られることが多いので管理はしっかりしましょう。雑魚と戦うメリットは「全く」ありません。(強いて言えばシーン回収のみ)そのため「逃げる技術」がカギになるでしょうね。
 蓄えた物資は強制戦闘で吐き出しましょう。多すぎて困ることは全くありません。というか道中の探索のほとんどはラストバトルのためのものと考えてもいいかもしれません。それだけラストバトル、厳しかったですね。
 まぁ火炎瓶とハンマーと救急キットと抑制剤は貯め込むほうが吉ですね。ハンマーは2本ほど拾えるので一本はラスボス前のボス(王様)に使ってもいいでしょう。

<サンプルCG>
ghost1

ghost2

ghost3

ghost4

ghost5

<総評>
 総評としては「コンスタントに面白いホラー風探索ゲーム、ただラストバトルだけ結構辛いかも?」という感じです。
 逆を返せば、ラストバトル以外の戦闘のほとんどは楽勝です。雑魚は特定のアイテムを使うことで100%逃走が可能になりますし、ボスは基本貯めこんだ回復アイテムを「デッドライン」を見極めながら使いつつ、そのとき持っている強い武器で殴り倒すだけですので。
 道中にある手記なんかも雰囲気づくりに一役買っていましたし、結構良質なゲームだと思いますね。ちなみにクリアタイムは多分2時間くらいです。余計な探索を省くともうちょい早いでしょうね。あと戦闘回避。RTA向きかな?

<リンク>
幻影のゴーストビル

幻影のゴーストビル

※追記攻略、ネタバレ注意

まず基本的な動きとしては「雑魚は無視、出来なければ逃走、回復は適宜行うがデッドラインを割らなければ次のセーフゾーンまで耐える」という感じです。セーフゾーンは各地に点在しており、ボス前や道中などには確実に設置されているので、しっかりと活用しましょう。

雑魚攻略
・リーマン
 逃げ一択、空き缶はオレンジジュースや栄養ドリンクを使うことでも入手可能。空き缶使用で100%逃走可能
 1体なら逃げるガン押し、2体以上だと失敗が怖いので空き缶をしっかり活用する
 フィールド上だと明かりを消すことで回避しやすくなる。

・性霊
 鬱陶しい敵、逃げ一択。基本ばらけてフィールドに居るので逃げのみで十分。今後も雑魚の攻撃で性欲が増えることがあるが、抑制剤を使うとヒナ戦以降のボス相手が厳しくなることが多いので使うのは控えよう。
 フィールド上だと壁抜けを使うので、移動経路には注意。

・憑依OL
 おっぱい!アンモニア瓶で逃げ可能。単体であれば逃げのみでもいい。フィールド上だとかなり追跡範囲が広いタイプと、普通のタイプの2種類がいる。基本しつこいので上手く撒こう。

・デブ性霊
 基本ノーマルと同じで逃げ一択。フィールド上だとライト照射がほぼ効かないので、ゆったりな移動速度を利用して逃げ一択。

・猫娘
 最後の雑魚、かなり厄介。戦闘は逃げ一択。フィールド上だと、サラリーマンとOLのいいとこどりみたいな存在。移動は主人公と同じ、かつライトを消していても感づかれる。逆にそれを利用してライトを消した状態でも頭の上に出る「!」を見つけ、回避することも出来る。
 また防犯ブザーを使うことで100%逃走出来る。捕まったらこれ。ボス戦に使用することもほとんどないのでしっかり使っていこう。
 



ボス戦攻略
・熊沢
 1ボス、雑魚。バットで殴ってれば沈む敵。あまり性感に攻撃をしてこないのでHPをしっかり見て回復は切らさない様に。
 倒すと救急キット1個。

・ヒナ
 2ボス、強い。「いたずら」が性感を30上昇させつつ、こちらのHPを削ってくるので、ここでしっかり抑制剤を使用しつつ殴り倒す。

・性霊王
 3ボス、そこそこ。こいつと戦う前に手に入る『ハンマー』および『火炎瓶』でほぼ完封可能だが、無いとそこそこ厳しい。
 正直ラスボスはハンマー一本で何とかなるので、こいつに一本使ってもいい。火炎瓶は場合によりけり。

・マキ
 ラスボスその1、強い。前哨戦ではあるがしっかりとハンマーを使って攻撃する。上手く攻略していれば、この時点で救急キットが20程度たまっているはずなので、惜しみなく使おう。抑制剤は次も使うが、正直四の五の言ってると殺されるので惜しみなく。

・ユウカ
 ラスボスその2、バランス狂ってない?攻撃力、性感攻撃ともに最強クラス。正直じり貧になりやすく、拘束されると一気にHPが6~7割持っていかれることも多く、デッドラインが非常に高い。絶頂なんてもっての外なので全てのアイテムを惜しみなく使おう。回復優先だが、「HP8割程度以上、拘束なし、性感低い」の時はしっかりと攻撃していこう、ここから拘束されても案外ギリで生き残るので救急キットで回復→抑制剤で回復しつつ、次のチャンスを狙っていく感じ。

 フィールド探索における攻略要素はほとんどありません。道なりに進み、扉を開け、先に進むだけです。
 「迷う!」という人は右上のマップをしっかり活用すると迷わずに済みます。画面上とマップを交互に見ながら進みましょう。