魔法少女テトラ ~拘辱に屈した二つの花~/同人RPG レビュー&攻略

<パッケージ>
魔法少女テトラ ~拘辱に屈した二つの花~

<商品概要>
●ゲーム概要・コンセプト

 敵に敗北し捕まると、助けが来るまで拘束状態のまま犯され魔力を吸収され続ける

●世界観・あらすじ

 人類は、異次元から突如現れた魔物によって破壊と侵略の圧政を受け続けていた。
 男は殺されるか労働力として過酷な労働を強いられ、女は子を産むための苗床にされていく混沌に染まった世界……。

 魔物の圧政が続くこと数年後――

 またもや異次元から後を追ってきたかのように不思議な生物が現れ、少女たちに魔物と戦える力を与えていった。
 きらびやかな衣装に身を包み魔物と戦う少女たちを、人々は「魔法少女」と呼んだ。

●システム概要

【1】イベントCG・Hシーン閲覧モード完備!(製品版のみ)
 ゲームクリア後はイベントCG・Hシーンを全解放!
 回収作業を気にすることなく、本編に集中できます。

【2】クリア後の特典『オープンワールド』!
 クリア後はオープンワールドとなり好きな場所に何度でも行くことができます。
 ゲーム攻略中の臨場感を、ゲームクリア後にもう一度お楽しみいただけます。

【3】いつでも見れるヘルプ機能!
 世界観やキャラクター、システムについて書かれたヘルプをいつでもどこでもゲームプレイ中に見ることができます。
 攻略の参考や、キャラクターについてもっと知りたい時などにご活用ください。

【4】戦闘敗北からの監禁・性的拷問!
 HPが0になり戦闘不能になった魔法少女は魔族のアジトに連れて行かれ監禁されます。
 そして一定時間ごとに魔法力を奪う性的拷問を受けてしまいます。
 この監禁・性的拷問から自力で脱出することは不可能であり、囚われた仲間は助けが来るまで延々と犯され続けることになります。

【5】★性的拷問で魔法力(最大MP)を奪われる!
 本作品の最大の目玉です。
 性的拷問では、魔法少女にとって一番大切な『魔法力』を奪われてしまいます。
 この魔法力が0になると変身が解けてしまい、二度と魔法少女になることができません。
 魔族に囚われた仲間の魔法力が奪いつくされる前に、急いで救出しましょう。

●操作方法(キーボード操作)

 『↑、↓、←、→』—–キャラクター移動・カーソル移動
 『Z、Enter、Space』—-決定ボタン・戦闘メッセージ早送り
 『X、Insert』———-メニュー表示・キャンセル
 『ctrl』—————文章スキップ

●クレジット
イラスト:弥生ことゆき

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 よかった・・・今回の淫獣枠は敵じゃないんだね・・・!
 と、クリアするその瞬間まで「いやー余計な邪魔をする妖獣を殺してくれて助かったよ」とか言われるかなとか内心ドキドキしてたんですがそんなことはなかったです。
 クリア時間は私は大体2時間ちょっと、コツを掴むのがもう少し早ければ2時間切ることも余裕そうです。攻略は後ほど。
 プレイ中の感想としては、戦闘中エロセクハラや、エロステータスなどありますし、片方が戦闘中HPゼロになった後の救出関連など、面白い要素もありなかなか楽しめました。
 一方ステータスやら何やら全てに共通する通貨であるポイントを貯めるのに序盤は苦労するかな?という感じですね、あるテクを使えば簡単に貯められますし、歩くだけでポイントが貯まる装備品もあるため後半ほど楽になる印象。
 雑魚戦闘はこちらからワンパンすれば楽、出来ないと面倒という感じです。マップ中にところ狭しとmobが並べられているため、何度も戦闘する機会がありますのでワンパン出来ないと辛いです。
 ボス戦、最初はやられイベントかと思うくらい強いと思いましたが、ネコできっちり強化アイテムを買い、使っておけば最後の方は作業に出来るほど楽です。

 HPがゼロになった後拉致って拘束するイベントがありますが、これでゲームオーバーになるのはなんとなく勿体ない気がしますね、ゲームオーバーない方がいいです。
 搾りカスみたいな魔法少女をさらに敵に仕向けて・・・っていうのがやりたかったですね←ド鬼畜
 最大MPがガンガン減るのは別にいいんですが、やはりゲームオーバー→タイトル画面のコンボがあることを考えると気軽に出来ませんでした。ゲームクリアした後に楽しむ感じですかね。

 全体的に見れば最近のゲームの中では色々なエロい要素が入っており、なかなか良かったです。

<オススメ度>
・エロ
 戦闘中のエロは軽め、本番は倒された後です。歩行すると無くなる「拷問準備ゲージ」がゼロになる前に助けないとイベント発生、どんどん犯されて最大MPを削られていきます。削り切られるまで延々続けられますが、ゼロになるとゲームオーバーです。その前に助け出しましょう。
 削られた最大MPは戻ってきませんが、一定以下になった時は多少ネコに最大値を回復して貰えます。100以下で150程度回復かな?
 イベントは基本戦闘で片方がやられた後のイベント、さらに最大MPが削り切られた時のイベントがあります。削り途中のイベントも含めると割と相当な量になりますね(回想では見られないので自力で雑魚に突っ込むなりしましょう(ゲス)
・ゲーム性
 このゲーム、何より「最大MP」が大事です。またステも基本INT、DEF、最大MPくらい上げておけばなんとかなります。と考えると、難易度はそこまで高くありません。序盤もなんだかんだ二人で最大火力叩き込めば雑魚もワンターンキル出来るので、戦闘部分で苦戦、というのはほんと最初から序盤、中盤くらいですね。装備が揃ってくる後半から終盤はほんと楽です。
 一応謎解き、というかフラグを立てていく系のステージが一か所だけあります。結構広いので苦労するかな、と思いましたがダッシュは出来ますし、50歩歩くと50ポイント貰える装備を付けておけば寧ろプラスになりますね。
・その他特記事項
 このゲームにおけるメインエロは多分「HPがゼロになり、連れ去られた後の戦闘風凌辱」でしょう。エロステータスなどもありますが、フレーバー程度でした、「○○の感度が○上がった」という言葉に興奮する人向けでしょうね。

<サンプルCG>
tetora1

tetora2

tetora3

tetora4

tetora5

<総評>
 総評としては「魔法少女が開発されていく様に興奮する人向けのエロRPG」です。
 エロ数値をガンガン増やすために最大MPばかりステータスを上げる、というのも一興な感じです。個人的にはもうちょっと戦闘中のエロを視覚的に表現して欲しかった感じもありますね。よりエロくなると思いました。

<リンク>
魔法少女テトラ ~拘辱に屈した二つの花~

※特にネタバレはないだろう攻略です。基本的な方向性だけを示す感じで。あとレベリング方法。

さて、まずは「どちらを優先的にレベリング(ステ強化)するか」についてです。

両方上げられるならそれに越したことは無いのですが、レベリング方法が方法なので片方だけを優先的に上げた方が効率的なんですね。

 ではどちらのほうがいいか、というと、まぁ「ウィンリィ」でしょうね。理由としては「回復を持っている、足が速い(敵より先に攻撃できる)」というのが大きいです。どんな戦闘においても、先制を取れるキャラがワンパン出来ればそれで戦闘は終わりなので、まず雑魚戦闘の効率を考えるとウィンリィを優先的に強化するほうがいいですね。
 次に「どのステータスを上げるべきか」についてですが、これは最大MP、ついでINTでしょうね。ぶっちゃけAGIは上げなくても先制を取り続けられます。またポイントがたまってくる後半、全ステータスを強化できるリングを4つ装備すれば大差なくなります。
 最大MPは「MP回復量の増加、魔法のダメージ増加、ダメージ低下を出来るだけ防ぐ」という三つの利点があります。このゲームの魔法は「MP値に依存」するものが多く、攻撃魔法は特にこれが顕著です。そのため「最大MPを上げることで、結果的にMPとダメージの両方を稼ぐことが可能」になります。

 まぁMPとINT、それとDEFを少しですね、DEFはあってもなくても何とかなりますが、あると安定します。

 そしてウィンリィだけ強化し続けておけばラスボスも倒せます。テトラは防御とドレインだけさせておけばそこまで強化しなくても死にません。

 そして最後に、テトラを強化しないことで可能なポイント稼ぎがあります。それが「テトラを見殺すことで、ポイントの美味い監禁場所モンスターで稼ぐ」です。鬼畜ゥ
 監禁場所のモンスターは、通常マップのモンスターに比べて、5~6倍近いポイントを持っています。そして強さは据え置きです。これはもう稼げと言われているようなものですね。
 テトラは雑魚なので、放っておけば勝手に敵が倒してくれます。そして連れ去られます。拷問準備の進行度を最遅にしておけば最大MPを削られることなく監禁場から助け出し、しかもポイントもガッポリと最高ですね。
 これが使えるのは「山のふもと」と「北の洞窟」です。廃病院には美味いポイントが無い?

まぁこれでポイントをたんまり稼ぎ、最強装備を4つ付け、最大MPをドーピングしておけば余裕、という話でした。
最後にステだけ載せておきましょう。クリア時のステです。

tetora7

tetora6

ちなみに、ポイントブーツは効果が重複しません、それぞれに付けても同じでした。