GOLD SCIENTIST/同人RPG レビュー

<パッケージ>
GOLD SCIENTIST

<商品概要>
<ストーリー>

人里から離れた森の中にある魔道研究施設。
そこから一人の天才科学者が一人の少女を連れて姿を消した。

その2年後、人目から隠れるように身を寄せた村に
研究所からの追手が迫る。

彼女の持つとあるデータを求めて……

―――――――――――――――――――――
「いつでもラスダンに挑める」がコンセプトのRPGです。
『ラスダン』を弱体化させてから蹂躙するか
『仲間』を雇って強行するか
『アイテム』を揃えて攻略するか
それとも……

『主人公はとても貧弱』

彼女で何をするか、どう攻略するかはプレイヤーの自由です。

ハニートラップを仕掛け情報を引き出したり

強い仲間を体で雇ったりアイテムを調合したり……

あえて難しくするか、簡単にするかはプレイヤー自身の手で選んで下さい。

本作品はアップロードによるイベントの追加、バグ修正を前提としておりますので
会員登録を推奨させていただきます。

―――――――――――――――――――――――――――――
本作品はRPGツクールMVにて制作しております
PCの環境などで動作不良、突然の処理落ちなどが起こる可能性があります。
かならず体験版にてご確認ください。

バグ報告、感想等はブログもしくはメールにてお願いします
ブログURL▽
http://b.dlsite.net/RG09038/

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
エロイベントが充実している作品
という感じ、戦闘中エロ、エロステータス、ちょっとしたBF要素みたいなものもありますが、結局のところここに帰結する感じでした。
その理由については次に述べます。

・ゲームについて
こちらの作品は某ギリギリな少年漫画作品のキャラの一人が元ネタとなっている、RPGツクールMV製の作品となっています。
またヒロインは自身の身体を利用して男共を篭絡しながら攻略していくこともできるし
「トランス能力」を使用して自ら敵の本拠地に乗り込むこともできるという、結構マルチな攻略が可能な作品でもあります。
しかしこの「トランス」を使うと、徐々に自身の精神が冒されていくんですね。
極限まで精神が汚染されると「無感情」状態になり、何を行動するにしても「合理性を第一」に考えるようになります。
「自らの身体を使ってハニートラップを仕掛け、情報を引き出すのが最も合理的な選択」
「この男は色仕掛けで落とした方が早い」
みたいな感じで、通常状態では思考しないような行動に出られるようになってしまいます。

戦闘画面でこの「トランス状態」について説明しましょう。
goldscientist1

ちなみにトランスしていない状態がこちら。
この状態だとかなり弱いです。雑魚敵にすら単身で勝つのは難しいでしょう。
酒場で傭兵を雇う、攻撃アイテムを作成し使用するなどの対策が必要です。

goldscientist2

そしてこちらが「軽トランス状態」です。
髪の毛を刃にして攻撃します。またこの状態では使用できるスキルが増え、攻撃力を初めとした「全ステータス上昇+全回復」という効果もあります。
この状態であれば、よほどレベル差が無い限りは雑魚敵に勝つことが出来るでしょう。ボス戦はちょっと辛いかもしれません。

goldscientist3
そしてこちらが「中トランス状態」です。
この状態では衣装が変化し、さらにステータスが上昇します。ついでに技も増え、ボス戦でも楽に戦えるでしょう。
この上にさらに「重トランス状態」がありますが、ここでは省略。
目が赤く虚ろになり、表情から感情が消えます。

「正常な状態」でエンディングを迎えるか、はたまた「無機質な状態」でエンディングを迎えるかはあなた次第・・・という感じの作品でした。
ちなみに楽なのは「トランス状態を使いまくってレベルをマックスにして、ごり押しでラスボスを倒す」という方法。
倒した後は「イベント回想全開放ボタン」があるので、それで全イベントを見ることが出来るようになります。
ただそれだと本当にすぐ終わってしまうので、楽しみたい方は地道に
1.情報収集
2.偵察
3.ハニートラップ
4.潜入
5.施設破壊
という正規ルートで進行していくのがいいですね。

この作品の特徴として上げられるのが戦闘中エロ、エロステータス、BF、エロイベントの豊富さです。順に説明していきましょう。

まず「戦闘中エロ」についてですが、これは「特定の敵との戦闘中に発生」します。
今のところパターンは3種、スライムとウェアウルフと浮浪者ですね。
「戦闘中エロ」というか「戦闘中に挟まれるエロイベント」のような感じです。
goldscientist4
こちらがその例です。
基本的に「トランスによる脱出」を選ばないとどんどんと悪い方向へ行ってしまいます。
また「最後まで」行ったとしても脱出はできますので心配はありません。
ぶっちゃけて言えば「フレーバー」ですが、絵も結構エロく良かったと思います。

次の「エロステータス」ですが、これは「性経験値」という形で貯まっていきます。
画面はこんな感じ
goldscientist5
これまた雰囲気だけではありますが、エロRPGらしくなっている要素であります。

次のBFですが、これも正直雰囲気だけなので説明だけで。
一部情報所有者から情報を奪取する際、色仕掛けで対応することになるのですが、その時にちょっとしたバトルファックというか、通常戦闘とは違う要素のある戦闘が入ってきます。
色仕掛けや服を脱いでいくことでステータスを上げたり、相手のステータスを下げたりしていると終わるくらいには簡単なものです。

ここで、上記の要素が「そこまでこのゲームに関わるほど重要な要素ではない」ということが何となく分かってもらえるかと思います。
私自身、これらの要素がこの作品のメインではないと薄々勘付いてはいたんですが、それが何故かなと思った時に最後の特徴である
「エロイベント」を引き立たせるための要素である、ということに気づきました。

という訳で最後の特徴である「エロイベントの豊富さ」です。
この作品は至る所でエロイベントが発生しますが私のようにトランスごり押しでプレイするとほとんどお目にかかれないままクリア出来てしまいます。
「では何度も周回しないといけないのか?」というとそうでも無くて、クリアした後は回想部屋に「エロイベント全開放」のコマンドがあるので、それを使用すれば
回想部屋に登録されているイベントを全て見ることが出来るようになります。
そしてこの作品は「エロイベントがかなりエロい」ということで、個人的には上の要素全てが味気なくてもこの部分だけで購入したかいがあるんじゃないかと思っています。

エロイベントなどについては下の方でまた詳しくシチュエーションなどを述べていきますが、どこらへんがエロいかということだけ説明しましょう。
まず「ヒロインの身体つきがとにかくエロい」ということ。
金髪で線の細いナイスバディってだけで十分エロいのですが、中身もエロいというね。
初セックスが浮浪者で襲われてのレイプであったとしても、最終的には感じてイカされてしまうくらい順応しますし、性行為に慣れてくると「自分の身体つきのエロさ」を自覚して相手との行為に臨むのでその描写がまた良いんですね。
トランスを使用し続け、ナノマテリアルに思考が侵略されてしまった後は特にその感じが顕著で、相手をイカせるということに特化していきます。

まぁ有り体に言ってしまえば「絵がエロい」に尽きるんですが。
この作品は「RPGツクールMVがしっかり動く作品であれば絵買いもあり」なくらいにはエロイベントの価値があるんじゃないかなと思います。

・このゲームの良かった点
という訳で良かった点としては「エロイベントがエロい」ということになるでしょう。
相手の口車に乗せられて身体を許してしまい、徐々に快楽に堕ちていくという方向性もありますし、
一方で「乗せられてやる」ことで相手を利用しようとする、という方向性もあります。

また「ヒロインの赤ら顔」がエロさをより引き立たせているような感じがありますね。快楽を感じている姿がかなり興奮します。
まぁ「絵がエロい」ということを説明するなら絵そのものを見て頂いた方が早いと思うので、筆舌はこれくらいにしておきましょう。

・このゲームの改善されるべき点
結構あります、まずバグ関連ですね。
今後フィックスされて良くなっていくとは思いますが、今は「致命的な進行不能バグこそない」ものの、細かいところでバグがちょいちょいあります。
「やべぇ進行不能になった!」ということ自体はありつつも、抜け道は割とあったので一応無いということで。
ちなみにエロイベント再生そのものには関わらないところでもあるので、個人的には「気にはなるものの気にしないでも問題ないレベル」の問題ではあります。

後は上に書いたエロイベント以外の特徴がちょっと空気過ぎるという点でしょうか。
有ってもいいけど無くてもいいくらいのものなんですよね、そこがちょっと残念でした。
進行そのものに食い込ませない形であれば普通に負けイベントとかでも良かったような気がします。

<オススメ度>
・エロ
シーン数は40以上、尺は細かいイベントから長いイベントまで様々ありますが、使用に耐えうるイベントが結構あるので個人的には良しという感じ。
シチュエーションとしては
・シャワー覗きをしている主人を誘ってセックス
・酒場で傭兵を仲間に入れるために身体を差し出す
・情報収集のために身体を差し出す
・「ハプニングバー」みたいな水着が制服のバーでのイベント
・娼館
・戦闘中及び戦闘後敗北エロ
でしょうか。
トランスによって二通りの人格で楽しめるのがいいですね。
感情が表面に出るか、はたまた無表情で搾り取るかみたいな感じです。
個人的には赤面した顔がとてもエロくて可愛い感じだったのでそっちが好みでした。

・ゲーム性
私の攻略方法は「全シーンでオートベレニシス(トランス)使用」での攻略だったので、正直ここで語ることが参考になるかは分かりません。
一応もう一つの攻略法として「傭兵を雇う」というのもありますが、私はこういうエロRPGでは極力一人旅が好きなので・・・w

ちなみに商品概要にもある通り、この作品は「最初からラスダンに挑める」仕様です。つまり「エロイベントだけ見たい」というせっかちな方でも
1.トランスを使用しまくりレベルを99にする
2.特攻
でクリアが出来ます。1時間どころか数十分で終わりそう。

プレイヤーによって様々な攻略法がありますので楽しめるんじゃないかなと。
RPGとしての難易度はかなり低いので攻略そのもので詰まるということはないでしょう。

・その他特記事項
こちらの作品は「RPGツクールMV製」です。
MVと言えば「負荷」ですね。プレイする前にしっかりと体験版で動作確認するのがいいでしょう。

<サンプルCG>

<総評>
総評としては「エロイベントで勝負できているRPG作品だと思う、でも個人的にはもうちょっとエロ戦闘の充実をして欲しかったなぁ」という感じでしょうか。
結構立ち絵がしっかり描かれていたので、戦闘中のエロも結構映えるだろうなぁと思ったんですね。
精液垂れの立ち絵もあるっぽいので、恐らく構想まではあったんだろうと思いますが・・・。まぁエロイベントがエロいからいっか。

<リンク>
GOLD SCIENTIST