BLOOD RUSH./同人RPG レビュー&攻略 ※グロ注意!

※こちらのゲームは「過度なグロテスク表現」及び「ゴア表現」が作中のほとんどに含まれております。
それ故にレビューの端々及び掲載画像にも同様に「見せられないよ!」なものが多数登場する恐れがありますので、追記にてご紹介します。

この記事を読むことでの不利益については一切関知しません。

覚悟が出来た方のみ、続きを読むようにしてください。

<パッケージ>
BLOOD RUSH.

BloodRush.

1,728円

<商品概要>
★注意
当ゲームはRPGツクールMVにて製作されています。
お使いのパソコンとの相性、スペックによっては、戦闘中のキャラクターが正しく表示されない場合があります。
必ず体験版での動作確認をお願いいたします。

また、製品版では体験版のセーブデータの引継ぎはできませんのでご注意ください。

■ ストーリー
荒廃した歓楽街「神武羅町」を舞台としたエログロハードコアリョナRPG。
舞台となる神武羅町は、殺し、盗み、強 姦、売春、ドラッグの蔓延る無法地帯。
そこを訪れた一人の殺し屋クラリッサ…。
彼女の目的は、家族を皆殺しにしクラリッサの右目を奪った殺人組織「コラプトガーデン」を壊滅させること。
神武羅町に潜入した後、クラリッサは一人の女警察官キリコと出会う。
キリコもクラリッサと同じく「コラプトガーデン」によって家族を皆殺しにされるという同じ境遇を持つ。
殺し屋と警察官という本来は敵同士である二人は「コラプトガーデン壊滅」という同じ目的の為に共闘し、
血と肉と陵辱にまみれた戦いに身を投じることになる…

■ ゲーム概要
銃器使いの殺し屋クラリッサと、四肢が義手義足の格闘警察官キリコを操作し、
殺人集団「コラプトガーデン」を追って様々な施設に潜入せよ!
全滅してしまうと、「コラプトガーデン」の手によってイリーガルポルノビデオに出演するハメになってしまう。
戦闘中でも容赦なくエロ&リョナられる!カットイン&アニメーションシステム有り。
陵辱、腹パン、顔面殴打、セクハラ、丸呑み、触手など…合計18パターン収録。
プレイ時間は4~6時間程度です。

■ エロイベント仕様
ザコ戦や賞金首戦で全滅すると専用敗北イベントが発生します。
「全滅するのが面倒!」という方の為に、使用すると瞬時に全滅できるアイテム「白旗」があります。
敗北イベントだけではなくストーリー中にもエロイベントが発生します。

WebM形式30FPSリョナ&エロムービーを収録。
動画形式12種 テキスト有り静止画形式イベント10種の合計22種類を収録。
ムービーは回想モードにて静止画でも閲覧可能です。差分含め約240枚。
ムービーと静止画のシチュエーションは、
監禁集団レ イ プ、ミンチマシーン、丸呑み消化、苗床化、触手陵辱、潜入失敗でレ イ プ、切断、
腹パン陵辱、電気椅子、獣姦、蟲姦、人体改造、爆破、プレス圧殺、肉便器化、水責め、機械姦、ギロチンなど…
陵辱系エロ4:ハードリョナ6程度の割合で収録しています。

■ 備考
・ウィンドウサイズ1280×768
・戦闘インターフェイスはオリジナル!敵は全て描き下ろし!
・サイドビューバトルでのキャラクター達は独自規格サイズのキャラがダイナミックに戦います!
・ムービーやCGのみを見たいという方の為に全CG解放データも同梱されています。
・クリア後に戦闘中カットイン+アニメを閲覧できる施設が開放されます。

■ 開発ブログ
ご意見、ご感想、不都合報告等はコチラへお願いいたします。
http://b.dlsite.net/RG13597/

■ BloodRush公式サイト
こちらのサイトでゲーム画面や登場キャラ等をご覧いただけます。
http://pandora.nu/aoiro/br/

■BloodRush 開発報告動画(要ニコニコアカウント)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29017502

<実際にプレイしてみての感想>
いやー面白かった、RPGとしてもストーリーモノとしても。
 正直こういうグロテスクものはあまり触ったこともないし、進んで触ろうとは思っていなかったのですが、「あのツクールMV製」でどこまでやれているのかも気になって体験版やったら結構面白くて、ということでレビューするに至りました。まぁ自分がちょっとだけMVでゲーム制作やってたこともあるというのもあって、このゲームには色々驚かされましたね。

 まず「マップチップの作り込みが尋常じゃない」という部分。
 町やダンジョンの至る所に設置されているオブジェクト及びマップそのものを「マップチップ」というんですが、これが尋常じゃなく作り込まれていました。雰囲気づくりが凄いんですよね。実際に一つマップを見てみましょうか。
br1
これ一つ見ても、私からすると「MVはもうここまで来てるのか」とか思ってしまいました。結構素材増えたんですねー。
 他にも紹介しようと思ったんですが、ゲームクリアした後おまけの解放データぶっこんだら元のデータにかぶってまして、消えちゃいましたテヘペロ。
 一応一回ゲームクリアしたのでまぁいいかと思ったらコレですよ、アホですね俺。

 マップチップでも、女性型のキャラが死んでいたり死にかけていたりするイベントにはしっかりとフレーバーテキストが組み込まれているので「なんで死んだんだろう」とか「そうやって死んだのか」という説明がキャラから入るので探索のしがいもありました。
 
 後は「MVなのにVXACE製とあまり変わらない感じで戦闘中エロとかシーンとか組み込めているなぁ」というのもあります。似たような戦闘エロだと「ONEONE1」さんのゲームの戦闘中エロみたいな感じで「ステータスやゲームクリアに一切の関わりの無いエロ」です。
 エロイベントはほぼほぼ「グロテスク要素」ありのシーンです。一部ただの触手プレイだったり、薬漬けセックスだったり肉便器だったり(四肢欠損のダルマ状態ですけどね)はありますが、一部です。
 このゲームの根幹にかかわる組織「コラプトガーデン」というのがまた悪趣味な組織で、女の子がグロいことされてたり、絶望していたりしているのを楽しむっていう超悪趣味な組織でして。
 特に「拷問壁圧殺」と「快楽ギロチン処刑」はヤバかったです。他のもヤバいんですが特に悪趣味でした。「犀利」っていうキャラが関わるタイミングでよりゴア方向にシフトした感じもありましたし・・・
 またシーンが全部アニメーションするんですよね、結構しっかりアニメーションするのでよりエグさが増していました。懸命に壁を足で押し返そうとするんですが圧力に負けて足の骨が飛び出してしまったり、溶かされたり、生きたままミンチにされたり・・・
 いやーきついっす(素)
圧殺した後のシーンが特にヤバかったです、悪趣味極まってて、これよく考えたなぁとか逆に感心してしまいました。

 ただ快楽ギロチン処刑のシーンに関しては、クラリッサ側はただの機械姦だったので、そこは・・・まぁその・・・「勃起」しちゃいましてね・・・
 まぁその後のギロチンで萎れた訳ですけど(絶頂するごとにロックが外れ、5回イクと処刑側が死亡するという悪趣味なもの)

 まぁグロシーン☆についてはある程度想定して買う人も居るでしょうし不満なんてないです。

 一方RPGやストーリー部分に関しては、純粋に面白いと思いましたね。レベリングは後半ほどやり易くなりますし、ボス戦もそこまで難しいものではないですし金は潤沢ですし・・・銃器に関しては実在するものばかりでした。
 特にラスト付近のボス戦は「ルーチン」で倒せるものばかりで、手ごたえが欲しい方には申し訳ないですが「後半ほど相対的にボスが雑魚」になります。チャージメテオ最強。

 なので「RPG部分がネックになる」ということはまずありません、謎解きも力押し出来ますし、潜入脱出もセーブアンドロード可能なので詰み防止出来ますし。

 でも特大のヤバい奴があるんですよね。今後修正されることもあるでしょう。
 それは「戦闘開始時、強制終了する」というもの。私も何度かありました。恐らく処理の問題なんでしょうけど、突然落ちるのでセーブはマジでこまめにやりましょう。
 ちなみに「どの戦闘」でも起こります。それはラスボスも例外じゃなかったです。思わず画面の前で笑っちゃいましたよ、「今ァ!?」ってw
 それ以外は特に致命的なバグも無いですし、クリアタイム3時間弱、きっちり楽しんでクリアさせて頂きました。(でも最後の賞金首、ラスボスより強い可能性が・・・まぁレベル25~26まで上げてしまえば雑魚になるんだろうけどね)

 
<オススメ度>
・エロ
 エロ・・・うーんエロいと言われればエロいシーンはあります。が基本はリョナ、かつグロテスクなものが多めです。ガチなシーンやCGも多めですね、姉妹が互いに半身に爆弾を埋め込んでザクロになるとか、上半身と下半身がおさらばするとか、先ほども言った「拷問器具系」グロシーンは特にエグいですね、電気椅子による焼死とかミンチマシーンによるものとか、溺死するタイミングで殺人魚に食い殺されるとか、枚挙に暇はありません。
 その中でもエロとグロが同居しているシーンはやはり「キリコふたなり化」でしょうか。その前の孤児院惨殺もまたエグいですけどね。
 ぶっちゃけ「純粋なエロシーン」目的でプレイするのは絶対に、やめましょうね。

・ゲーム性
 マップチップの異常な作り込み(主にグロテスクな死体や肉塊などの置物系です)が光るゲームでした。あれがあると無いとではこのゲームの「残忍さ、醜悪さ、惨たらしさ」は雲泥の差になるんじゃないでしょうか。そういう意味では普通のエロRPGよりも雰囲気づくりはしっかりしていて、ダンジョンを歩く楽しさがありました。
 敵はランダムエンカウントですが、敵を沸かせないアイテムなどもあるので探索が辛いということはありません。寧ろ歩き狩りをある程度しておかないと、いざ賞金首と戦うということになった時にギリギリの戦いになる可能性が多くあります。
 
 キャラクターもそれぞれ場面によって担当を分ける、という楽しみがありました。前半はクラリッサが攻撃、キリコは回復やら担当、ラスダン付近ではクラリッサが回復などを担当し、キリコのHP消費スキルで単体攻撃をかますという感じになります。ボス戦は特に「ずっと回復」するレベルで敵の攻撃が激しいこともあるので、回復アイテム系は潤沢に持っておいた方がいいですね。
 
 特にネタバレはしませんが、ラスボス、その手前のボス、さらにその手前のボスなんかはレベル25あたりまで両方を上げておくとグっと楽になるでしょうね、無くても倒せないことは無いんですけど辛いです。
 キリコが「インファイト」及び「メテオストライク」(曖昧)を覚えるとボス戦が作業になります。なのでクリア推奨レベルは25~26ですね。

 クリアタイムはIGTで約3時間でしたが、特に無駄足を踏んだという感じは無い・・・と思うので大体これくらいは楽しめるでしょうね。リョナシーンなどを見ていたらもうちょいかかるでしょう。

・その他特記事項
 MVの特性によるものなのか、バグもまた強大ですねぇ。
 ある程度のスペック及びグラフィック性能が無いと、頻発するバグかもしれません。私はゲームクリアまでを通して10回程度くらいはなっています。
 やっぱMVちょっと重いんだよねぇ。ゲームパッドもXinputだけだし。
 マウス操作は全くオススメできませんので、キーボードでの操作をおすすめします。使うキーは十字とZとXくらいなのでこっちのほうがいいです。会話を飛ばしたいならctrl、戦闘速度を速めたいなら戦闘中左上のボタンを押してみましょう。

<サンプルCG>
br2

br3

br4

br5

br6

br7

※ガチなグロはマジでアウトくさいので、自分の眼で確かめてみてね!
正直「DEADSPACE」シリーズがプレイできるレベルじゃないと厳しいよ!(四肢切断、欠損、爆死、その他様々なグロテスク要素あり)

<総評>
 総評としては「猟奇的表現は確かに強く、それ故の食わず嫌いも多いかもしれないが、この手の表現が大丈夫な人だったら寧ろ楽しくプレイできるゲーム」ですかね。
 ゲームプレイ中に起きたバグは強制終了の奴だけなので、それ以外では致命的なものもなくプレイすることが出来ました。
 
 結構初回戦闘時のクラッシュが多発しているようなので、体験版などでチェックしたり、公式サイトのコメントをしっかりチェックするのが望ましいですね。
 ちなみに私のノートはメモリ8GBのGTX950Mで、これでも起こる可能性があるのでやはりMVのほうが何か悪さを(ry

<リンク>
BLOOD RUSH.

BloodRush.