赤首の闘技場/同人RPG レビュー&攻略

<作品表紙>

赤首の闘技場

<商品概要>

■あらすじ

喧嘩別れした父を見返すために剣の修行の旅に出た少女サチはある時人さらいに攫われてしまった。
その後、運ばれた先の国で魔法の首輪で縛られ、剣奴としてコロッセオで戦うことになってしまう。
コロッセオでは8人の手練達を相手に勝ち抜くことができれば自由を取り戻せるが、一度でも負ければその対戦相手の性奴隷にさせられてしまうのだった。
負けの許されない色狂いの闘技場がある街で、己の肉体を賭けて戦う剣士の少女の物語。

■システム

・基本はスタンダードなコマンド選択式ターン制バトルです。
・対戦相手がセクハラ攻撃をしてきます。
 また、セクハラをされ続けて絶頂するとどんどん不利になり、最終的には為す術無く犯されます。
・HPによる戦闘不能以外に、絶頂を繰り返すことによる失神によっても戦闘不能になります。
・性感攻撃は主に十字キーQTE(クイックタイムイベント)によって回避できます。(主人公の部屋で鈍足化可能)
・スキルはサイコロにセットしてランダムに使用するダイススキル制になります。
・攻撃を受けるほど鎧が破れていきます。また、絶頂などして隙を見せると敵が脱がしてくることも有ります。

■ゲーム内容

・周回前提のゲームバランスになっています。(強くてニューゲーム可)
・回想部屋内のHシーン数23。(イベント用CG原画25種)
・戦闘中立ち絵9種。(9種中、生殖行為3種)
・主なシチュエーション。町中で男達による陵辱。決闘の敗北による性奴隷堕ち。
・中には主人公を死に至らしめるようなハードなものもありますので苦手な方はご注意ください。
(CGで直接的に切断断面や臓器露出などはございません(擦り傷やアザ、ボテ腹等があります))
・また、全体的にシナリオはシリアスになっています。

■注意

・必ず体験版での動作確認をお願いします。
・不具合の修正やバージョンアップなどで、内容を差し替える可能性があります。
 ですので再ダウンロードができるように、会員登録してからのご購入をできる限りお願いします。

■更新履歴

2014/11/04
ver1.05d
寮の時計でのQTE変更項目に最高速度として「性奴隷」を追加。
一部のイベント内容、バグを修正。

2014/10/05
ver1.05c
クリア後の幻想闘技場にて状態異常「淫乱」ステートを付与できるように変更。
また、同所にQTE速度の変更を設定できる時計を設置。
幻想闘技場にて一部の決闘相手で起こっていた不具合の修正。
一部の誤字を修正。
※これ以前の更新は本体同封のtxtにて確認できます。

<実際にプレイしてみての感想>


戦闘中エロメイン同人RPGの最高傑作
と言っても過言ではないレベルの作品です。エロRPGでかつ題材が「コロッセオと奴隷」ということもあって、戦闘中に相手に辱められることに特化した作品であると言えます。
しかもそれだけでなく、普通のエロイベントもかなりエロいという嬉しさ。
育成も楽なのでRPG難度は低く、戦闘中エロに没頭できるような装備アイテムもあるので実用性にも優れた作品となっています。

なによりサっちゃんが可愛い。ヤられている姿がとにかくエロい。これだけでもうアリですね。

・作品について

作品全体について

という訳でこの作品は「不運なことから、闘技場で戦うことを義務付けられた奴隷『赤首』となってしまった主人公。勝ち抜いた先に見えるものは希望か絶望か・・・」といった感じの作品です。

この作品はゲームデザインとして「強くてニューゲーム」を推奨しています。
強くてニューゲームとは、ゲームオーバーになった時点でのレベルや装備、アイテムやステータスなどを引き継いでまた最初からやり直せるという仕様のことです。
実はこれ単純な仕様というだけでなく、ゲームのシナリオそのものにも関わってくる重要な要素にもなっています。
そういう意味でもガンガン周回して最強になりましょうね。

にしてもここまで戦闘中エロに力を入れた作品は中々無いですね。戦闘中エロというよりは戦闘全体が一つのエロシーンと言ってもいいくらいのものとなっています。
まぁそれらについては後述。

ゲームのシステム、また特徴的な要素について

このゲームは日数リミット有のゲームです。プレイヤーは限られた「20日間」の中で闘技場を制覇する必要があります。
鍛錬で纏めて何日か潰して楽々クリアをするか、はたまたギリギリの戦闘を楽しみつつステータスを上げていくか・・・これはプレイヤーの自由ですね。

ただこのゲーム、先ほども言った通り「周回」がいくらでも出来るので、いっそ「20日間ひたすら攻撃訓練をして一旦ゲームオーバー、攻撃ムキムキの状態で二周目に突入」なんて荒業も可能です。
実はこっちの方が楽かもしれない、というくらい周回は大事です。楽にプレイするという理由だけでなく、戦闘中エロを長く楽しむという意味でも必要な部分ですね。

ということでこの作品の特徴であり、キモであり、良い部分でもある「戦闘中エロ」について説明していきましょう。

・基本画面

こちらが戦闘の基本画面になります(HPが高い?ある程度プレイしていると装備無しでもカンストします)

まず「斬撃」というのは、文字通りの通常攻撃ですね。
自分の攻撃力を参照してのもので、何の変哲もないものではありますが、例えば「ダイスに回復も入れていて、でも敵はあと一発で倒せそうなときに回復出てほしくないなぁ」といった時に通常を使えば安定してヒットさせることが出来ます。ダイス全部に攻撃技を入れている場合は空気ですけどね。

そして次の「ダイス」ですが、これは戦闘前、事前に1~6までの数字に割り振った攻撃をダイスロールで発動するというものです。
消費するポイントなどは無いので、ガンガン使っていけます。

ダイスロールで出目を選んで~・・・決定!

ゲーム中最強技の設定をしていた「6」が出ました!

と、こんな感じで運ゲーを楽しむことも出来ます。基本的には1~6は同じような技、もしくは全て攻撃技を入れて運ゲーを無くすんですけどね。

あと「防御」「降参」はそのままですね。ターン送りと強制敗北です。
次からは「やられ」について説明しましょう。

・カウンター

戦闘中、敵に攻撃された後に追撃を食らうことがあります。基本的には快楽ゲージを上げる攻撃ですね。

こうして捕まった後に「QTE」が出現します。
(※QTE:クイックタイムイベントの略、簡単に言えば「制限時間内にこのコマンドを入力しろ!」というもの)

これに成功すると脱出できますが、サチはそれだけでは終わらず、さらにQTEが出現します。それが成功すると・・・

ズバっとカウンター!威力は通常ダメージにちょっと負けるくらいの威力ですが、序盤は特にダメージソースに限りがあるので重宝しますね。
このカウンターの威力を上げるパッシブスキルも存在します。
(※パッシブスキル:所持しているだけで効果を発動するスキル、パッシブとはアクティブの反意語で、受動的とも)

ただしこのカウンターの前、最初のQTEに失敗すると、そのまま快楽ゲージを増やされてしまいます。

そのまま絶頂すると・・・?

・武器落とし状態

はい、次はこの武器を落とした状態になってしまうという訳ですね。

この状態になると可能な行動が変わります。基本的に受け身的な行動しか取れないので、早めに武器を拾わなくてはいけません。
武器を拾えばまた先ほどと同じように戦闘が可能です。

ただエロのメインが「戦闘中エロ」なので、今回はもっと悪化してもらいましょう。
このままさらに服を引っぺがされ、公衆の面前で真っ裸にされ、さらにイカされるとこうなります。

この状態になると後はもう犯されるだけ、イカされるだけになってしまいます。(この画面だとまだ下着は残っていますが、どうせ後で剥ぎ取られます)
一応ここからでも振りほどくを使うことで脱出は可能となっているため、諦める必要はありません。
そしてさらに悪化すると、今度は「押さえつけ」を受けます。

・押さえつけ

ちなみにこの押さえつけ、敵キャラによってはこのように持ち上げたり、正常位や後背位とバリエーションがあります。

この状態になってしまえば、後はもう・・・

後はイカされるだけですね。絶頂に次ぐ絶頂でバイタリティを削られ敗北となります。
ちなみに相手の絶頂の隙を突いての脱出も出来なくはないですが、後述する「開発度」が高くなっているとそれも絶望的になりますね。
イカされまくって脱出できないまま敗北ってのが良く起こります。


という感じです。如何でしょう?この手の込みよう。
この作品はこのエロこそメインと言ってもいいくらいです。
ちなみにボス級たちは様々な手を使ってサチを堕としにかかります。薬を使ったり、邪道を使ったり、はたまた魔法で発情させたりと・・・
単純なエロ攻撃で終わらないこの「立ち絵や表情、エロ攻撃のバリエーション」こそこのゲームの特徴と言っていいでしょうね。

その他にもステータスやら特訓画面が凝っていて良かったですね。

・ステータス画面

ステータス画面は三種類あります。
一つ目がこちらの「基本ステータス」ですね。

倒した敵の数や現在日数、それに特訓で上げたステータスが表示されます。

次は「開発度」です。

かなり細かく分かれているうえ、これら全てに戦闘中エロが絡むということになっています。
またそれぞれが開発されてくると、戦闘中エロの快楽度上昇が目に見えて変わります。
攻略中に上がると割とやっかいなので注意しましょう。

最後は「H履歴」ですね。

被射精経験など全ての項目が「戦闘中エロおよび通常イベントで共通の数値」になっています。
エロい行動の全てがこの経験になるということで、目視でエロくなったかどうかを確認できていいですね。

と、このようにステータス関連もエロRPGに欲しいレベル以上に充実していました。

・特訓

最後の特徴は「特訓」ですね。これは簡単に説明しましょう。
特訓は文字通り、戦闘のためのステータスを上げる要素となっています。鍛錬場で上げます。
これは時間を消費するので、闘技場で金を稼ぐか、それともガッツリステータスを上げるかでプレイヤーによって変わってくると思います。私は闘技場派です。

このようにSDキャラがドヤ顔で丸太を切っています。失敗するとすッ転んだり、大成功すると木っ端みじんにしたりと、確率によって特訓成果が変わってくるのが特徴ですね。

!?


はい、以上がこの作品における特徴的な要素たちでした。
エロ戦闘にフォーカスしがちですが、それ以外の要素もしっかりと作りこんであるので純粋にゲーム部分が面白かったのが良かったですね。
ただの戦闘中エロゲーではないということですよ。

エロの内容について

シチュエーションについては、ネタが「奴隷」ということもあり、またえのきっぷさん自身が割とリョナもOKというスタイルからか、ハードなものが多めです。
例としては
・催眠術で抵抗できない人形にされ犯される
・媚薬でどろどろにされた状態で犯される
・超巨根に腹ボコされながらの中出し
・騎士のペットとして飼われることになる、またそこにはかつての赤首仲間が・・・
・壁尻奴隷
・触手と電撃で完全に廃人にされ殺される
・脱出ゲームに失敗、一晩中催淫ガスで狂わされ犯され続ける
・逃走しようとした罰に電撃でクリトリスを責められ公衆の面前で失禁
・奴隷以下に扱われレイプされた後殺される
・強制的に深く眠らされたまま犯される

と、かなりハードなものも含めて奴隷らしさが前面に出た感じのシチュエーションが多いですね。
特に衝撃なのが「割と死ぬ」ということ、改めて奴隷という立場の命の軽さを思い知ります。
これらはすべて自らで起こすイベントなので、自分の選択で殺すとなるとまた重いですよね。

結構ハードなリョナラーにも満足できる一方、エロいものはしっかりとエロいので普通の嗜好の人でも楽しめますよ?

CGその他エロに関連する要素について

とあるシーンでは疑似的にアニメーションがあります。
脱出ゲームで捕まった時なんか、激しく手マンされる描写がそれで描かれているのでとてもエロいです。

操作感やユーザビリティについて

操作性はかなりいい方ですね。
歩行スピードもストレスを感じない程度に早いですし、マップ自体が狭く作ってあるのでそもそも歩きがあまりないです。
また「ジャンプ」機能があり、特定の状況下でない限りは容易にマップ移動が可能です。
よく「屋内からでは移動できない」みたいなRPGがありますが、これは本当にどこからでもワープが出来るので良いですね。

そして一番良いのは「回想開放」がある点でしょうね。
ノーマルエンド(トゥルー達成せずに28日を迎える)でも開放できるので、面倒になった人でもエロイベントはしっかり見られます。

ストーリーやテキストについて

何故サチがここへ連れてこられたのか、なぜ戦わなければいけないのか
このあたりの謎はトゥルーエンドルートでしっかりと解けます。
最終戦闘は中々に燃えますね。赤首として、一人の剣士として、全ての元凶に立ち向かいます。

プレイ時間やエロなど作品のボリュームについて

プレイ時間は周回しても引き継がれるため、しっかりと総時間が分かります。
私は最終的に2時間と40分くらいでトゥルーにたどり着けましたかね。
無駄な行動も多かったですし、トゥルー条件も分かっていなかったのでこれくらいかかってしまいましたが
きっちりとプレイすれば後2~30分は短縮できると思いました。

でもそれ以上に戦闘中エロの誘惑が強くて・・・w定期的にサチを犯させていたらこんなことにw

プレイ時間

一周目、バッドエンド(タイムオーバー)50分くらい
二周目、バッドエンド(トゥルーにたどり着けず)時間は不明だが2時間は切っていたかな
三周目、トゥルーエンド(手さぐり)2時間46分程度、途中またバッドへ行ったので何度かオーバータイムをやり直してこのタイム

・このゲームの良かった点

作品全体を見て

良かった点としては「よくぞここまで戦闘中エロに、エロ戦闘に力を入れてくれた」というところです。
戦闘中エロという意味ではバリエーション豊富な愛撫、セックスを作ってくれましたし、
エロ戦闘という意味では上手く通常の戦闘にエロ要素を絡めたなぁという点で素晴らしいと思いましたね。

ステータスによってしっかりと戦闘中受けるエロ攻撃の強さも変わってくるあたり、本当に作りこんでいると思いましたし、
とある敵は「鎧だけを残して下着を剥ぎ取る」というちょっとフェチな要素と「アーマーブレイク」の要素を混ぜ込んでいましたし、
ほんとエロ要素とRPG部分の融合が素晴らしいですよ。

何よりも、そんな辱めを受けて赤面して涙目になって、犯されるとアヘ顔トロ顔晒してイキまくった挙句犯されまくるサチちゃんのエロさが素敵でした。
まさに女主人公のヒロインに相応しいエロさと見た目というか・・・しかもこれでボクっ子っていうのがまたね。

とにかくこの作品は「エロとRPG部分(特に戦闘部分)の融合が上手くいった例」でしょうね。他にも戦闘中エロなどがある作品はありますが、このマッチ具合には中々・・・

エロ要素を見て

サチちゃんが可愛いの一言に尽きますね。
赤首になった経緯が既にエロいことをされているため、イベント中も含めてかなりイキやすくなっています。
そんなサチちゃんを容赦なく犯す敵も、イベントのおっさん達もほんと素敵でした。

・このゲームの改善されるべき点

作品全体を見て

これといって無い、と言いたいところではありますが、例えば「戦闘中にセックスまでされ、かつサチは発情状態で開発度MAX、イキやすくなる香水をつけている」という場合
拘束時間がものすごいことになるんですよね。だって一回エロ攻撃受けると100が上限の快楽度がMAXになるので「イキっぱなし」になるのです。
それ自体はかなりエロいのですが、相手の射精余韻復帰とタイミングが合致するとかなり悲惨です。装飾品でVPをガン上げしていた場合、そのVPが尽きるまでひたすら犯され続けるということにもなりかねません。

そうなった時に解除する術が無いんですよね。それだけがちょっと心残りかなぁと。

それ以外では特段気になる部分はありませんでした。

<オススメ度>

・エロ

シーン数

回想登録数は23、またエロ戦闘敵はバリエーションとして14体います。うち9体がボスなのでユニーク戦闘ということになりますね。
後の5人は「腹パン専門」「正常位専門」「バック専門」「駅弁専門」「とっても強いタフなライアン」となっています。

ちなみに回想は「イベント回想」「模擬戦闘」の二種類があり、しっかりと戦闘中エロも回想で楽しめる仕様です。

エロシーンの尺や演出

イベントシーンの尺はそこそこ長いです、実用性がしっかりある程度には長かったです。
戦闘中のエロはVPを増やすアイテムがあればあるだけ長くなりますね。

特におすすめのエロシーンは?

イベントであれば「迷宮脱出中に何度も捕まり愛撫されイカされまくった挙句一晩中犯されることになる」シーンが一番エロかったです。
最初は抵抗していたものの、室内に充満する媚薬ガスにやられ、最後は抱き着いて快楽に抗おうとするサチちゃんと、それを容赦なくイカせる男たちという感じで素晴らしかったですね。

・ゲーム部分

ゲームの内容について

戦闘中エロに傾倒している以外は割とオーソドックスなRPGです。ステータスを上げボスを倒し、金を稼いで装備を整えるというもの。
戦闘が基本タイマンなのでそういう意味では楽じゃないかなぁと思いました。

作品のボリューム

プレイ時間はあくまで「エロ戦闘をしなかった場合の数字」です。エロ戦闘も加味すれば十二分なボリュームになると思います。
私も攻略が終わったので改めてエロ戦闘に没頭します。

特におすすめする理由

やはり「戦闘中エロ」でしょう。
これがやりたい人はまずこれをプレイしろと言いたいくらいです。

<サンプルCG>

<総評>

総評としては「戦闘がエロくて面白い作品、ストーリーもなんだかんだ熱い、後サチちゃんのトロ顔が可愛い」でしょうか。
単純なエロ要素が既に良いものですし、それを上手く戦闘中エロとして当てはめているのも良かったです。

戦闘中エロに関しては前作のソナビアからあったのですが、ソナビアのエロ戦闘は死んだらそこで終わりだったのであんまりだったんですよね。
そこをこの作品は「イっても専用のゲージが尽きるまではイカされ続ける」と素敵な仕様だったのでとことんまでイク姿を楽しむことが出来ます。
これもまた良い点でしょうね。

<リンク>

赤首の闘技場

赤首の闘技場

<攻略>

トゥルーエンドの行き方

1.先輩赤首が金騎士に負けるイベントを見る
2.深夜の歓楽街にいるリスティイベントを見る
3.次の日にリスティに話しかける
4.もう一度深夜の歓楽街にいるリスティに会う
5.15Dayくらいに深夜の正門前へ、ラビアに会う
6.20Day以降、朝のキッチンでイベント
7.20Day以降昼の歓楽街でラビアイベント
8.コロッセオの左が通れるようになっているので行く

以上です。15Day前の正門前イベントは多分関係ないです(花イベント)

迷宮攻略

雑ですが簡単に攻略します。

最初を右へ

この穴二連を上へ、突き当りの端まで行ったら右手へ

ここがマップの右上端になる、そのまま下へ下へと進む
道なりに進むと

こういう穴が開いた場所があるのでそこを下へ進み、突き当りを左手へ
その直後にある上の部屋を先に進めば

ゴールです。道中で9回敵に当たらなければごり押しも出来るので1周1回チャレンジしてもいいでしょう。

対ボス攻略

対ダイン

周回していなくても弱い
しっかりQTEを成功させれば負ける要素は無し、隼切りで攻める

対リッド

まだ雑魚
HP低下で押し倒してくるがQTE成功で脱出可能かつ怯んでいる隙に武器も拾える

対トウカイ
握手は断りQTEは成功させる
HP低下で麻痺るが育っているとごり押し可能
この時くらいにはもう迷路をクリアしてその金で装備は揃えたい

対ゴンド
鎧通し必須、無いと厳しい
HP低下でステータスが上がるが鎧通しのダメージは変わらないので倒せる

対ライアン
初手でQTEを失敗すると下着を破壊され性的攻撃への耐性が薄れるので注意
また2度QTEをしないと詰め寄りを回避カウンター出来ないことがあるので、快楽ゲージには注意
基本的には速攻撃破が望ましい

対カガン
エロ攻撃無しの純粋な戦闘
びっくりするくらい強いので縛りでなければ周回を一回挟んで金とSPを潤沢に集め「銀の御守」とスキル「血華」を3か所以上にセット出来るくらいには育てよう
でないと死ぬ

相手の攻撃によっては武器を落とされることもある、また1ターン攻撃力をアップさせることもあるので、その時はしっかり防御しよう

対ギム
初手で発情状態にされるためカウンターが使えなくなる
それ以外はカガンよりも少し強い程度
だが何より強いのは腹パンでこちらの武器を落としつつ1000ダメージ近い威力を与えてくること
HP9000以上を確保できない場合は回復をダイスに入れよう

対キトニス
腹パンしてくるギムのほうが強いかもしれない、純粋な戦闘となる
血華と精霊の歌をバランスよく入れて戦闘に臨む
全ての攻撃ダメージが1000を超えてくるのでもはやHPのみでは受けきれない
この戦闘は20日を過ぎて28日に発生するので、7日間みっちり鍛錬すれば勝てない相手ではない
ダメそうなら周回回して良いと思います

どちらにせよこの時点で赤首達のイベントをやっていないとバッドエンドですけどね

VS略奪の魔女
お膳立てが素晴らしいということは、それだけ強いということです。
ステータスも装備も何もかも最高クラスにして臨みましょう。
戦闘前に淫乱になりますがカウンターは使えます。
HP低下でステータスアップ、ダメージが増えます。

ステータスが高い状態であれば回復なしでも勝てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※名前、メールアドレス、ウェブサイト未記入でもコメントは可能です。
また反映には時間がかかることがあり、承認されない限り表示されません。