帝忍グレイプニルー帝国軍第七特殊作戦部隊ー/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

帝忍グレイプニルー帝国軍第七特殊作戦部隊ー

<商品概要>

「帝国軍第七特殊作戦部隊」

国に蔓延るテロ組織の壊滅を目的として活動する戦闘部隊

幼い頃から訓練され、常人離れした戦闘能力を持つ彼女らは
その容姿と戦闘スタイルから「帝忍」と呼ばれ
テロリストからは恐れられ、国民からは讃えられていた。

部隊長である千鳥マコトと小鳥遊ケイタはまだ若い年齢ながらも対テロ任務につき活躍していた。
あるときマコトは、任務中にケイタが女性相手になるとミスが目立つようになることを気付く。

隊長命令として女に慣れるための訓練をすることをケイタに言い渡すが…

概要
隊長の千鳥マコトと部下の小鳥遊ケイタのおねショタと
テロリストに拘束された千鳥マコトのNTRです。

おねショタパート
○マコトの手コキ
○ケイタの前でのマコトの自慰
○電車内でのマコトとケイタの擦り付けH

NTRパート
○拘束機械触手攻め
○資本家との売春セックス
○テロリストの輪姦
○民間人との野外H
etc…

・基本CG16枚(非エロ1枚立ち絵1枚含)
・台詞あり差分122枚

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「『帝忍』としてテロリスト掃討任務に参加するも失敗した姉弟、そして姉はまだ帰ってこない・・・」というお話です。
いわゆる「対魔忍」的なものですが、そこにさらにおねショタ、そして若干の寝取られの要素が入った作品となっていました。
前半は「敵のエッチな攻撃に抗う訓練」と称して姉弟でイチャイチャします。そして「俺、この任務が終わったら伝えたいことがあるんだ・・・!」という盛大なフラグを立てた結果、姉は敵に捕らわれてしまいます。
後半は対魔忍と言えば、と言う感じの「快楽調教」に洗脳・寝取られ要素も加えられていました。

エロシーンは機械姦や輪姦など、王道ながらもエロいものが多くて良かったですね。
おねショタ部分では手コキやフェラチオで優しめのエッチシーンでした。ある意味では後半のハードなセックスシーンとの対比とも言えますね。


▲姉の甘い表情が可愛い。

そして後半では姉弟ともどもハードな調教を受けることになります。
姉の方は様々な開発の他、種付けプレスや輪姦など。弟はひたすら手コキによる搾精ですね。


▲カプセルに突っ込まれて開発。別の部屋で弟がモニターしているのにセックス懇願、弟はそれをオカズに手コキされる・・・。

イラスト描写はそこまで激しいものではないのですが、それでもかなりエロくて良かったですね。
また差分枚数的に「ビフォーアフターのギャップ」をかなり意識している感じがありました。
姉と弟のエロシーンの比率は7:3か8:2くらいです。
もし「ショタ弟がテロリスト女に滅茶苦茶に犯されるのが見たいんだけど!」という方はちょっと注意が必要かも?

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG16枚、差分122枚」ということで、ボリュームとしてはそこそこという感じですね。
実用性としては、最初のおねショタから一転、テロリストたちによるハードな調教やプレイというギャップによってかなりエロい作品になっていると思いました。

ただガチの寝取られを期待している方に一言付けると「寝取られ感は非常に薄い」です。一応シーン内容でも「弟が見ている前でいやらしくセックス懇願」「隣で姉が犯されるのを見ているしかない」といったものはあります。
しかしその前の調教される段階で、姉が弟に言及するセリフが一個も無いために
「弟の為にも負けられない・・・!」
といった感じや
「弟・・・ごめんね・・・」
みたいな感じが無いんですよね。
ある意味では寝取られが苦手な人には嬉しい仕様だと思いますけどね。

全体的に見て対魔忍色は非常に強いので、このジャンルが好きであればおすすめ出来る作品でした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

「クールなヒロインがセックスを求めてしまう姿」が凄い良かったです。
特に公開生放送で改造された後の輪姦シーンは素敵でしたね。「誰も見てないから」という言葉に安心し、自ら腰を振って男を誘う姿はまさに「快楽堕ち」という感じでした。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・エロ要素を見て

この作品で特に悪い点はありませんでした。
ただ欲を言えば、明確に堕ちた最後のシーンのさらに先まで行ってほしかったなぁという気もします。
最後にケイタに謝りながら周りの男たちに犯されるシーンでもあれば「あっ寝取られたんだな」と分かりやすくなると思いました。

<サンプルCG>

<リンク>

帝忍グレイプニルー帝国軍第七特殊作戦部隊ー

帝忍グレイプニルー帝国軍第七特殊作戦部隊ー