種付け執行官/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

種付け執行官

<商品概要>

■作品内容

深刻な少子化に歯止めをかけるため施行された『強制妊娠法』
この法律では一定の年齢に該当する全ての女性に妊娠・出産が義務付けられる。
義務の履行状況は『少子化対策室 調査係』によって調査され、その結果「妊娠の意思が無い」と判断された者を
『執行対象者』とし、それらの人物を『執行官』が強制的に妊娠させる。

そして中年執行官 馬波は今日も対象者達に種付けをしてまわるのだった。

●TV収録中のアイドルに強制種付け
●最近彼氏ができた女子大生も彼氏の前で強制種付け 
●娘をかばう母親が邪魔なのでチ◯ポで黙らせる。 もちろんその娘には強制種付け
●気に入らない同僚が大事にしている奥さんに強制種付け(全力で)

■作品仕様

形式: セリフ付きCG集
本編: 146枚 (基本CG 31枚 その内25枚はエッチなCGです)
セリフ無し差分: 90枚
全合計枚数: 236枚

画像サイズ:横1600px、縦1200px
PDF同梱

<おすすめ度>


そして馬波は今日も往く。目指すは合計特殊出生率2以上か。
アホなことはともかく、かなり「エロい作品」でした。というのも様々な理由付けはありますが、とどのつまりは
「巨根で汚い性欲権化のおっさんが可愛い女の子たちに種付けして回る」という単純明快な作品だからですね。

売り出し中の人気アイドルだって、まさに今出来上がったカップルの彼女だって、娘を守ろうとする人妻だって、その頑張りをふいにしてしまった娘だって、同僚の奥さんだって

皆この「馬波」にかかれば一人のメスとしてただ種付けされるだけの運命なんです。まさに「強制執行」

・作品について

・作品全体について

という訳でこの作品は「少子化対策で妊娠していない女性に種付けして回るお仕事を追ってみました」というお話。
対象は5人、どれも美女ぞろいです。そしてそんな美女たちも凶悪な孕ませチンポの前ではよがり狂うしかありません。
しかもこの強制執行自体は「広く国民に認知されている」ということで、誰も拒むことが出来ません。お役所仕事らしく聞く耳も持ちません。
つまり狙われたら最後、孕むまで種付けされることになってしまいます。

相手に男が居ようが人妻であろうが、お構いなしにセックスするのでちょっとした「寝取り」の要素も含まれています。
特に二番目と五番目は「その男の前で種付け」するので臨場感はバッチリです。
しっかり快楽堕ちするのも魅力的でした。

ある意味ではシンプルな作品ではありますが、それ故「ストレートにエロい」という作品でした。

・特徴的なエロ要素について

特徴としては「誰も快楽に抗えない、その強烈なピストン描写」にあるでしょう。
構図自体はシンプルに約二種類。
「後ろからのピストン」「種付けプレス」です。実際はこれ以外のパターンもありますが大体この二つに分かれています。
前から後ろから、その巨体と巨根を活かして抵抗を一気に剥がし、特濃の精液で種付けします。

どんなヒロインでもその巨体故に引きはがすことも出来ず、また凶悪な快楽により喘がされ、ただ種付けさせられるだけの存在になってしまいます。
まさに「種付けを執行する」というその役職通りの行動がエロくて素敵でした。

・イラストについて

ヒロインは皆丸っこくてムチっとしています。ついでにおっさんも太っています。
そのため「肉と肉がぶつかり合う描写」があるので、それがまたエロさを引き出していますね。
そして何より「快楽堕ちする」という言葉通りに、紅潮したアヘ顔やトロ顔を晒し、愛液や精液に塗れます。
こういう「表情」「液体描写」でエロさを煽っているのもグッドです。

後おっさんがデカいので、結果的に「顔が見えない状態でのセックスシーン」が多いのも良いですね。
表情は伺えないものの、テキストの激しい喘ぎ声に効果音、飛び散る愛液、ガクビクという痙攣、突っ張った手足がその凶悪な快楽を物語ります。

こういうエロさは大好きです。

・ストーリーやテキストについて

喘ぎ声ももちろんエロさを煽りますが、何より「最初は嫌がるものの、その巨根に犯されて強制的に喘がされていく」という変化が最大のエロです。
ストーリー自体は上で書いた通り、ただ種付けして回るだけのものなので単純でした。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

基本CG31枚、本編146枚ということで結構なボリュームです。
ねっとりとしたセックスが多いので、実用性はかなりありました。種付けプレス好きなら超おすすめです。構図的には3シーンありますし、その内2シーンは典型的な「おっさんとヒロインの尻と結合部しか見えない」というものなので、これはおすすめできます。
それ以外でも抱え上げたり、まんぐり返しだったりと「抵抗できない体位」が多いので満足できるエロさだと思いますね。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

やっぱり「抵抗できない状態でのセックス・中出し」が最高にエロいです。
これは「制度上」の無抵抗という訳ではなく、単純な「男女の体格や力量差」という意味も含めて「抵抗できない」という状態を指します。
その巨体に任せた圧迫、固定をして、無遠慮にチンポを突っ込み、そのまま中出し孕ませというこの一連の流れがクッソエロくて良いですね。

最終的にその種付けにメロメロになるのも後腐れが無くていいです。下手に泣かれたりなんだりされると後味悪いですからね。
まぁ最後の寝取りシーンがそれに当てはまるかどうかは分かりませんが。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

個人的にはかなり良い作品で、この点はあまり無いかなぁという感じでした。
種付けプレス成分が多くて大満足です。

また種付けメインではあるものの、フェラチオやら愛撫やらの前戯もそこそこあるのが良かったですね。
あとおっさんの顔も見苦しくない程度のものだったのもある意味では良かったです。というか行為中は殆ど顔見えませんね。

<サンプルCG>

<リンク>

種付け執行官

種付け執行官