西誘記弐/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

西誘記弐

西誘記弐

604円

<商品概要>

~~~西誘記第二弾登場!~~~
前回の続きで天竺への旅を続ける孫悟空達。
しかし孫悟空は三蔵法師達の見ていない所で豪遊したり、
猪八戒と高い宿で楽しんだりした結果旅の資金を使い込んでしまった。
このままでは三蔵法師にきついお仕置きをされてしまう。
悩んだ孫悟空は八戒のヒントも得て、自分の分身を使って手軽に資金を稼ぐ事を思いつく。
そして孫悟空はちょっと偏った性の知識から
ロリババアと男の娘の分身を生み出し
体を使っての荒稼ぎに乗り出すのだった。
今回はロリババア悟空、男の娘悟空、本家孫悟空が登場します。

●プレイ内容
・ロリババア悟空
└多人数を相手にしてのプレイ
└妖術で脇毛を生やしての無理やりプレイetc.

・男の娘悟空
└フェラ~お尻での本番
└悟空くんに媚薬を投入して股間責め
└男の娘悟空くんとパパ息子プレイetc.

・本家孫悟空
└猪八戒を押し倒してフェラ
└強引に体をつかまれての本番
└猪八戒を誘惑してバックからetc.

匂い、汁、腋毛など多めの作品となっています。
※一部性器等が大きく表現されている画像がありますので、苦手な方はご注意下さい。

基本CG14枚+差分
・テキストなし:86枚
・テキストあり:162枚

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「旅の途中で金を使い込んでしまった孫悟空、何とかするため分身を使って稼ぐことに!」というお話です。
前作からの続きではありますが、直接的な繋がりは無かったのでこの作品単体でも楽しめると思います。

作品の特徴として、孫悟空の能力である「分身・変化」を利用して、
・ビッチでロリババアタイプの悟空
・甘え癖のある男の娘タイプの悟空
・ノーマル?女の子の悟空

という3タイプのヒロインが同時に登場します。
また特に、ロリババアタイプでは「輪姦」
男の娘タイプでは「ラブイチャ」
ノーマルタイプでは、前作続きで「巨大クリ+肥大乳首」というシーン傾向でしたね。

各タイプ満遍なくワンシーンずつあるので、色々な要素を同時に楽しめるというのが良かったです。
また、ロリだけど腋毛が生えていたり、男の娘タイプのシーンでは手錠+媚薬+チンポスーツの要素があったり、
前作同様にフェチズムを刺激する要素がありました。

・イラストについて

ロリだろうと容赦なく輪姦で責め立てたり、男の娘相手に何度もところてんをキメさせたり、
ついでに全編通してアヘ顔要素が数多くあったりと、かなり濃い描写のエロシーンが多かったですね。
ヒロインが褐色であるということもあってか、ぶっかけられた精液が良く映えていました。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG14枚(ロリ、男の娘、普通それぞれ5-5-4で合計14枚です)、セリフ有り差分162枚」と言う感じで、ボリュームとしては並みより少し多いくらいですかね。
実用性ですが、どのバージョンの悟空においてもエロ要素は濃く、
また描写がかなり丁寧なので「フェチ要素が合う!」と言う方であればおすすめできると思います。
ただ一方で各バージョンで枚数が分けられており、その分1要素あたりの尺が短いのは致し方ない所でしょう。
満遍なく楽しみたい方向けという感じでしょうかね。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

やはり「色々な要素が楽しめる」という点でしょう。
ロリババア、男の娘と普通の作品であれば中々同席しないはずの要素たちが同時に楽しめるのは良かったですね。
その上で、輪姦やキメセクで「1要素は短いながらも出来るだけ濃くしたい!」というのが感じられるのもまた素敵でした。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・エロ要素を見て

この作品において悪いと言える部分は特にありませんでした。
ただ欲を言えば、各シーンにおいて「もっと見せ場・抜きどころになるような構図があるといい」かもなぁと思いました。
例えばロリババア輪姦では「駅弁サンドイッチ」「種付けプレス」であるとか、
男の娘ではもっと前戯においておもちゃで虐め抜いたりとか、そういうものですかね。
枚数を分けたことで「深化しにくい」というのがあったのかもしれませんね。

<サンプルCG>

<リンク>

西誘記弐

西誘記弐