催眠母娘〜母娘は変態アイドルに堕とされる〜/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

催眠母娘〜母娘は変態アイドルに堕とされる〜

<商品概要>

颯太(そうた)は、隣人の大村 凛(おおむら りん)を実姉以上に慕っていた。
物心ついた頃から母の代わりに面倒をみてくれた凛は、颯太にとって誰より素敵な女性だった。

そんな素敵な女性だったからか、凛はスカウトされ、地下アイドルとして人気になった。
凛の母、美代子(みよこ)も、昔憧れたアイドルになろうとする娘を応援していた。

凛の視線が、自分からファンに向かっていることに気づいた颯太は、密かに悲しみに暮れていた。

そんなある日の帰宅中、俯きながら歩く颯太に声をかける男がいた。
男は颯太の悩みを見抜き、とある音叉を手渡した。
男曰く、「この音叉から出る音を聞かせると、意中の相手を思い通りに操れる。
ただ、音叉を使う程に理性は失われていく。」のだと。

颯太は、この願いだけと音叉の音を凛に聞かせ告げた。

「僕が遊んで欲しい時は、一緒に遊んで。」

それは、素直な願いだったが、過ちの始まりだった。
音叉によって理性が失われ、凛の姿態に欲情した颯太は、美代子を巻き込みながら、
我を忘れ堕落していく…。

催眠で大好きな幼馴染とその母を人前で辱め変態アイドルに堕とす CG ノベル集です。

構成:
– 基本 CG 17 枚 + ヒロイン立ち絵 2 枚の CG ノベル集
— 大小の JPG ファイルおよび大きめの画像をまとめた PDF ファイル
– 最新のブラウザで動作する立ち絵の着せ替えゲーム

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「特殊な音叉でアイドル志望の幼馴染とその親を催眠で堕とす!」というお話です。
今回使われる催眠はかなり万能で、身体だけを操ったり、心と身体両方を操ることも可能という優れもの。
ただし使い過ぎると精神がどんどん汚染されていくという諸刃の剣・・・だけど主人公は構わず使い続けてしまいます。

ちなみにこの作品では主人公の他に、別の男たちがヒロインたちを犯すシーンがあります。苦手な人は注意。
後寝取られ要素はありません、どちらかと言うと「寝取り」です。
夫の前で二人を犯すシーンはありますが、姿形が見えないので寝取りすらも怪しいですけどね。

・イラストについて

この作品はキャラのタッチが独特な感じがありますね。
輪郭線は太め、セックスアピールの強い身体の部位はかなりエロく描かれています。
一方手が大き目に見えるなど、エロい方向にデフォルメされている感じがありました。
このデフォルメもあってか、セックスシーンでは何とも言えないエロさがあって良かったです。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG17枚、差分158枚程度」ということで、ボリュームはそれなり以上にある感じですね。
実用性としては、一部のセックス描写がかなりエロいと言うこともあり「そこそこ使える」くらいのものになっていました。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

とにかく「身体つきがエロい」ですね。
パフィーニップル気味の乳首に巨乳、
腰回りと太ももはかなりむちむちで素敵です。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・エロ要素を見て

下品なシーンやポーズこそありますが「セックス構図にその下品さが反映されていない」のが惜しかったですね。
まんぐり返しや種付けプレスなどの要素があるとこの絵柄ともマッチするんじゃないかなぁと思いました。

<サンプルCG>

<リンク>

催眠母娘〜母娘は変態アイドルに堕とされる〜

催眠母娘〜母娘は変態アイドルに堕とされる〜