オークと女と陵辱の歴史/同人CG集 レビュー

<作品表紙>
オークと女と陵辱の歴史

<商品概要>
この大陸は、性欲の権化であるオークに政治的地位を与えた

《発情しきった獣は、精液を女性器に注ぎ込み続ける》

【梗概】
この世界はオークの暴力によって支配されている
抵抗する男は暴力によって惨殺され
すべての女は愛液の媚薬効果で発情した雌になる

権力を手に入れたオークは暴虐の限りを尽くす

大事に育てられた生娘
幸せに暮らす夫婦
英雄と慕われる女騎士隊長
絶世の美女であるエルフ
花畑で楽しく生きる妖精

《オークの性欲はすべての雌を喰らい尽くす》

【シチュエーション紹介(一部)】
市場にて買われる女たち
女騎士や農家の娘などエルフ以外の人間はこの市場に並ぶ
安価で”味見”が出来ることから連日若いオークで賑わっている

◼︎エルフがワームに襲われる
エルフの村を襲撃するのにワームが使用されることがある。
物陰に隠れそっと息をひそめている若いエルフの香りを
ワームは敏感に感じ取り、繁殖する苗床としてしまう

◼︎ロリエルフは精液風呂に入浴させられる
特に変態であるオークは、貴重な処女のエルフを買ってから
すぐに妊娠した状態で家に届けるように手配させる
小さなエルフがいくら抵抗しようとも、精液風呂に入浴すれば
それだけで彼女たちは強制的に発情し着床してしまう

◼︎女騎士が襲撃される
女騎士団の隊長はかつて国を救った英雄と慕われていた
しかしオークの前では赤子のようにひねりつぶされ
連日連夜、降伏宣言するまで子宮に精子を流し込まれ続ける

◼︎肉壷に調教される
精神力の強い女騎士などを調教する際に使用するのが肉壷だ
触手に囲まれたここに拘束された女は、どんなに鍛えていても
自分が発情した雌であることを思い知らされることになる

◼︎フェアリーのオナホール
花畑で仲間と唄い暮らしていたフェアリーたちは
オークの性処理道具として大量捕獲されてしまう
軍の試供品となった彼女たちは、華やかな生活とは
かけ離れたオークの精液を流し込まれるだけの道具になる

※この物語はバッドエンドしかありません。ご了承ください

【収録情報】
●画像形式:jpegファイル/PDF梱包 
●基本CG枚数12枚、差分込みで134枚
●セリフ、効果音差分含め全268枚

——————————————————
【サークル紹介】
当サークルは狼少女団の姉妹サークルです
中の作っている人は同じですが
サークル方針として作品の傾向が違います

狼少女団:現実世界、甘々ラブラブ、女の子攻め、純愛など
狼少女遊戯団:ファンタジー、ハード、アブノーマルなど

絵や話が気に入っていただけましたら
こちらのサークルも楽しんでいただけると思います
2サークル共々よろしくおねがいします

狼少女団URL
http://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG25006.html

>>レビューの

<オススメ度>
・エロ
 このオーク超強いよぉ!
 こちらのCG集、単純な「女×オーク」だけでなく、蟲姦であったり触手であったりと、オーク以外の要素も入っています。基本的に男性は見せしめに処刑され、女性は子供から大人、女騎士、シスター、エルフにフェアリーと余すこと無く凌辱されます。
 リョナ要素とかもあるのかなぁと内心ドキドキしていましたが、乳首ピアスとか腹ボコ要素くらいで四肢切断とかそういうものはありませんでした。
 女性キャラがみんな結構ムッチリ体型なのがいいですね、もちろんオーク側もむっちり(ry

 ストーリーというか、進行はモノローグ形式です。明確に誰かのセリフがある訳ではなく、ドキュメンタリーのように進んでいきます。途中「新兵オーク」に関連する記述があるのですが、「同じ生き物としての尊厳は無いのかと涙を流すものも~」みたいなのがあって、そういうオークも居てもいいなぁという気持ちになりました。
 というか最近「良い性格のオーク」ネタが結構流行ってますよね。嫌いじゃないです。

<サンプルCG>

orc1

orc2

orc3

orc4

orc5

orc6

<リンク>
オークと女と陵辱の歴史

オークと女と陵辱の歴史