巨乳症女/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

巨乳症女

巨乳症女

756円

<商品概要>

巨乳症になやむ少女のえっちCG集です。

基本12枚、シーン差分58枚。
セリフなしやサイズ別あわせて総枚数232枚。

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「『巨乳症』を持っている姉妹によるセックスシーンの一部始終」を描いたものとなっています。
作品名にもある「巨乳症」ですが、実際にある奇病の一つらしいですね。実際に画像検索してみると、上半身どころか下半身の一部まで隠すほどの胸になってしまっているような人も居ます。
この作品でも御多分に漏れず、垂れ下がった胸がおへその辺りまで隠してしまうほどの爆乳を持った姉と、その姉よりも大きな胸を持つ妹によるセックスCG集となっていました。


▲どちらの胸もゆったりと垂れ下がっていて、それがまたエロく感じられる。

ちなみに竿役の一人であるおっさんのチンコもデカかったです。そんな爆乳によるパイズリでもチンコが全部隠れるという事が無かったからですね。

シーン内容としては、
・姉とおっさんによるセックス、パイズリ
・妹と同級生の子供たちによる4P
・姉妹とおっさんによる3P

と言う感じでした。
セックス描写は濃く、断面図描写やそのまま中出しされる様子などもしっかり描かれていました。おっさんのチンコが大きいためか、子宮を潰して持ち上げるような描写が多かったですね。

一方ボリュームは物足りない感じでしたね。また「巨乳症になやむ」とありますが、どこからおっさんが出て来たのか、具体的な悩みの例は何かということをすっ飛ばしていきなりセックスに突入します。
ある意味では実用性を重視した作品となっていましたね。

・イラストについて

いわゆる二次元における巨乳と言えば、大きくてもハリがあって、垂れ下がらずに位置を維持している、いわゆる「乳袋」と例えられるような美巨乳が多いです。
しかしこの作品では重力に逆らわず、ありのままの垂れ下がった爆乳を描いていました。
それ故に、各シーンにおいてむにゅむにゅと自然と形を変えていたり、側臥位になったときに重力によってぺちゃっと潰れていたり、さらにその潰れおっぱいにチンコを挿入して横向きの体勢のままパイズリしていたりと、これはこれで結構浪漫のある描き方になっていましたね。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG12枚、差分58枚」とボリュームとしては少な目かなと言う感じでした。
実用性も、各シーンエロい事にはエロいのですが、ボリュームが少ないために実用的かと言われると微妙かもしれません。
ただしワンシーンごとのエロは濃いのと、かなり倒錯感が強いので全くエロくないということはありませんでした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

やはり「おっぱい描写」でしょう。
巨乳症の為、かなりアンバランスに大きくなった胸がエロかったです。
直接的な描写ならパイズリなどがありましたが、バックから突かれる時に重力に従って垂れ下がる胸や、壁に押し付けられて形を変える胸など、色々な描写があって良かったですね。
特に姉妹が小柄、かつおっさんが大きい体格のため、体格差がありながらも胸は明らかに大きいというギャップが楽しめました。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

もうちょっとボリュームがあると良かったなぁという感じですね。
導入の有無はどちらでもいいにしても、もうちょっと「巨乳である」ということを意識させるようなシーンがあると良かったかなぁと。
例えばAVのインタビューシーンのように、後ろから横から胸を揉みながら質問したりとか、乳首だけつまみ上げて大きさを確認したりとかそういう感じのものがあると尚良しと言う感じでした。

<サンプルCG>

<リンク>

巨乳症女

巨乳症女