神の乳母~異形に奪われた妻~<チンジャオ娘。>/同人CG集 レビュー

<作品概要>

神の乳母~異形に奪われた妻~
神の乳母~異形に奪われた妻~

<内容について>

枚数:78枚(基本CG12枚、差分合計74枚+コミック部分4枚)

ホラー要素とありますが、赤ちゃんの顔がキモいくらいなので気にはならないかなと思いました。

<作品の属性について>

この作品の属性は「異種族による寝取られ、凌辱」がメインです。
相手が「異形」であることから、快楽堕ちの要素の方が強めかなと感じましたが、ストーリーが進むにつれ徐々に「快楽を拒まなくなり、愛情を持つようになる」ため、しっかりと寝取られしていました。

元々奥さんが「子供を流産した経験がある」ということで、その精神性に付けこんだ精神的寝取られの要素もあります。

最終的に、ストーリーは妊娠で終了します。
果たしてそのお腹の子供は誰の子供なのか……?という不気味さも面白かったですね。
相手が化け物である分夫へのダメージも大きそう(小並感)

奥さんがエロく可愛く、シコリティも高くて良かったです。

<作品の見どころ>

作品の見どころとしては「妻の精神の移り変わり」でしょうか。
この作品が「ただの異種姦快楽堕ちでは無い」と言える部分でもあります。

最初の内は、その異形の見た目の醜悪さ、
そして「逃げたら不幸にする」という一種の脅しによって進んでいたシーンが、
「授乳行為」「子宮責め」「自らの手でセックス相手を育てている」という背徳感も相まって、段々と「妻がセックスを望む」ようになっていたのが印象的でした。

「肉体的な快楽堕ち」だったはずの作品が、きっちりと「心から寝取っていく」ようになっていったのは素晴らしかったですね。

また、そういったシーン進行の面白さ以外にも、異形特有の人外セックスがしっかりとエロいのも素敵でした。
最初の内は「触手責め」だったのが、最後には育ち切った赤子による「種付けプレス」になるというのがエロくて良かったですね。

<シーンの内容詳細>

・薬で動けない状態にされて初凌辱
・そのまま連続で犯され、快楽を刻み込まれる
「乳母」としての授乳
・そのまま子宮内性交
・夫が眠る横で犯される
「母親」としての授乳
・夫が扉越しにいる前で犯される
「成長しきった赤子」とセックス(覆いかぶさってバック・パイズリフェラ・種付けプレス)