東の国の鬼退治!/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

東の国の鬼退治!

<商品概要>

■ショタっ子勇者がムチムチムキムキ爆乳な鬼さん達とエッチするオリジナルCG集です。
☆基本おねショタです。
基本CG14枚
+セリフなし、擬音あり差分
+CGのみ差分
+キャラ紹介9枚
総CG枚数171枚です。
★ボテ腹、出産シーンアリ

■主な内容

授乳・噴乳
手コキ
フェラチオ
顔面騎乗
イラマチオ
騎乗位
正常位
後背位
などなど
■画像サイズ横1600×1200jpg  (キャラ紹介は縦横サイズ反転)

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「超ド級の巨根を持つ勇者が鬼退治に向かったけど捕まってしまった!」というお話です。
かなーりむちむちの赤鬼と青鬼に捕まってしまったところから作品は始まります。
勇者の身長の何倍もある鬼たちに(性的に)食べられてしまう作品・・・と思いきや、勇者のチンコは超デカいので、逆に鬼連中を返り討ちにします。
「典型的なショタ責めおねショタ」と言えるでしょうね。

またこの作品には「出産表現」がありました。
血液やへその緒などの表現はありませんが、割とエグい表現なので苦手な人は注意ですね。

・イラストについて

鬼たちはそれぞれビビッドな赤肌と青肌で、また巨体でむっちむちです。
勇者に合わせたコマ割りのためか「常に全身が描かれない」くらいに大きい体格をしており、
勇者の小ささも相まって「体格差セックス」を楽しむことが出来ました。

また鬼たちの肉々しい感じが素晴らしいですね。
パースの関係もあるでしょうが、どこからが胸でどこからが腹で、どこからが太ももなのか分からないくらいむっちむちでした。

ただ勇者のチンコが凄いデカいのですが、どれくらいかと言うと「フル勃起時は自分の脚部分よりも太く長い」くらいです。
最早質量保存とか血流とかそういう概念を超越していますね。貧血でぶっ倒れたりしないのかな。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG14枚、差分54枚」とボリュームとしては少ないですね。
ただ実用性に関しては「むちむちお姉さんがデカショタチンポに堕とされる」というシチュが好きであればおすすめ出来ます。
デカすぎて逆に現実的ではないですが・・・そもそもがファンタジー世界なので問題は無いですね!
まさに「肉に埋もれる」という感じでした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

個人的には「鬼側が快楽を感じることへの説得力がある」のが良かったですね。
特におねショタ逆転モノとなると、それを為せるだけの「説得力」が欲しくなります。
この作品ではそれを「巨体でむちむちな鬼たちの子宮すらも押し上げられるほどの巨根」で出しています。これ自体があり得無さそうと言うのはこの際置いておきましょう。
これがあるおかげで「なよっとしたショタ勇者が巨体の鬼たちをセックスで征服出来る」というシチュが成立している訳ですね。

正直これくらいぶっ飛んでないとショタ責めのおねショタって中々表現できないですよね。ポークビッツでアヘっているのを見ると「ん?」と思うところもない訳ではないので。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

もうちょっと「セックスシーンを遠目から見せて欲しかった」ですね。
上で書いた通り、どのシーンでも鬼の全体像は映らない(一部シーンでギリギリ)のですが、
体格差セックスを表現するのであれば、やはり「俯瞰」で体格差を表現するシーンがもう少し欲しかったなぁと思いました。
これだけ鬼たちがむっちむちだと、どことなく「圧迫感」があるんですよね、それが良い場合もあるんですが。

ただ俯瞰によって「こんな小さなショタにこんな大きな鬼が征服されてるんだなぁ」と感じられる、
と個人的には思っているのでもうちょっとあると良かったですね。

<サンプルCG>

<リンク>

東の国の鬼退治!

東の国の鬼退治!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※名前、メールアドレス、ウェブサイト未記入でもコメントは可能です。
また反映には時間がかかることがあり、承認されない限り表示されません。