大好きな母の変貌 ―僕の親友がお母さんを雌へと変えていた―/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

大好きな母の変貌 ―僕の親友がお母さんを雌へと変えていた―

<商品概要>

優等生を装っていた近所の男の子の罠にはまり
毎日のように犯され続ける母の物語です。

性経験の少ない大人の女性が○学生の手によって
変態的でハードな調教を受け、淫らに変わっていく様をお楽しみください。

■ここがエロい!

1.優しいお母さんが、男子に犯される

優しく穏やかな母が、葛藤しながら肉欲に溺れていく物語です。
夫ですら知らなかった敏感な身体や欲求が
少年の手であぶり出されていきます。

2.母性を見せるシーンからハード調教まで

一緒にお昼寝、お風呂といったソフトエロから始まり
レイプ、熟睡中にローションでいきなり挿入、調理中での愛撫
トイレでこっそりセックス、目隠し&拘束&バイブ 等々

多彩なシチュエーションを盛り沢山に詰め込みました。

3.行為はエスカレートして息子とのセックスも

行為を受け入れながらも、最後の一線を守ろうとしていた母。
しかし少年は調教で追い詰め、息子とのセックスを強要します。

すっかり男の匂いのする息子のペニスを咥えた瞬間、母は……。

■収録コンテンツ

原画彩色は かまとりぽかり、テキストは 仲明永瀬 が担当。
基本枚数15枚+差分115枚にストーリー用カットを2枚+αを加え、
全175ページにわたってSS付CGを見ることが出来ます。
(全てのCGと差分に台詞や擬音が付いています)

■仕様詳細

画像はワイドディスプレイにフィットしやすい16:9で制作。
CGだけで全てのストーリーを楽しむ事が出来ます。

クリックだけでサクサクと読めるHTML形式の他に
フルHDサイズ(1920×1080)のJPGやPDF版も収録。
お好きなビュアーやタブレットPCで自由にご覧いただけます。

テキストのほとんどを濃厚なH描写に割り振り
読みやすさを心がけて作成しています。

動作は最新(2013年07月現在)のIE、Firefox、Chrome等で
軽く快適に閲覧できる事を確認済みです。
CSSに正式対応したブラウザならWindows環境以外でもご覧頂けます。

■アップデート

2013/09/14付けで少し修正しました。
お手数ですが会員ページより再度ダウンロードお願いします。
サムネイル、後書きの背景修正、重複したCGの修正
以上、三点が修正箇所です。

<おすすめ度>


母から女へ
割とよくあるフレーズですね、子供を産んで性欲から離れた女性にもう一度女の悦びを味わわせて「女」を呼び起こすというものです。
この作品ではその心情の変化を「髪」で表している感じがしましたね。珍しいです。

物語前半は母親らしく、邪魔な髪は後ろで小さくまとめて縛っていますが、後半息子の豊から「お母さん、最近感じ変わったよね」と言われるあたりからは髪をまとめるのを止め、ついでに化粧もしています。
この変化こそまさに「母から女へ」という言葉が相応しいでしょう。

こういう微細なエロスがいい作品でした。ちょっとカメラが動きすぎている気もしましたけど。

・作品について

・作品全体について

という訳でこの作品は「息子の友人に流されるまま脅されるまま関係を持ってしまった・・・これから私はどうなってしまうの?」というお話です。
息子も親友も、見た目からしてまだ若いです。ともすれば中坊という感じです。
そんな姿ですし、まだ精神的にも若いだろうと色々油断していた母親が狙われるわけですね。

初めはお昼寝で添い寝しつつ乳首を吸われ、
次は泥まみれになったため一緒にお風呂に入るついでに手コキさせ、
そしてそれに対しての罪悪感と興奮でオナニーしているところを見られ、襲われ・・・

親友の泣きや性に対しての無知はここで演技だったことがわかります、が時すでに遅し。
その後もずるずると関係を持つことになり、次第に快楽に飲まれていく・・・といった感じです。

いやーいいですね。大人の女性がそれよりも年下の男にいいようにされるというのは。

・特徴的なエロ要素について

特徴としてはやはり「母親から女への変化」でしょう。
最初レイプされた時やその後のフェラチオ、二回目のセックスの時まではまだ「母親」として理性を残していた感じがありますが、
「息子が寝ている横で犯される」というシーンから明確に「女としての意識」が芽生えていますね。
息子が横にいるにも関わらず中出しを懇願し、その後起こさないように場所をリビングに移してセックスを継続します。

つまり母として息子といることよりも、女性として目の前の男とセックスがしたいという欲求を優先したという描写ですね。
この後はもう転がり落ちるように淫らな女になっていきます。そして遂には実の息子とのセックスまで・・・。

・イラストについて

イラストはかなり綺麗です。というよりセクシー?
フェラチオの時の顔やイっている時のトロ顔がとても素敵です。

差分の作り方がちょっと独特というか、一般的なCG差分は「同倍率で表情や効果、擬音などを変える」ものですが、この作品の場合は「カメラを寄せたり引いたり、ついでに回転させたりしている」という要素も加えています。
つまり同じCGでも股間部分にクローズアップしたり、顔にクローズアップしたりということがあるわけですね。
ちょっと目まぐるしい感じはありますが、インパクトは出ているんじゃないかと思いました。

・ストーリーやテキストについて

ストーリーとしては上に書いた通り「息子の親友に気を許しすぎた結果レイプされ脅されて、そのままずるずると関係を持ち、いつしか女にさせられた挙句に息子と生セックスさせられる」というものです。

親友はこれも「遊び」であり「豊との約束」として捉えているあたり、ちょっとした狂気を感じましたね。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

基本CGは15枚、差分115枚、テキストのみの枚数も加えると175枚とそれなりのボリュームとなっています。
実用性は結構あるんじゃないかなぁと思います。ショタ責めおねショタ的な感じがあるので、その手のジャンルが好きであればさらにおすすめです。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

良かった点としてはやはり「セックスに付随する表情がエロい」ですかね。
普段の母親としての表情が段々と消え、代わりに女としての表情が出てくるあたりが最高です。
上で明確に「このシーンから!」と言いましたが、割と最初のフェラチオあたりからメスの顔はしていました。
夫にだってしたことのないフェラチオを息子の親友にすることになるその背徳感を帯びた表情がいいですね。

この後はもうなし崩しに肉体関係を持ってしまい、夫にも見せたことのないだろう女の顔をするのがまたエロいです。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

上でも書きましたが、ちょっと「CGのズームがくどい」ですね。
ピンポイントで1シーンにのみ使うのではなく、1枚の差分ごとにズーム場所が切り替わるので視点が定まっていない印象を受けます。
ともすれば酔うレベルでぐいんぐいんするのがいけませんね。誰視点なんでしょうか。

確かに絵も表情もエロくて良かったのですが、こっちの方が気になって作品そのものに集中することができませんでした。残念です。

<サンプルCG>

<リンク>

大好きな母の変貌 ―僕の親友がお母さんを雌へと変えていた―

大好きな母の変貌 ―僕の親友がお母さんを雌へと変えていた―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※名前、メールアドレス、ウェブサイト未記入でもコメントは可能です。
また反映には時間がかかることがあり、承認されない限り表示されません。