大事なコトはだいたいお姉ちゃんが教えてくれました。<俺的十八禁>/同人CG集 レビュー

<作品概要>

大事なコトはだいたいお姉ちゃんが教えてくれました。
大事なコトはだいたいお姉ちゃんが教えてくれました。

<内容について>

基本CG:23枚
基本差分枚数:80枚(陰毛差分や中出し表現無し差分等で合計は約370枚)

「そう言えば昔のお姉ちゃんは……」「唐突に昔の事を思い出した……」と言った感じで、
近所にいた昔のお姉ちゃんと今目の前にいるお姉ちゃんを行ったり来たりしながらラブイチャシーンをなぞっていく、という感じの作品でした。
最終的に幻覚なのか夢なのか、昔の姉と今のだらしない身体つきの姉を比べるセックスシーンもありました。ドユコト

差分のバリエーションが多め、しかし基本的なメインストーリーは枚数少な目でした。
それでも1枚1枚のCGが滅茶苦茶エロく、クオリティを落とすことはありませんでしたね。

<作品の属性について>

この作品には、
・淫乱
・グロマン(っぽく感じるだけかもしれない、ビラビラ大き目でクリもデカいエロい陰部)
・デカ乳首
・大量射精・中出し溢れ描写
・膣内部描写

が含まれていました。
また差分の一部にはスカトロ描写もありました。ただ本当に一部、かつメインに絡んでこない差分なので気になるということは無いと思います。

性器の描写については「妥協の無い性器描写」とある通りなので、生々しいエロさがモザイクを貫通して来ますね。

<シーンの内容詳細>

・昔の姉とのセックス回想
・今の姉と出会い、そのままフェラチオ、トイレに連れ込まれセックス
・二人の姉の穴を比較して楽しむ夢
etc…