姉がゆるすぎて弟は心配です。/同人CG集 レビュー

<作品表紙>
姉がゆるすぎて弟は心配です。

<商品概要>
もう女子校生なのに、いつまでも無垢であどけない性格のみずきちゃん。
身体だけはむっちりと発育がいいので、いつも悪いオスたちが群がってきます。
そんな彼女を守るのは、しっかり者の弟ハルくんの役目でした。

でもある時、目を離した隙に怪しいオジサンにスカウトされちゃって…
私がお姉ちゃんなんだから、もっとしっかりしないと!と、
弟との生活費のために「割の良いアルバイト」を始めることに。

グラビア撮影と称してエッチなビデオを撮られたり、
ファンたちと濃厚な交流を深めたり、偉い人に枕で営業しちゃったり♪
赤ちゃんの穴に大人チ○ポの味を教え込まれて、
お股もゆるゆるな肉便器アイドルにされちゃいます。

そしてついには弟くんと姉弟で公開交尾ショーまで――!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いつまでもあどけないというか…
ちょっぴり頭がゆる~い感じのお姉ちゃんが悪い大人に騙されて、
弟の知らない間にセックス大好きなお手軽マ○コにされちゃうCG集です。

お姉ちゃんはイケナイことをしている自覚もないので、
気持ちよくてお金も稼げるお仕事に一生懸命励んじゃいます。

「おねえちゃんはボクが守るから」と誓ったはずなのに、
もう取り返しがつかなくなってから真実を知った弟くんの心痛はいかほどばかりか…

でも、可愛いオチ○チンは正直に反応しちゃいますよ♪

★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

制作:煙ハク(発煙器官)

○基本CG14枚+カラーコミック4P
○差分込み本編98枚
○『イラストのみver』収録

>>レビューの

<オススメ度>
この作品における姉弟の恋のキューピッドが「芸能プロダクションのおっさん」という事実
この作品、一応「寝取られ」というキャッチコピーが付いていますが、私は単純にそうとも言い切れないと思うんですよ。
何故なら「最終的には姉と弟で公の場でイチャラブセックスを慣行するから」です。
本当の寝取られであれば「ハルくんごめんね・・・私この人たちのものにされちゃった・・・♡」弟君うわああああ!で終わり、みたいな感じでしょうが、この作品は違いました。
道中は確かに色々な男に代わる代わる複数プレイで犯され調教され偉い人にも抱かれちゃって、もうネトラレ街道まっしぐらみたいな感じなんですが、
その最後の「偉い人」の粋な計らいで「姉と弟の近親相姦」をさせられることになります。そこでお姉ちゃんは弟君が一番(色々な男に抱かれようと)で、弟君もお姉ちゃん大好きで守りたかったというのがあって、
紆余曲折会っても最終的には二人のセックスで終わる、というのがこの作品の流れなんです。

・・・超回りくどい純愛?
もしくは寝取られではなく快楽堕ち

作品の傾向としては、寝取られ部分が8割、弟との近親相姦が2割くらいです。
姉がゆるゆるのぽやぽやなので「凌辱寝取られ」という雰囲気は一切ありません、寧ろ無知シチュ的な感じ。
全ては「弟君のため」なので、心が折られることも無く進んでいきました。お姉ちゃん強い子。

ボリュームはそれなりでした。大別して6シーンですが中身が濃いのでエロさは十分ありました。

・エロ
良かった点
良かった点は「セックス描写がエロい!」というところでしょう。
お姉ちゃんが快楽を素直に受け取るので、イキまくりヤられまくりでかなりエロいです。
肉感や汁っ気もたっぷりあるので、よりエロさが増していました。やはり濡れている方がエロく感じる・・・!
ただ最終的には弟君とラブラブになるとはいえ、やはり中身は「レイプまがい」のものが多くあります。
お姉ちゃんがゆるいのをいいことに、AVプロデューサーが次々とハードなセックスをけしかけるので、絵のタッチこそ柔らかいですが中身は濃い凌辱エロとなっています。
終着点が寝取りで無い以上、純粋な「寝取られ」を期待すると「結局元の鞘に収まってんじゃねぇか!」という感じにもなるかも。

後日談が出たとしてもお姉ちゃんの弟ラブが変わら無さそうに思えるのはある意味純愛らしいです。

改善されるべき点
作品を一通り見る限り、ボリュームもエロさも中々高水準に収まっており、改善されるべき点は見受けられませんでしたね。
強いて挙げる必要もない程度には良い作品だったと思います。お姉ちゃんと弟の曲がりくねった道の末のラブイチャセックスをどうぞお楽しみ下さい、という感じで。

バッドエンド?そんなの必要ないっしょ(純愛派)

<サンプルCG>

<リンク>
姉がゆるすぎて弟は心配です。