アクマ*アナル*アクメ<round-o>/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

アクマ*アナル*アクメ

<作品概要>

前魔王の死によって新しく魔王となったカトレアとその娘ロベリア。
彼女たちの自分勝手な施政で魔界の平穏は乱れ荒廃の一途を辿っていた。
しかし、その現状を変えるべく立ち上がった側近の男により王女と女王はあえなく捕縛。
謎の空間に送られた彼女たちを待っていたのは下級魔族による肛虐の宴だった。

アナル責めオンリーセリフ付きCG集
傍若無人な女悪魔二人が下級魔族にアナルを犯されメス堕ちしていきます。

※※※前の穴での行為は一切ありませんのでご注意ください。※※※

基本CG13枚、エロCG12枚 文字あり差分+文字なし差分+おまけの構成になっています。

<おすすめ度>

・作品について

<ここが見どころ!>

この作品は「執拗なまでのアナル責めでむっちり悪魔娘をアヘ顔快楽堕ちさせる!」というものとなっています。タイトルに偽りなし。

見どころとしてはやはり「アヘ顔しても止まらない、徹底的なアナル開発」でしょう。
シーンは母と娘でそれぞれ分かれていますが、どちらに対しても容赦無く尻穴責めが行われます。
基本的には触手人型魔族によるアナルセックスという感じでした。

内容の一部を紹介。

・バイブする触手によるアナル責め
・魔力を固形化され、引き抜かれる(疑似脱糞表現注意)
・触手に身体を固められ、逃げられないまま連続セックス
・表情が見えないまま、後ろからアナルセックス

この他にも
「ミノタウロスにアナル固めで犯される」シーン

「様々な種類の触手によって、小さなアナルをこじ開けられるように開発される」シーン等、

全部で12種類のシーンがありました。アナル責めが好きな人には特におすすめですね。

また、ある意味で「アヘ顔」と相反する要素である「顔が見えない状態で執拗に犯されるシーン」というのが双方で合計3シーンありました。
個人的にこの構図が大好きなのもあって、かなりおすすめ出来ると思いました。
「絶対に滅茶苦茶エロい表情をしているだろうけど見えない」というのが想像力を掻き立ててくれるのが良いですね。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG13枚(エロCGは12枚)、差分CG合計は約250枚、魔物の紹介おまけ付き」と、エロのボリュームは十分ありました。実用性もばっちりです。

<サンプルCG>

<リンク>

アクマ*アナル*アクメ

アクマ*アナル*アクメ