8月32日/同人CG集 レビュー

<作品表紙>

8月32日

8月32日

777円

<作品概要>

夏休み最後の日、祀られていた小さな箱を壊してしまった少年
そして気味の悪いまま新学期を向かえた朝
携帯の画面には8月32日の文字が…そして現れた少女…
「―私の眠りを妨げたお礼に一興を設けよう―」

夢か現か―
少女の誘惑に招かれ身を重ねる少年
そして学校では皆が身体を求めてくる夢のような世界

祟り神が齎したもう一日の夏休み、少年はそこで肉欲に溺れる
終わらない夏休みで教師もクラスメイトも巻き込んでセックス三昧!

CG数:基本17枚(非エロ12枚)/差分合計90枚+おまけ33枚&立ち絵6種46枚収録

<おすすめ度>

・作品について

・作品全体について

この作品は「不運にもサッカーボールでどついてしまったのは神様を祀る小箱、その夜少年は『8月32日』を体験することになる・・・」というお話です。
8月32日と聞くと個人的には「ぼくのなつやすみ」のバグを思い出しますね。家からは誰もいなくなり、次第にバグに飲み込まれていくぼく君がかなり怖かった思い出、BGMが無いのも相まって恐怖映像極まっていました。

この作品ではそんなバグ描写などは一切ありませんが、ある意味イレギュラーな日に突入することになります。
壊した小箱には「蛇の神様」という名の可愛い美少女が封印されており、起こしたお礼にセックスさせてくれるだけでなく、一日だけ「思い通りの好きな人物とセックスさせてくれる権利」も与えてくれます。

セックスシーンの内容としては、
・何故かセーラー服を着た神様とセックス
・8月32日の保健室で保険医の先生とセックス
・そのまま理科教師ともセックス、さらに3P
・水泳部の先輩とセックス
・クラスメイトの美少女二人と3P

と言う感じでした。8月32日という異様な世界とは裏腹にセックス内容は至ってオーソドックスです。いきなり好感度MAXという点では異常ではあるでしょうが。

導入の主人公の等身が多少小さめですが、別におねショタものという訳ではありませんでした。
教師や神様相手にセックスしているので、ある意味では年の差ものと言えなくもないですけど。

・イラストについて

どのキャラも好感度MAXからスタートのためか、表情も柔らかく可愛く、またエロくて良かったですね。
全裸でセックスするシーンは殆ど無く、大体が制服や衣装を着た着エロでした。

・CG枚数やエロ要素など作品のボリュームについて

「基本CG17枚(非エロで+12枚)、差分CG合計90枚+おまけ」とボリュームとしては並み以上と言う感じですね。
ちなみにおまけは本編では使われていない差分も含まれています。例えばヒロインが見知らぬ場所でおっさんに犯されているような画像や、ラブホのような場所で犯されているような画像などですね。
また立ち絵も未使用のものがありました。神様の本来の姿とかもありましたね。

実用性に関しては「なかなかエロい」という感じでしょうか。
アヘ顔や大量射精、また連続絶頂等の激しいエロ描写は無いものの、結合部の描写涙目の表情などエロさを引き立たせるものは数多くある感じでした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・作品全体を見て

「まさに理想の世界!」という感じが良く出ている作品でした。
うっかり神様を起こしてしまったのに、まずはその神様にセックスさせて貰い、さらにお願いまで聞いてくれるという好感度の高さ。
さらに理想の世界を一日限りとはいえ提供してくれるという優しさ。ついでに選ばれたヒロインたちのエロさも素敵でした。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

セックスシーンの挿入後の差分の少なさがちょっと勿体ない感じがありましたね。
差分枚数自体は良いんですが、挿入してから射精するまでがかなり短いように感じられました。
ここがもうちょっと濃ければよりエロい作品になったかなぁと思いましたね。

<サンプルCG>

<リンク>

8月32日

8月32日