絶頂病棟/医凌機姦/同人AVG レビュー&攻略

<作品表紙>

絶頂病棟/医凌機姦

<商品概要>

■キャラ紹介

[蛍:ホタル] C.V.榛名れん
 多少奥手で引っ込み思案なところもあるが、それ以外はごくふつうの女子学生。ある日、学園の健康診断で「絶頂依存症」の陽性反応が出てしまい、隔離施設「絶頂病棟」へ連れ去られる。男と付き合ったことすらないのに、診断と治療のためと称する医療機械陵辱を受け、前と後ろの処女を失い、徹底的に性感の調教開発されることとなる。鮎という名前の、やや活発で勝ち気な性格の一卵性双生児の妹がいる。

[鮎:アユ ] C.V.桃乃木結子
 蛍の双子の妹、入院したまま帰って来ない姉を心配し、何とか会う方法を探している。

■あらすじ

「絶頂依存症」……5年ほど前に初の症例が確認されて以来、じわじわと拡大しつつある奇病である。感染経路不明だが伝染性があり、発症すると常時発情状態になり、どこまでも欲情を続ける。治療はきわめて困難とされている。
定期健康診断で絶頂依存症の陽性反応が出てしまった主人公・蛍は、隔離施設「絶頂病棟」に連れて行かれ、そこで症状を抑えるため、医療機械による過酷な性的実験を加えられることとなる。
いつか元の生活に戻ることを夢見て必死に日々与えられる快楽拷問に耐え続ける蛍。しかしその気持ちとは裏腹に病状は進行していく。やがて偶然に蛍が知るこの施設の真実とは……?

■ポイント

・全編機械よる連続絶頂!絶頂!絶頂!!
・医療実験をテーマにした機械姦陵辱!
・快楽落ち!常時発情、治療と言う名の絶頂実験に、少女は「絶頂献体」へと堕ちる!

■追加シナリオ

追加シーンを予定しておりますので、販売サイトに登録してのお買い上げを強く推奨致します。
また、追加シーンが登録されるまで、販売価格1500円の所を1000円にて販売致します。お得な内に是非!

■STAFF

原画:スミスミ シナリオ:デトロイト演歌シティ

<実際にプレイしてみての感想>

・作品について

・作品全体について

今回の作品は「『絶頂依存症』と診断されてしまった彼女、死に至る病を治療するべく隔離病棟に行くことになった・・・」というお話です。
この作品のメインエロ要素はなんと言っても「機械姦」です。
また今回の舞台は医療施設ですが、それらしさを出した機械は無く、割と一般的な機械姦の範疇にあるものばかりでした。

例としては
・高速回転するローラーの上を跨がされての移動
・乳首・クリトリスの「突起部分」に特化した責め機械
・四肢拘束しての電撃責め
・四肢拘束しての二穴+全身電気責めの密封装置(アイアンメイデン)
・「絶頂依存症の献体」として見世物のように扱われる
・快楽に堕ちた少女に機械姦

などがありました。

・イラストについて

この作品のヒロインは「病衣」を着た状態で様々な責めを受けることになる訳ですが、この病衣がまた何も隠せていないようなエロさなのがいいですね。
身体のラインははっきり出ていますし、乳首も浮いています。
さらに股間部分はいざと言う時に剥がれるようになっており、ぶっちゃけほぼ裸と変わり無いようなものになっています。

また今回のヒロインの見た目は何とも「犬っぽい」ですね。主に髪の色なんですけど。
責めや絶頂によって潤んだ瞳とか特に子犬っぽくて可愛かったですね。

機械姦に使われる機械たちのデザインは、ある意味オーソドックスとも言えるものばかりで真新しさはありません。
「アイアンメイデン」に使われる密封式装置は割と奇抜でしたが、稼働中に中身が見えないのが惜しいです。

・プレイ時間やエロなど作品のボリュームについて

「シーン数は10以上」ということで、ボリュームとしては平均的なものです。
今後のバージョンアップでシーンが追加されるということなので、追加シーンにも期待したいですね。
実用性としては、個人的には「ヒロインの喘ぎ声やイキ声は可愛いしエロかったものの、機械姦そのものにあまり真新しさを感じられなかった」と言う感じですね。
「機械姦そのもの」を目的にするのではなく、今回は「機械によって激しく責められてイキ狂うヒロインの痴態」をメインに考えると実用性はあると言えます。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

「一通りのオーソドックスな機械姦が揃っていた」というのが良い部分でしょう。
ローラー責め、浣腸責め、突起責め、椅子拘束からのバイブ責め、電気責め、四肢拘束しての機械姦+時間経過、とどめの晒しもの・・・
これだけ揃っているので機械姦の入門的な感じでも良いですし、シンプルイズベストと言う感じでも良かったです。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・エロ要素を見て

個人的には「もうちょっと派手な責めがあってもいいかな」と言う感じでした。
例えば「薬物投与して乳首やクリトリスを肥大化させてからの責め」や、
「クスコなどで子宮まで丸見えにしてからのポルチオ電気責め」みたいな感じで
「題材が医療系なのでそっちの方向で責めを強化して欲しかった」という事ですね。

医療器具や健康器具などの身近なものを「機械姦」というスケールに当てはめて巨大化させ、責め具に使うという発想があるとエロくて良かったかなぁと思いました。
例えば低周波治療器や、上記に挙げたクスコとか、分娩台のような「拘束椅子」を使った責めみたいなものですかね。
器具じゃなくても、薬物や改造系の責めもあると良いですかね、口を性器化したり、快感を数倍にするみたいなもの。

良くも悪くも「良くある機械姦」で収まってしまっているのが勿体ないと思ってしまいます。

<サンプルCG>

<リンク>

絶頂病棟/医凌機姦

絶頂病棟/医凌機姦

<攻略>

この作品は選択肢無しの一本道なので攻略はありません。