妻が綺麗になったワケ/同人AVG レビュー&攻略

<作品表紙>

妻が綺麗になったワケ

<商品概要>

妻が、何となく綺麗になった気がする。
そんな些細な、けれども心に刺さったまま抜ける気配のないトゲ。
それをどうにかしようと、話のタネにでもと軽い気持ちも合わさって、興信所に妻の調査を依頼した主人公──塚本倫太郎(ツカモト・リンタロウ)──あなたは、驚きの調査結果を手に入れるハメになってしまう。

「どうしましょうか。わたしのほうで、懇意にしている弁護士にこのまま話を繋げるということも出来ますが」

同窓会で出会った元彼に酔い潰されて、ヤリチン不良中年の手練手管であれよあれよとハメ倒されてしまった、最愛の妻。浮気。不倫。まさかあの妻がそんなこと……そんな想いとは別に、あなたは、かつてない興奮に全身を焼かれる。

──嗚呼、あの堅物の妻が、こんないやらしい顔をするんだ。

初めての男と貪った、ケダモノじみたセックスの味を思い出した貞淑な妻。
あなたの知らない顔を見せ、あなたの知らない声をあげる、最愛の女。
間男に接触し、裁判沙汰にしないことを条件に、あなたはより過激な妻の姿を撮影するように、間男と取引をかわす。

浮気セックスに悶え鳴く最愛の妻の姿を観察することにとりつかれたあなたは、終わりの見えないどす黒い興奮の奈落へと、どこまでも転がり落ちていき、そして──

<実際にプレイしてみての感想>

・作品について

・作品全体について

この作品は「『――妻と浮気を続け、その様子を撮影しこっちに渡して欲しい。』一つの疑問から始まる奇妙な契約。夫には見せない妻の本当の顔。その果ては何処へ行く?」という感じの、疑似寝取らせ型AVGです。
物語の始まりは喫茶店から。「最近、妻が綺麗になった気がする」と訝しみ、興信所に調査を依頼したところ・・・ビンゴ。間男「黒田」と浮気をする妻の姿がそこにはありました。
そして実際に当人と会った夫「倫太郎」が持ち出したのが、最初の「契約」になる訳ですね。

この作品は「寝取り・寝取らせ・浮気」の三つの要素が混ざり合ったようなジャンルになっています。
夫は、妻が寝取られているという事実を知りながら、その寝取っている本人に「浮気を依頼」しますし、
妻は、夫にその痴態を見られているとも知らず、嘘を吐いて間男と獣のようなセックスに耽っていますし、
間男は、元彼女である女を抱きながらも、その様子を夫に撮影して渡すということをやっています。
割と複雑な人間模様が絡み合っていましたね。面白かったです。
実は「全員が悪人ではない」というのがまた人間臭さがあって良いですね。純粋な欲望しかない感じ。

またこの作品のセックスシーンは「全シーンが夫視点」となっています。撮影を頼んだり、ライブ映像で犯されてる様子を見たり、挙句は窓越し、そして直接妻が抱かれている様子を見ることになります。
何より夫は「見せられている」のではなく「自分の意思で見ている」というどうしようもない破滅的寝取られ属性を持っています。
どんどん過激になるセックスに怒りと殺意がない交ぜになってなお、股間はどうしようもなく怒張し射精もしてしまう・・・という感じでした。

・ストーリーやテキストについて

ストーリーは上にあるように、ふと疑問に思い興信所に調査を投げた結果見事正解、元カレを呼び出し一発殴って「契約」を交わす。
そしてその後は「私の知らない妻の一面」をどんどん見せられていく、という感じですね。

この作品はかなり「夫の心情表現」に力を注いでましたね。
「妻が他人に汚され、しかもイヤらしく、激しく喘いでいるというのに興奮してしまう・・・」という悲しい寝取られ属性をよく表現していました。

作中で夫は、間男である黒田を殺してやりたいほどに憎んでいる一方で、妻の知らない「綺麗な一面」を見られることを羨ましく思ってしまう、と言っていました。
そしてまた黒田も、いい女であった美沙子のハートを射止め、結婚というゴールにまで至った夫を羨ましく思う、と発言していました。
それ故に、二人の間には何か「奇妙な友情」が芽生えているような、そんな感じがありました。
作中では上記のような発言の他にいくつかポツポツと話すだけで、黒田の本当の心の内が表現されることはありませんでしたが、黒田も黒田で「俺の女だったのに・・・!」と寝取られ感を感じていたのかもしれませんね。

ある意味妻そっちのけで男二人のストーリーが気になってしまう面白さでしたwちなみに妻は黒田に呼び出されてはしたなく喘がされる役です。

・エロの内容について

そんな男二人の奇妙な関係は露と知らず、妻はただ黒田がもたらす快楽を貪っているだけでした。ある意味平和。
基本的には寝取られセックスということで、色々なシチュが段階的にある感じでしたね。

シチュエーションとしては、
・カメラで撮影されながらのフェラチオ&ゴム有りセックス。
・カメラ目線でのシックスナインから騎乗位で激しく絶頂。
・昔を思い出して「学生服」でセックス。
・我が家のリビングのソファで中出しセックス。
・ローション風呂でパイズリ。風呂場ではアナルセックス。
・妻は外泊。そのまま黒田の家でハメ倒し。その様子は定点カメラで撮影。
・窓に張り付けたディルドでオナニーしたり、窓に押し付けてのセックス。
・深夜の公園で露出プレイ。
・夫は遂に二人のセックスを「見学」することに。
・妻は黒田と三泊四日の旅。地元の子供二人をナンパしセックスする妻。
・遂にAV出演、目はモザイクで隠され、まんぐり状態で犯される。
・部下二人を呼び、妻とセックスさせその様子を撮影する夫。

と言う感じです。これらのセックスが全て夫視点で描かれることになります。
どの寝取られ作品よりもヘビー・・・かと思いきや、単純に滅茶苦茶エロいというシーンもちょいちょいありましたね。
何より「声優さんの演技が凄い」です。イキ狂う感じの「おほおおおお!」とかもそうですし、黒田いわく「えげつないエロさ」のフェラチオ音声も凄いです。水音が。

寝取られとしてはハードな「寝取らせ黙認」なのですが、声優さんの演技のエロさ、そして単純なCGのエロさや構図の素晴らしさも相まって、寝取られという要素を抜きにしても実用性抜群なエロシーンとなっていました。寝取られ嫌いでもこれは楽しめると思いますね。

・イラストについて

上でも書いたように、妻の身体つきが滅茶苦茶エロいのと、セックスの構図がこれまた素晴らしいものが多くて素敵でした。
個人的には「M字開脚騎乗位で絶頂する」「定点カメラでセックスの様子を撮影」「部下に強烈な種付けプレスを食らう」などのシーンイラストが素晴らしいと思いました。


▲妻のドスケベさを端的に表すシーン。自ら腰を振り激しくイきまくります。


▲ベッドの染みがセックスの生々しさを表現していました。


▲激しい種付けプレス、精液塗れになり舌もベロンと出てしまっています。

何より「録画」「撮影」「窓越し」という、手が届きそうで届かない位置で妻が滅茶苦茶にされる倒錯感がエロくて素敵でした。
上のシーンも含め全編に言えますが、ラブホ覗きのシーンが特に該当するでしょうか。


▲手元には妻のひょっとこフェラ顔、窓越しには妻の痴態。
セックスする姿もバッチリ。日が昇るまで犯され脱力している。

・プレイ時間やエロなど作品のボリュームについて

「回想全25シーン」と言う感じで、シーンの尺もそこそこ長くボリュームとしては十分にありました。
なにより実用性特化という感じで素敵でしたね。BGV含め喘ぎ声はえげつないエロさ、淫語もばっちり無修正で収録。イラストはいわずもがなエロいと、聴覚と視覚の両方でエロさを訴えてきました。
また上でも書きましたが、セックス中に寝取られ感がそこまで出る感じでは無かったので、苦手な方でも楽しめるんじゃないかと思います。

その理由として思ったのは「妻が本来の自分をさらけ出している、後ろめたさが無い」からでしょうね。
ある意味では最初から身体は寝取られており、妻も欲望に素直に快楽を享受しています。
脅されてとか嫌々とか、いわゆる「ごめんなさい、アナタ・・・」という感情が一切無いので、ある意味ポジティブにセックスする様子を楽しむことができるのが理由なんじゃないかなぁと。
また「物語の視点」も、主観でありながらどこか第三者的なものがあったために、プレイヤー自身もそこまで寝取られ感を感じない、というのが大きいと思いますね。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

「快楽を貪る妻の姿がエロい!」という所でしょうね。
撮影されていることは知っていても、それがまさか夫の手に渡るとは思っていないためか、最初のセックスからかなりエロさ全開でしたね。
それも黒田にしてみれば「本当のアイツはこんなもんじゃない、まだまだ『えげつない』」とか言ってます。
そしてその言葉通り、二回目からのセックスシーンもかなり激しかったです。
何より「声優さんの演技」が素晴らしかったですね、えげつなさを表現するようなフェラチオ音声に獣のような喘ぎ声。
BGVも含めて喘ぎ声が凄かったです。確かにこれはえげつない。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

作品で悪い点は無いですね。
寝取られというよりは、寝取らせと寝取られの混合のような内容でしたが、それでもエロくて素敵でした。
ただ熟練者の方からすると「これは寝取られじゃない!」と思うかもしれない内容とも思いましたね。
夫が当事者でありながら、どこか一歩引いた感じのスタンスだったということもありますが、何よりも「最初から本題が直球」なため、感情移入する前に寝取らせエロシーンに入ってしまう、というのがあるかなと感じました。
ガチな内容の寝取られ作品だとこちらも軽く鬱勃起するのですが、この作品は先手でガチエロを放り込んで来たので、ある意味普通のエロゲーとして楽しんでしまいました。

そういう意味では別に悪い訳では無く、寧ろ「とっつき安い」のかなと思います。
対魔忍ユキカゼが楽しめるくらいの方は丁度いいのかもしれません。

<サンプルCG>

<リンク>

妻が綺麗になったワケ

妻が綺麗になったワケ

<※ネタバレ注意 攻略>

選択肢は二か所、それぞれでシーンが用意されている。
「これからも宜しく」→ローション風呂&アナルセックス→ヤリ部屋録画
(これから~)→「目隠しを外さない」→3泊4日の旅
(これから~)→「目隠しを外す」→部下と妻をヤらせる

「もっと過激に」→ラブホ覗き→公園露出
(もっと~)→「目隠しを外さない」→AV出演
(もっと~)→「目隠しを外す」→部下と妻をヤらせる