スクライダー飛鳥/同人ACT レビュー&攻略

<パッケージ>

スクライダー飛鳥

<商品概要>

■時は2048年― 突如現れた謎の男とその組織により、世界が支配されようとしていた。
謎の男を抹殺すべく、戦闘と諜報のプロフェッショナル集団「スクライダーズ」は”飛鳥(アスカ)”を送り込んだ…。

知っている人には分かる、パロディアクションゲームです。
飛鳥を操作し、ステージ出口を見つけてください。各ステージの最後にはボスが待ち構えています。
敵に接触すると凌辱されるエロアニメーションに!

■ボイス有り、効果音有り、BGM有り、コンティニュー有り、全5ステージ(ステージセレクト有り)
キャラクターHアニメx14種類(射精差分有り)
ゲームオーバーH画面x5(射精差分有り)
全ステージクリア後にはエッチシーンを自由に閲覧できるギャラリーモード有り(隠しコマンドによる開放有り)
キーコンフィグ、フル画面モード有り。

■アクションゲームに遊び慣れた方だと難易度はそれほど高くありませんが、
多少複雑な操作を要求しますのでキーボードではなく、ゲームパッドでのプレイを強くお勧めします。

■ボイス:秋野かえで様

■音楽:「oo39ドットコム」様
http://www.oo39.com/

■windowsXP、windows7、windows10 での動作確認済み
なお、Windows8、WindowsVista での動作検証が行えてないので
自己にて動作確認をお願いいたします。

※本ソフトはアクションゲームツクール製です。
ハードウェアがDirectX9.0cに対応している必要があります。
購入をご検討の際は、必ず体験版にて動作チェックを行なってください。
一部、キーボードが効かない等の問題を頂きましたが、
本ソフトはアクションゲームツクールでの制作上、
ツールの範疇をこえた問題には対処出来ません。
体験版が完全動作しない場合には、誠に申し訳ありませんが、
ご購入をお控え頂きますよう、ご了承ください。

※USB変換接続でのプレイステーションコントローラーなど一部の
コントローラーでは反応が悪い場合があるようです。
ゲーム内容の仕様ではなくこちらでは対処出来ませんので予めご了承ください。

※バージョンアップはソフト本体の差し替えで
行いますので、必ずサイト登録してご購入ください。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
ス○ライダー飛○っていうとマブカプのアイツしか出てこない
という人でも安心して遊べるのがこのゲーム!(無理やり)
オマージュ元であるアクションゲームをプレイしたことが無くても、元ネタのキャラを知らなくても十分楽しめる作品だと思います。

・ゲームについて
という訳でこの作品は「敵を剣でザクザクしながら進めるアクションゲーム」となっております。
難易度的には「敵は弱いがギミックに殺されるゲーム」といった感じでしょうか。
現に死因第一位は「落下死」でした。でも君エンディングで凄いところから飛び降りてますがな・・・w

プレイヤーはNINJAである「飛鳥」を操作して敵地に潜り込み、ボスを倒していくのが目標となります。
ここで重要なのが「敵は殲滅しなくてもいい」ということ、というか実質殲滅不可能みたいな部分もありますので
安心してスルーしながら最奥を目指すことになります。

正直言うとこのゲームの操作性は「良し悪し」があったかなと思います。
まず「良し」の部分は
・通常攻撃がオートで出せる
・通常攻撃で敵の攻撃を相殺できる場合がある
・エロ攻撃を受けても即座に復帰可能
・死亡してもそのステージの最初からリスタート可能

という部分でしょうか。
通常攻撃は出の速い斬撃ですが、これはボタンを押し続けている限りどんな体勢からでも連続して出すことが可能です。
つまり

立ち


ジャンプ中(画面は直上のみだが横移動ジャンプ中も可能)


しゃがみ


スライディング中
の4種類の行動中に通常攻撃を連続で振れるということになります。
これのおかげでスタイリッシュに敵を処理しつつ進むことが可能になります。
ただしジャンプ中の斬撃は方向転換が一回しか出来ないので注意。
逆にそれを利用して「前方向にジャンプ斬撃を入力して撃ち落とされないようにしつつ、敵の頭上の直前で後ろ方向にキーを入れることでダメージ無敵で敵を無理やり突破する」みたいな芸当も可能です。

そしてこの通常は敵の一部の射撃を無効化出来ます。

こういう射撃は・・・

こうすることで相殺可能です。一部の攻撃は無効化出来ないので見極めが重要ですね。

またエロ攻撃は敵に接触することで起こります。

こうなった状態でも、脱出ボタンを押せば

専用カットインと共に即座に脱出できます。連打とかが要らないので楽ですね。

そして操作性の「悪し」の部分としては
「ジャンプ中の移動が一切出来ない」
「敵のダメージを食らって地面に落ちるまで、受け身を含めて移動ができない」
という感じで「ジャンプ関連」の操作性がちょっと悪かったですね。
まず一つ目は「直上にジャンプしたら地面に着地するまで横移動は一切出来ない」というのが端的な例でしょう。
一方「移動しながらジャンプ」をしても、その方向へ行っている間はいくらキーを反対に入れても距離は減衰しません。
つまりは「ジャンプ中は通常攻撃以外の操作が出来ない」ということにつながる訳です。
移動しながらジャンプして「やべっ行き過ぎた!」となって慌ててキーを後ろに戻してももう遅いんです。例えるならジャンプ中はキー入力を受け付けない「アトランチスの謎」と同じ訳ですね。
ジャンプ量が一定なのである意味アトランチスよりもジャンプ関連の操作はピーキーかもしれませんけど。

そしてもう一つの「ダメージ食らい中の挙動」ですが、これのおかげで場所によっては「崖際で敵に攻撃されてふっ飛ばされたら即死確定」という重い未来が待っている訳です。
これをまざまざと実感するのはステージ4のアマゾンですね。崖際でブーメランや銃弾を食らう→吹っ飛ぶ→慌てて受け身を取る→しかし崖際で受け身分距離が延びるのでそのまま崖に真っ逆さま
みたいなことが良く起こります。場合によっては飛距離が短くなるので受け身を取らない、という選択肢もありです。
このゲームの死因の第一位はきっと「落下死」になるでしょう、それくらいこのゲームの「空中の挙動」はピーキーです。

ちなみに厄介なジャンプ要素ですが、一部良い部分もあって「敵を上から踏みつけるとダメージを与えられる」というものがあります。クリボーかな?
いざという時にジャンプしまくってごり押し、なんてことも出来なくはないです。

まぁ以上の点を含めても、このゲームのアクション難易度はかなり低いと思いますし、クリアも楽に出来ると思います。
これでコンテ不可とかだったら正直大変なことになると思いますが、しっかりと最終的にはエロを見せてくれます。

この手のゲームには有って欲しい「救済措置」もしっかりと用意されています。
隠しコマンドによって「体力増加、ステージセレクトとギャラリーの全解放」がありますので、最悪詰んだ場合でもしっかりとエロは拝めます。
こういうのは素直にうれしいですね。

・このゲームの良かった点
良かった点としては「ザクザク感が楽しい」といった感じでしょうか。
通常がオートで連打出来るというのは説明にある通りですが、通常の雑魚敵なら一撃で対処可能ですし、大物だと上に乗っかってザクザク切りまくれるので爽快感は抜群です。
一部の敵は上から攻撃すると当たり判定があって迎撃されてしまうのですが、それが無い敵は一方的に切りまくれます。
またどんな状態からでも通常は振れるので、ボス相手でも同じようにザクザク出来ます。ボスですら簡単に倒せる程度には通常が強いので
HPがマックス付近であれば「HP切れで死ぬ」ということはあまりないでしょう。ステージのギミックに削られている状態の場合は別です。

このアクション部分の爽快さと敵のHやられこそ良かった点と言えるでしょうね。

・このゲームの改善されるべき点
上に書いてある通り、ジャンプ中の挙動が固まってしまっているので「空中で移動出来ればなお良し」だったかなぁという感じです。
キー入力一回分でも空中制動が可能であればもっと自由度は増えると思いました。
この部分が改善すれば、もうちょっとスタイリッシュ感も増すでしょう。逆に現状この部分が辛いせいで一部ステージの難易度はかなり上がっています。

<オススメ度>
・エロ
シーン数はステージ中のエロが14、ゲームオーバーやられが5となっております。
ボイスが付いているので臨場感があっていいですね。
シチュエーションとしては「敵に捕まって犯されイカされる」というのが大半です。相手はロボットなど多めですが対人でのセックスシーンが多めですね。
またアクションゲームのエロらしく全てアニメーションでのエロとなっております。

・ゲーム性
アクションとしては5ステージ構成のボスを倒して進んでいくものとなっております。
難易度自体は低いと思うのですが、一部ステージでジャンプの挙動に悩まされることと、ラストあたりのステージで「これどうやって進めばいいんだ?」と思う部分が有ったりなかったり。
敵のHPこそ低いですが死なないということは無く、またダッシュや遠距離攻撃なども無いのでスタイリッシュさで物足りないという人もいるかも知れませんね。

<サンプルCG>

<総評>
総評としては「爽快感のあるエロアクションゲーム、元ネタ通りにザクザク切り進めるがそれで通用しない場合もあるので注意!」と言った感じでしょうか。
実際、敵のHPゲージなどは無いので「これ相手食らっているのかどうか分かんない」みたいな場合もあります。
その場合はとりあえず敵の弱点っぽいところをひたすら切っていればいつかは爆発四散しますので大丈夫です!(脳筋)

<リンク>
スクライダー飛鳥

スクライダー飛鳥

※各ステージ攻略

1ステージ目 ルシエル連邦国
注意すべきは途中の「壁ジャンプ」と筋肉ダルマと四足の機械とボスの機械龍
壁ジャンプは、ジャンプキーを押さない限りは壁にそのまま張り付いていられるので、タイミングをしっかりと計る
筋肉ダルマは通常を振るだけでいい、勝手に近づいてくる
四足の機械は近づきながら通常を振って弾を消し、そのまま目の前で連続切り
上に乗って切ることも可能
ボスの機械龍の弱点は頭部
ただし常時ダメージ判定が出ているので乗ることはできない、その代わり一個手前の玉に乗って後ろからザクザク切ればいい
乗れない場合でもステージの左右に足場があるのでそこから切ってもいい

2ステージ目 シベリア
アンドロイドが出てくるが通常を振るだけで勝てる
ボスステージは常に一定間隔で雷のギミックが流れているので、当たらないように気を付ける
出てくる場所はパターン
ボスは三姉妹、実はジャンプ蹴りの手前で通常を振るだけで勝てる
下手にジャンプすると相手の当たり判定に負けるので歩いて移動した方がいい
なおステージギミックの部分に行くと高確率でハメられる可能性があるので行かない方がいい

3ステージ目 機動戦艦ゴスモグ
道中にある砲台のダメージが高いが、ごり押ししてもいい
ジャンプしているとなんだかんだ避けられる
また1面に出て来た筋肉ダルマが出るが、無視できる
中ボスの球体群はちょっと面倒だが

この位置で通常

この位置でしゃがみ通常

この位置で通常を振るだけで倒せる、最初の位置から次のしゃがみ位置に向かうまでがちょっと大変(敵は全体に当たり判定があるので)

ボスの女海賊は目の前で鞭を避けて通常を振るか、わざとエロ攻撃を食らい、その後しゃがみ通常でダメージを与えつつまたエロ攻撃を誘発できるので、HPがあればそれでハメが出来る

4ステージ目 アマゾン
落下死が最大の敵
ブーメランは弾くことが不可能なので避けるのに専念する。しゃがんだ場合は返ってくるブーメランの軌道がしゃがみ位置でも当たるようになるので注意。
壁ジャンプ後の兵士による射撃は初見殺し、食らうとそのまま落下で即死する。射撃をいなしてもその後ろにいる打ち消し不可ブーメランが当たると死ぬ。イラっとするので注意。初見じゃなくても死ぬ。
ジャンプする場所はしっかり距離を測らないと足を滑らせて落ちる。
敵がスクリプト沸きの部分もあるので難易度増加に拍車をかける。落下死で合計30回以上は確実に死にました。
恐らくこのステージを攻略している時にプレイヤー皆が、上で書いた「ジャンプ中の挙動」のアレさを思い知るのではないでしょうか。

そこを辛くも超えると癒しコース。出てくる恐竜は上に乗ればハメ可能。
ボスのロボットは出してくるロケット弾を足場にして乗り移れる。後は通常を振るだけ。

5ステージ目 第2の月の都
今まで出て来た中ボスやらボスやらが出てくるが無視可能
機械龍は倒せないので足場として利用する

この位置から右キー入力ジャンプで登ることが可能。また初期配置の機械の上から登ればもうちょっと楽になる。最上段からジャンプすればラスボス
ラスボスは手から出す雷の発生がノーフレーム並みに早く、見てから避けるのは不可能。
でも近づいて切っていれば終わる。

以上です。ステージ4にかなりの私怨が入っていますがお許しください(半ギレ)
正直この操作性でステージ4はかなり厳しいです。難しいというよりも理不尽さが先に来てしまうレベルで。
壁ジャンプする前に画面外からブーメランが飛んできて叩き落された時はさすがにヤバかったです。あれは予見不可能なので理不尽でしたね・・・w
それ以外はまぁアクションゲームの範疇の難易度だったので良かったと思います。