魔術師フウラの一人で防衛できるもん/同人ACT レビュー&攻略

<パッケージ>
魔術師フウラの一人で防衛できるもん

<商品概要>
【 物語 】

ある時、城に向かって大量に蟲が攻めてきた…

エリナ「わあああ!どうしようどうしよう!?
 お城を守る兵隊さんがみんな逃げちゃったよぉぉお!」

お前は逃げないのか?

エリナ「逃げるって言っても…私はお城を守る役目があるもん!」

3日持ちこたえれば、隣国からの援軍が来る。

エリナ「3日!ふええ…寝る暇もないよ」

こうして魔術師フウラの城を守る背水の陣がはじまった!

【 ゲーム 】

女の子がたった一人で蟲の大群に立ち向かう
横スクロールのタワーディフェンスゲームです。

魔術師フウラを操り、精霊達を召喚して、
お城を蟲の侵略から守りましょう。

魔晶石を集めれば精霊や自分を強化が可能です。
ステージが進むに従い、蟲の修理も数も増えていきます。
また、蟲は左右の両方から攻めてきます。
配置やレベルの上げ方によって、城の防衛力が変化します。

【 エロアニメーション 】

エッチシーンはアニメーションで再生されます。

お城を守れないと、フウラはモンスターの餌食になってしまいます。
ガンガン犯され、しかも蟲の液には媚薬効果があり、
中だしされたあげく、アクメ顔をさらすことになります。

陵辱回想シーンではたっぷり淫液を注入され、散々嫌がっていたフウラもご満悦?

【 操作説明 】

● 戦争準備

W・A・S・D : 移動

マウスカーソル : キャラの向き

F1 F2 F3 で召喚準備(魔力が足りている場合)
 →マウスカーソルで配置場所(明るい色の場合は配置が可能)
 →左クリックで召喚(配置)
 →ESC キャンセル

SPACE : 戦闘開始

● 戦争中

W・A・S・D : 移動

マウスカーソル : キャラの向き・魔法の照準

左クリック : 魔法を撃つ

【 体験版 】

体験版で動作確認をお願いします。
体験版ではチュートリアルと1ステージのみプレイ可能です。

※ 製品版では裏技の使用が可能です。

>>レビューの

<実際にプレイしてみての感想>
 一人で防衛(単騎とは言っていない)
そして裏技の存在を全クリ後に知るという

 正直言って全クリ自体結構楽に出来るので、裏技なんて必要無いです(負け惜しみ)
ということでゾーン・ラインディフェンスゲームです。思い思いのユニットを配置して防衛しましょう、というゲームです。
主人公が普通に可愛いです。キャラデザが好み。エロシーンも割と動きます(ドット絵ではないです。)
 主人公は「火、水、雷の精霊」を使役できるので、そいつらの力を借りることが出来ます。もちろん主人公も戦えない訳じゃないのでやろうと思えば単騎クリアも可能でしょう。やる気はないですけど。

 難易度は序盤高め、フレイヤ(火)のレベルを上げることでクッソ楽になります。優先的に育てよう。
hurau5
使える精霊がこちらの三体。左からフレイヤ、アイシル、ジールです。特徴を説明しましょう。
・フレイヤ:直線射撃が可能。次弾装填のクールタイムあり、レベルアップで攻撃力、再装填、範囲(横方向)の強化が可能。
・アイシル:円形範囲内の敵の進行速度を遅くする。レベルアップで範囲、低加速度の強化が可能。こいつを前に配置、後ろにフレイヤを縦に並べて配置することで「疑似銃盾戦法」が可能(移動速度が遅くなった敵をメッタ撃ちにすること)
・ジール:四角範囲内に継続ダメージ攻撃。広範囲の敵を一度に攻撃可能だが、ダメージは低め。正直空気(レベルが上がるほど顕著)。レベルアップでダメージ、範囲、攻撃頻度の強化が可能

こいつらの組み合わせで敵をバンバン倒していこうということですね。オススメはアイシルの説明にあるように、前にアイシル、後ろに「ありったけのフレイヤ」を置く戦法です。ラストまでこれで行けます。ジール君範囲がね・・・。

ちなみに上にアイコンで配置したキャラが光って表示されます、数の把握は難しいですが。
そして上の戦法がこういう感じです。↓
hurau1
これは「ゴール前」に置いていますが、レベルMAXのフレイヤなら「リスポーンキル」が可能です。左右の敵が出てくる場所に配置することで、最初から攻撃が可能です。
 自分なりの「美しい配置」とか「機能的な配置」を目指してプレイするのも面白いですね。

<オススメ度>
・エロ
 ゲーム部分ももちろん面白いのですが、クリアすると回想モードが追加され(裏技でも解放可能)、敵やられを見ることが出来るようになります。
 種類は6個、パターンは2~3個(ピストン運動と射精パターンですね)、全て蟲姦です。主人公が可愛い上に媚薬でメロメロにされてイキ狂う、という設定なのでとても捗りましたね。エロいっ!

・ゲーム性
 Unity製ということで、上のように配置し過ぎたり、敵がわんさといる時はちょっとスペックが必要です。それ以外は結構良質なラインディフェンスではないでしょうか。
 フレイヤによる出落ち戦法を使えば画面処理をすることが少なくなるので実質軽くなります。
 またクリアの成否にかかわらず、ステージ内で得た通貨は貰えるので、慣れるまでは死んでは新しくプレイの繰り返しでレベルを上げていきましょう。
 ステージは4つですが、あまりバリエーションの違いはありませんでした、大ボスとかそういうのはいません、大きい芋虫はいますけどね。
 またステージ内で敵に接触し過ぎると服がどんどん破けていきます、最終的には全裸。この状態になると詠唱時間が長くなるのでジリ貧になります。気を付けましょう。
 

<サンプルCG>
hurau2

hurau3

hurau4

<総評>
 総評としては「とっつきやすい感じのソーンディフェンスゲーム、かつ主人公が可愛いしエロいゲーム」です。
 ところでタイトルと製品名がちょっと違うんですよね。ゲーム内だと「魔術師フウラのイノセントインセクト」となっていますが、まぁ気にしなくていいでしょう。
 負けた主人公の呆けたようなトロ顔が特に良いですね、いやほんとエロい。ちなみにCGの類は回想には無いです。
 

<リンク>
魔術師フウラの一人で防衛できるもん