ふたなりサキュバス リースロッテの冒険3 – 囚われのリースロッテ -/同人ACT レビュー&攻略

<作品表紙>

ふたなりサキュバス リースロッテの冒険3  - 囚われのリースロッテ -

<商品概要>

■動作確認について
必ず体験版で動作をご確認ください。まれに相性で動かないものもございます。
体験版の回想モードも動作確認ください。

■OSに関して
Windows7以上であることをご確認ください。
XPでは動きませんのでご注意ください。

作品はマカフィーにてウイルススキャンをしております。

■画面の解像度について
起動時の設定
1280*~ windowにチェックがデフォルトになり、推奨設定となっております。
PCによっては、起動時にそれ以外の解像度が出ます。
フルスクリーンにしてしまうと会話シーンでウィンドウに戻ってしまったりすることがあります。

■ステージ開始時のロードについて
ステージ画面を出してから敵をロードするため、最初はカクつきます。(画面にロード中と出ます

■ゲームの説明
ふたなりサキュバス ティルナロッテを操り、横スクロールで進んでいくタイプのゲームです。
サキュバスの塔より現れた、純血サキュバス、リリスに敗れたリースロッテに変わり、娘のティルナロッテが冒険します。

EASY NORMAL HARDモードを搭載し、コインでパワーアップもできるようになってます。
ステージ構成は5ステージ構成
1-1 1-2 1-3 1-4(BOSS) といった構成になってます。
ボスは5体います。雑魚キャラと合わせて20以上
アラクネ、巨大ワーム、巨大ラミア、リースロッテ、リリス
貝娘、スライム娘、狼娘、ドリアード、アルラウネ、巨大竜娘・・・など

■Hシステム
・Hについて アーマーブレイク状態になった時に被ダメ、もしくは状態異常(巨チン・巨乳)の時に特定の敵と接触でHシーンに移行します。
・H中の自動ダメージおよび、HP0時のフィニッシュがある敵がいます
・回想モード・・・26体+一部の敵が状態異常対応のHシーンを保持
・CGモード・・・敗北時にGAMEENDを選択することにより流れるCG、ステージごと+ボスごとによるCG、その他ゲーム中に登場するCGを閲覧することができます。
・オナニー・・・オナニーで魔力を回復できますが、しすぎると・・・?

■ストーリー

前回のヴァンパイアのノスフェルとリースロッテの戦いから20年が経過し、リースロッテには娘が生まれていた。娘の名はティルナロッテ

突如北の地から姿を現した塔。現れたのはサキュバスの王リリスだった。
リリスはこの地を治めるサキュバスの王に会うために、リースロッテの元を目指していた。
同じ頃、塔を目指していたリースロッテは、道中、リリスに出会ってしまう。
リリスに戦いを挑むも、リースロッテは敗北し、囚われてしまった。

そんなことを知らないリースロッテの娘ティルナロッテは、
塔へ向かったきり戻らないリースロッテを探しに、冒険へと向かうのだった。

<実際にプレイしてみての感想>

・作品について

・作品全体について

この作品は「サキュバスの王リリスに攫われたリースロッテを助ける為、娘のティルナロッテが立ち上がる!」というお話の横スクロールアクションゲームです。
ちなみにUnity製です。ステージ最初に敵の読み込みがあったり、イベント読み込みをしたりということがあり、重い場面もそれなりにありました。
ただ攻略中は全然気にならないので特に心配は無いかな?と言う感じですね。

ふたなり有り、丸呑みあり、巨大女あり、膨乳化に陰茎巨大化ありと、とにかく色々なフェチ要素が詰め込まれているのが素敵な作品でした。
個人的に大好きな「ふたなり要素」ですが、この作品では特に「搾精」「ふたなりセックス」に特化していましたね。
ふたなりシーンの種類としては、
・スライム娘に手コキされる
・ドリアード娘に足コキからのフェラチオ搾精
・サキュバスに魔法で拘束された状態からの手コキ
・スライムに張り付かれて、そのまま射精させられる
・大きなヒルに吸い付かれ搾精される
・ローパーの触手で扱かれる
・足コキやパイズリされ、そのまま犯される

といった具合に、対人、対モンスターを問わず様々なシチュエーションがありました。
アクションゲームでふたなりというと中々珍しいのですが、この作品はただ要素があるだけでなく、しっかりとエロいので良かったですね。

また「エロ攻撃やられ、エロシーンだけを実用目的で見たい!」という方にも安心な「最初から回想・ステージ全開放」「マウス操作対応」があるので、単純に3D映像作品としても楽しめるような作りになっているのが素敵でした。アクションゲームとしてプレイしてもよし、映像作品として楽しむもよしという感じの作品でしたね。片手で操作できるって素敵。
さらにこの作品はボイスが付いており、イベント中はフルボイス、アクション中やエロ攻撃やられ中でもしっかりと声が入っていました。

(ただ「演技が上手い!」という訳では無いので、気になる方は音声を消してもいいかもしれません。私は消さずにプレイしました)

一方メイン要素のもう一つである「アクションゲーム部分」ですが、中々にもっさりした操作性と、そこそこの難易度と言う感じで慣れてくると楽しめる感じでしたね。
最初は「移動凄い遅い!」となるかもしれません、慣れるとさほど気にならなくなりました。

・システムとエロ要素の関係について

・ゲーム画面


アクションゲームとしてはオーソドックスな横スクロール制で、剣と射撃の通常攻撃、また二段ジャンプを使って進んでいく感じでした。
ちなみに剣のマークが通常攻撃力で、この数値がそのままダメージになります。射撃時は半分の威力になりますね。
一応「完全未強化でもクリアは可能」という事でしたが、ラスボスが存外辛くて最後の最後で強化してしまいました・・・w
アクションに自信がある方はチャレンジしてみるのも面白いかもしれませんね。

ステージギミックとしては即死穴は無く、丸呑みなどのエロ攻撃罠は多数設置されている感じでした。
プレイヤーには「アーマーブレイク限界」が設定されており、既定の回数敵から攻撃を食らうと全裸になり、その状態で敵に接触すると「エロ攻撃」になるという感じでした。
またこの数値はタイトル画面で0~6で変更可能でした。エロを楽しみたい方は0、逆にアクションを楽しみたい方は6にする、という感じで選べる訳ですね。

・操作感やユーザビリティについて

・キャラの移動や攻撃について

上にも書いた通り、この作品は兎に角「移動が遅い」です。かなりゆったりしています。
この遅さに合わせて敵の攻撃速度やステージ罠などが設定されているので、それ自体は別に悪いことでは無いんですけどね。
通常攻撃についても、剣通常は三コンボまで繋がる他、射撃は超速連射が可能なのでここもネックではありませんでした。

・敵の攻撃やステージ攻略について

敵の攻撃は大体が「事前動作」付きで行われます。身体を縮めて力を溜めるような動作をしたり、攻撃前に間があったりと言う感じですね。
そのため敵攻撃はかなり避けやすいです。ボスまで全スルーで攻略することも出来るでしょう。
またボス戦においては、ほぼ全てのボスで「攻略法」が確立できるようになっていました。まさかの正面安置が居るとは思いませんでしたけどw

・全体について

「各動作でそこまでの爽快感は無いものの、アクション部分はかなり簡単に出来ており初心者でも攻略しやすい」と言う感じでしたね。
ある意味ではとっつき安い作品なのかな?

また上でも書いたように最初から全回想、全ステージがプレイ出来る他、難易度変更も容易でかつ「レベルマックス機能」まで付いているという至れり尽くせりな仕様。
ここまで来るともう「アクション部分をプレイする必要性」が問われてくるレベルですね。
ただ「そのステージ特有のエロギミック」が存在する場合もあるので、まずはアクション部分をプレイするのが良いでしょう。

また回想モードではズームアップやカメラ移動など、エロ攻撃をやられをしっかりと観察できる仕様になっているので、単純に鑑賞ゲームとしても良い感じでした。

・エロの内容について

ある意味ではアクション以上にこの作品のキモである「敵キャラからのエロ攻撃」ですが、かなりのレパートリーがありました。
上でも書いたように「ふたなり」だけでこれだけの量があるのに、さらに丸呑み、巨大女エロとニッチな要素までしっかりと網羅しているというのが凄いです。
ちなみに丸呑み攻撃は基本的に「消化まで行く」ので、苦手な人は注意しましょう(グロテスクでは無いですが、、跡形も無く溶けるので)

また手コキのアニメーションなど、かなり滑らかに動くものもあったのでとてもエロく感じられました。


ヒルによる吸精、ローパーによる手コキ、母からのねっとりフェラチオにサキュバスによる逆レイプと種類は様々。

・プレイ時間やエロなど作品のボリュームについて

プレイ時間自体はそこまでかかりませんでしたね。基本的に3ステージ+ボスと言う感じなのですが、1ステージが短めに設定されていますし雑魚は無視することも出来るのでサクサク攻略できました。
ボス戦もパターンや攻撃の特徴さえ掴んでしまえば簡単に倒せるので、アクション部分で苦労するという事は恐らく無いでしょう。
もし苦労したとしても、HPや攻撃力はいつでも200コインで上げられるので問題は無いと思います。

エロのボリュームとしては「ACT部分回想27、CGモードでは各CGの他、幕間のCGアニメーションエロも見られる」ということで、かなりエロ方面に特化したアクションゲームと言う感じでしたね。
実用性としては、メインに「ふたなり要素」が据えられているので、この要素が好きな人にはかなりおすすめ出来ます。
個人的には「意思疎通出来ない相手に強制的に搾精される」というシチュが好きなので、触手コキやスライムオナホ搾精など、ストライクなシチュエーションが多くて素敵でした。

・この作品の「良いぞもっとやれ!」という点

・エロ要素を見て

個人的にはやはり「バリエーションに富んだふたなり責め」が素敵でしたね。
アクションゲームのエロでふたなりがメインの作品というのが中々無いので、こうやって1ジャンルに特化しているのが良かったです。
その上で、サキュバスに逆レイプされたり、触手にこねくり回されたりと色々な構図があるのも素敵でした。

・この作品で「こうするともっと良いなぁ」と思う点

・作品全体を見て

アクション部分において「横移動の遅さ」がやはり最初は気になりましたね。
動きがかなりもっさりしていたので、爽快感が余り無かったのが残念だと思っていました。
慣れてくるとそこまで気にならなくはなりましたが、HPや攻撃、SPなどの強化要素があったので、移動速度にも何らかの強化要素があると良かったかなと思いました。

<サンプルCG>

<リンク>

ふたなりサキュバス リースロッテの冒険3 – 囚われのリースロッテ –

<※ネタバレ注意 攻略>

・基本攻略
ステージの雑魚は無視しましょう。倒してもメリットは特にありません。
ただ「紫髪のサキュバス」主人公の移動速度と同じ速度でステージの最後まで追跡してくる厄介な敵の為、処理をした方がいいでしょう。
それ以外は食らい無敵などを利用してスルーした方が結果的にHPを高く保った状態で抜けられると思います。

通常斬撃と射撃を交互に連打して繰り出すと「最速でダメージを与えられる」ので、ボス攻略などに活用しましょう。
レベルを上げた状態でこれを使うとボスは溶けます。
(斬撃は連続で出すとコンボしてしまうが、射撃を一発でも挟めばキャンセルされるのを利用したもの)

・ボス攻略
1ボス:アラクネ
実は蜘蛛部分が安全地帯。後ろ部分に乗って後ろから切りかかろう。

2ボス:ワーム
実は胴体部分の多くはダメージ判定が無い。とりあえず飛び込んで後ろから切りかかろう。

3ボス:巨大ラミア
おっぱいを倒さないと弱点の顔にダメージが通らない。ただ胸と顔の間はジャンプすれば避けられる攻撃しかしてこないので実質安全地帯。

4ボス:洗脳リースロッテ
正 面 安 全 地 帯。チルノか己は。正面に立って切りかかろう。ただし鞭の攻撃だけは当たるのでジャンプで避けてまた正面に立とう。

ラスボス:リリス
かなり強い、無強化縛りの最難関。
攻撃パターンが三段階に分かれており、最初は地上を左右に移動しながらの自機狙い弾発射。ある程度HPを減らすとセリフと共に空中に移動し、パターン1と同じ行動をとる。かなり攻撃し辛い。
最後は空中から弾をばら撒いてくる。避けることは困難なので、射撃と斬撃を交互に連発しよう。最速で通常を叩きこめる。
倒した後はエロシーンだが、攻撃ボタンを連打しないと負けるQTEイベントとなっている。
ただオート連打機能も付いているのでそこまで心配は無い。